【AviUtl】複数のオブジェクトを保存(オブジェクトファイルのエクスポート)

AviUtl 複数のオブジェクトを保存(オブジェクトファイルのエクスポート)

無料で使えて多機能な動画編集ソフト「AviUtl」

「オープニング・エンディング・使い回せるシーン」などを保存しておきたい時に便利な、オブジェクトファイルをエクスポートして複数のオブジェクトを保存する方法を、パソコン初心者の方でも分かるように解説します。

↓動画で見たい方は下のYouTube動画をご覧ください。

スポンサーリンク

オブジェクトファイルのエクスポート

複数のオブジェクトを保存する方法を解説します。

AviUtl オブジェクトファイルのエクスポート

タイムライン上で右クリック。
「ファイル」「オブジェクトファイルのエクスポート」をクリック。

AviUtl オブジェクトファイルのエクスポート

ファイル名を入力して「保存」をクリックすると、複数のオブジェクトをEXOファイルとして保存できます。

オブジェクトファイルのインポート

保存したEXOファイルの使い方を解説します。

AviUtl オブジェクトファイルのインポート

タイムライン上で右クリック。
「ファイル」「オブジェクトファイルのインポート」をクリック。

AviUtl オブジェクトファイルのインポート

EXOファイルを選択して「開く」をクリックすると、保存した複数のオブジェクトを追加できます。

AviUtl オブジェクトファイルのインポート

EXOファイルを、タイムラインにドラッグ&ドロップして追加することもできます。

「複数のオブジェクトを保存する方法」はこれで以上です。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました