【AviUtl】複数のオブジェクトを選択・変更する方法

AviUtl 複数のオブジェクトを選択・変更する方法

無料で使えて多機能な動画編集ソフト「AviUtl」

タイムライン上にある複数のオブジェクトを選択したり、同時にまとめて変更したりする方法を、パソコン初心者の方でも分かるように解説します。

↓動画で見たい方は下のYouTube動画をご覧ください。

【AviUtlの使い方】作業効率が向上するタイムラインの操作

複数のオブジェクトを選択

Ctrl+クリック

AviUtl 複数のオブジェクトを選択

Ctrl を押しながらオブジェクトをクリックすると、複数のオブジェクトを選択・解除できます。
Ctrl を離すと、選択したオブジェクトが全て解除されます。

Ctrl+ドラッグ

AviUtl 複数のオブジェクトを選択

Ctrl を押しながらドラッグして、複数のオブジェクトを選択できます。

Shift+Ctrl+2クリック

AviUtl 複数のオブジェクトを選択

ShiftCtrl を押しながら2つのオブジェクトをクリックすると、その間にあるオブジェクトを全て選択できます。

レイヤー上のオブジェクトを全て選択

AviUtl レイヤー上のオブジェクトを全て選択

Ctrl を押しながらレイヤー名をクリックすると、そのレイヤー上にあるオブジェクトを全て選択できます。

オブジェクトの選択

AviUtl オブジェクトの選択

タイムライン上で普通に右クリックすると、「オブジェクトの選択」は無効になっています。

AviUtl オブジェクトの選択

Ctrl を押しながら右クリックすると有効になります。

全てのオブジェクトを選択

AviUtl 全てのオブジェクトを選択

「全てのオブジェクトを選択」をクリックすると、タイムライン上にあるオブジェクトを全て選択できます。

カーソル以降に開始するオブジェクトを選択

AviUtl カーソル以降に開始するオブジェクトを選択

「カーソル以降に開始するオブジェクトを選択」をクリックすると、現在のフレームより右側にあるオブジェクトを全て選択できます。

カーソル以前に終了するオブジェクトを選択

AviUtl カーソル以前に終了するオブジェクトを選択

「カーソル以前に終了するオブジェクトを選択」をクリックすると、現在のフレームより左側にあるオブジェクトを全て選択できます。

複数のオブジェクトを変更

複数のオブジェクトの位置やサイズを変更

複数のオブジェクトを選択した状態で、設定ダイアログの数値を変更すると、選択した全てのオブジェクトの数値が変更されます。

例として、字幕テキストの位置やサイズを統一させてみます。

AviUtl 複数のオブジェクトの位置やサイズを変更

どれかひとつのオブジェクトの数値を設定します。

AviUtl 複数のオブジェクトの位置やサイズを変更

テキストオブジェクトを全て選択します。

AviUtl 複数のオブジェクトの位置やサイズを変更

設定ダイアログの をクリックして、字幕テキストの位置やサイズを統一できます。

フォントの色・種類・中心位置なども、同時に変更できます。

複数のオブジェクトを複製

AviUtl 複数のオブジェクトを複製

複数のオブジェクトをコピー、貼り付けすることもできます。

複数のオブジェクトを分割

AviUtl 複数のオブジェクトを分割

複数のオブジェクトを同時に分割することもできます。

複数のオブジェクトを削除

AviUtl 複数のオブジェクトを削除

複数のオブジェクトを同時に削除することもできます。

複数のオブジェクトの長さを変更

AviUtl 複数のオブジェクトの長さを変更

複数のオブジェクトの長さを同時に変更することもできます。

複数のオブジェクトにエフェクト(フィルタ効果)を追加

AviUtl 複数のオブジェクトにフィルタ効果(エフェクト)を追加

複数のオブジェクトに、まとめてエフェクトを追加することもできます。

大抵のことは同時に変更できますが、「中間点の数値」「フィルタ効果(エフェクト)の削除」など、同時にできないものもあります。

「複数のオブジェクトを選択・変更する方法」はこれで以上です。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント