【AviUtl】任意フレーム数移動の設定方法

AviUtl 任意フレーム数移動の設定方法

無料で使えて多機能な動画編集ソフト「AviUtl」

設定したショートカットキーで、設定したフレーム数を移動できるようになる「任意フレーム数移動」の設定方法を、パソコン初心者の方でも分かるように解説します。

↓動画で見たい方は下のYouTube動画をご覧ください。

スポンサーリンク

移動するフレーム数の設定方法

AviUtl 任意フレーム数移動の設定方法

「ファイル」「環境設定」「システムの設定」をクリック。

AviUtl 任意フレーム数移動の設定方法
こちらから、移動するフレーム数を設定できます。

例として、「A30、B150、C300、D1800」に設定してみます。

「OK」をクリックすると設定が反映されます。

ショートカットキーの設定方法

AviUtl 任意フレーム数移動の設定方法

「ファイル」「環境設定」「ショートカットキーの設定」をクリック。

AviUtl 任意フレーム数移動の設定方法

項目を下のほうまでスクロールして、こちらから任意フレーム数移動のショートカットキーを設定できます。

デフォルトでは「任意フレーム数A」だけにしか、ショートカットキーが登録されていせん。

BCDにもショートカットキーを登録しておくと便利です。

関連 ショートカットキーの登録方法

例として、

  • 任意フレーム数次移動A=PD
  • 任意フレーム数前移動A=PU
  • 任意フレーム数次移動B=Ctrl + PD
  • 任意フレーム数前移動B=Ctrl + PU
  • 任意フレーム数次移動C=Shift + PD
  • 任意フレーム数前移動C=Shift + PU
  • 任意フレーム数次移動D=Alt + PD
  • 任意フレーム数前移動D=Alt + PU

このように設定してみます。

「OK」をクリックすると設定が反映されます。

任意フレーム数移動

これで、設定したフレーム数を、設定したショートカットキーで移動できるようになりました。

任意フレーム数A

AviUtl 任意フレーム数移動A

PD を押すごとに、30フレーム進む。
PU を押すごとに、30フレーム戻る。

任意フレーム数B

AviUtl 任意フレーム数移動B

Ctrl + PD を押すごとに、150フレーム進む。
Ctrl + PU を押すごとに、150フレーム戻る。

任意フレーム数C

AviUtl 任意フレーム数移動C

Shift + PDを押すごとに、300フレーム進む。
Shift + PUを押すごとに、300フレーム戻る。

任意フレーム数D

AviUtl 任意フレーム数移動D

Alt + PDを押すごとに、300フレーム進む。
Alt + PUを押すごとに、300フレーム戻る。

「任意フレーム数移動の設定方法」はこれで以上です。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました