AviUtlの基本操作

AviUtlの使い方【基本操作】

無料で多機能な動画編集ソフト「AviUtl」

最低限知っておくべき「基本操作」を解説します。

\ 動画で見たい方はこちら /

編集開始・中断・再開

開始(プロジェクトの作成)

AviUtl 編集開始(プロジェクトの作成)

タイムライン上で右クリック「新規プロジェクトの作成」をクリック。

AviUtl 編集開始(プロジェクトの作成)
  1. 解像度(動画の幅と高さのサイズ)
    参考 YouTubeが推奨している解像度
  2. フレームレート(1秒間に使われているコマ数)
  3. 「OK」をクリックするとプロジェクトが作成されます
AviUtl 編集開始(プロジェクトの作成)

解像度やフレームレートを、読み込むファイルと同じにしたい場合は、

  1. 動画ファイルをタイムラインにドラッグ&ドロップ
  2. 「読み込むファイルに合わせる」にチェックを入れて「OK」をクリック

という手順でプロジェクトを作成できます。

関連 ファイルが読み込めないときの対処法

中断(プロジェクトの保存)

AviUtl 編集中断(プロジェクトの保存)

「ファイル」「編集プロジェクトの保存」からプロジェクトを保存できます。

AviUtl 上書き保存

すでに保存されているプロジェクトの場合、「ファイル」「編集プロジェクトの上書き」をクリックすると、プロジェクトファイルが上書き保存されます。

再開(プロジェクトを開く)

AviUtl 編集再開(プロジェクトを開く)

「ファイル」「編集プロジェクトを開く」から編集を再開できます。

\ さらに詳しく /

メインウィンドウ

AviUtl メインウィンドウ

こちらがメインウィンドウです。

タイムラインに追加した動画や画像を表示させるのが、メインウィンドウの主な役割です。

メインウィンドウの設定

メインウィンドウに関する設定は、以下の記事で解説しています。

基本操作

AviUtl メインウィンドウ
  1. 再生・一時停止
  2. 1フレームずつ移動
ショートカットキー

スペース = 再生・一時停止

= 1フレームずつ移動

\ さらに詳しく /

タイムライン

AviUtl タイムライン

こちらがタイムラインです。

素材を並べて動画を編集していくのが、タイムラインの主な役割です。

タイムラインの見かた

AviUtl タイムライン

タイムラインの左端が動画の始めで、右端が動画の終わりです。

AviUtl タイムライン

「Layer 1(レイヤー1)」が奥に表示されて、数値が大きいほど手前に表示されます。

AviUtl タイムライン

左上の青いメーターをドラッグして、プロジェクトの表示を長くしたり短くしたりできます。
Ctrl を押しながらマウスホイールを回して拡大・縮小することもできます。

ショートカットキー

^ = タイムラインの拡大(長くする)

\ = タイムラインの縮小(短くする)

オブジェクト

AviUtlで動画編集をするとき、動画・画像・音声などの素材をタイムラインに置いて編集していきます。

AviUtl タイムライン

これらを「オブジェクト」と言います。

オブジェクトを追加

AviUtl タイムライン

プロジェクトを作成した状態で、動画・画像・音声ファイルをタイムラインにドラッグ&ドロップすると、オブジェクトが追加されます。

関連 ファイルが読み込めないときの対処法

オブジェクトを複製

AviUtl オブジェクトを複製
  1. オブジェクトを右クリック
  2. 「コピー」をクリック
AviUtl オブジェクトを複製

タイムライン上で右クリック「貼り付け」をクリックすると、オブジェクトが複製されます。

ショートカットキー

Ctrl + C = コピー

Ctrl + V = 貼り付け

元に戻す

AviUtl タイムライン

タイムライン上で右クリック「元に戻す」をクリックすると、ひとつ前の状態に戻せます。

ショートカットキー

Ctrl + Z = 元に戻す

\ さらに詳しく /

設定ダイアログ

AviUtl 設定ダイアログ

こちらが設定ダイアログです。

タイムラインに読み込んだ素材を編集するのが、設定ダイアログの主な役割です。

素材の編集方法

設定ダイアログの数値を変更することで、素材を編集できます。

AviUtl 設定ダイアログ
  1. バーをドラッグ
  2. をクリック
  3. 数値を入力
  4. 数値の上で左右にドラッグ
    Shift + ドラッグで小数点以下の数値を微調整できます。

メインウィンドウで変更

「X・Y・拡大率」は、メインウィンドウで変更することもできます

AviUtl 設定ダイアログ
  1. 普通にドラッグ = X・Yを変更
    ※ Shift + ドラッグで水平・垂直に移動できます。
  2. Alt + 上下にドラッグ = 拡大率を変更
\ さらに詳しく /

設定ダイアログの各項目の意味

AviUtl 設定ダイアログの各項目の意味
  1. X = 横軸
  2. Y = 縦軸
  3. Z = 奥行き
  4. 拡大率 = 大きさ
  5. 透明度
  6. 回転

① X

AviUtl 設定ダイアログの各項目の意味

プラス = 右
マイナス = 左

② Y

AviUtl 設定ダイアログの各項目の意味

プラス = 下
マイナス = 上

③ Z

AviUtl 設定ダイアログの各項目の意味

プラス = 奥
マイナス = 手前

④ 拡大率

AviUtl 設定ダイアログの各項目の意味

プラス = 拡大
マイナス = 縮小

⑤ 透明度

AviUtl 設定ダイアログの各項目の意味

0 = 不透明
100 = 透明

⑥ 回転

AviUtl 設定ダイアログの各項目の意味

プラス = 右回転
マイナス = 左回転

\ さらに詳しく /

カット編集(分割・削除・結合)

この記事では、「中間点追加・分割を常に現在フレームで行う」の設定を有効にした状態で解説しています。

分割

AviUtl カット編集
  1. 「ここからカットしたい」という位置にフレームを合わせる
  2. オブジェクトを右クリック
  3. 「分割」をクリック
AviUtl カット編集
  1. 「ここまでカットしたい」という位置にフレームを合わせる
  2. オブジェクトを右クリック
  3. 「分割」をクリック
ショートカットキー

フレームを合わせて S = 分割

削除

AviUtl カット編集

不要なオブジェクトを右クリック「削除」をクリック。

ショートカットキー

オブジェクトを選択して Delete = 削除

結合

AviUtl カット編集

右側のオブジェクトをドラッグして、左側のオブジェクトと結合させます。

\ さらに詳しく /

音声の編集(BGM・効果音)

音声を追加する

AviUtl 音声の編集(BGM・効果音)

プロジェクトを作成した状態で、音声ファイルをタイムラインにドラッグ&ドロップすると、音声オブジェクトが追加されます。

基本的な編集

AviUtl 音声の編集(BGM・効果音)
  1. 音量 = 音の大きさ
  2. 左右 = 左右の音量バランス
  3. 再生位置 = 再生を開始する秒数
  4. 再生速度 = スピード

音量フェード

「音量フェード」を追加すると、音声をフェードイン・フェードアウトできます。

AviUtl 音声の編集(BGM・効果音)

設定ダイアログ右上の + をクリックして、「音量フェード」をクリック。

AviUtl 音声の編集(BGM・効果音)
  1. イン = 音が徐々に大きくなる
  2. アウト = 音が徐々に小さくなる
\ さらに詳しく /

テキスト(字幕・テロップ)

テキストオブジェクトを追加

AviUtl テキスト(字幕・テロップ)

プロジェクトを作成した状態で、タイムライン上で右クリック「メディアオブジェクトの追加」「テキスト」をクリックすると、テキストオブジェクトが追加されます。

基本的な編集

AviUtl テキスト(字幕・テロップ)
  1. 文字を入力
  2. 文字の大きさ
  3. 文字の色
  4. フォントの種類
  5. 影・縁を付ける
\ さらに詳しく /

完成した動画を出力(エンコード)

範囲を設定

AviUtl 完成した動画を出力(エンコード)

タイムライン上で右クリック「範囲設定」「最後のオブジェクト位置を最終フレーム」をクリック。

AviUtl 完成した動画を出力(エンコード)

「編集」「すべてのフレームを選択」をクリック。

ショートカットキー

Ctrl + A = すべてのフレームを選択

かんたんMP4出力

手軽にMP4形式で出力したい場合は、「かんたんMP4出力」しましょう。

関連 「かんたんMP4出力」の導入方法

AviUtl 完成した動画を出力(エンコード)

「ファイル」「プラグイン出力」「かんたんMP4出力」をクリック。

AviUtl 完成した動画を出力(エンコード)

「ビデオ圧縮」をクリック。

AviUtl 完成した動画を出力(エンコード)

画質と音質を設定します。
※数値を上げると画質・音質が良くなりますが、ファイルの容量は大きくなります。

AviUtl 完成した動画を出力(エンコード)

ファイル名を入力して「保存」をクリックすると、出力が開始されます。

x264出力

設定にこだわりたい場合は、「x264出力」しましょう。

関連 「x264guiEx」の導入方法

AviUtl 完成した動画を出力(エンコード)

「ファイル」「プラグイン出力」「かんたんMP4出力」をクリック。

AviUtl 完成した動画を出力(エンコード)

「ビデオ圧縮」をクリック。

AviUtl 完成した動画を出力(エンコード)
  1. 目的に合った「プロファイル」を選択
  2. 「品質」「音声ビットレート」を設定
    ※品質・音質を上げるとファイルの容量は大きくなります。
  3. 「OK」をクリック
AviUtl 完成した動画を出力(エンコード)

ファイル名を入力して「保存」をクリックすると、出力が開始されます。

\ さらに詳しく /

「AviUtlの基本操作」これで以上です。

お読みいただき、ありがとうございました。

創作日和
タイトルとURLをコピーしました