【AviUtl】画面の一部分にエフェクトをかける方法

AviUtl 画面の一部分にエフェクトをかける方法

無料で使えて多機能な動画編集ソフト「AviUtl」

部分フィルタやフレームバッファを使って、画面の一部分にエフェクト(フィルタ効果)をかける方法を、パソコン初心者の方でも分かるように解説します。

↓動画で見たい方は下のYouTube動画をご覧ください。

【AviUtlの使い方】動画・画面の一部分にエフェクトをかける方法

「オブジェクトにエフェクトを追加する方法」は下の記事で解説しています。

【AviUtl】設定ダイアログの基本的な使い方
無料で使えて多機能な動画編集ソフト「AviUtl」 位置やサイズの変更やエフェクトの追加など、AviUtlで動画編集をするうえで覚えておくべき設定ダイアログの基本的な使い方を、パソコン初心者の方でも分かるように画像や動画で解説します。

部分フィルタ

AviUtl 部分フィルタで画面の一部分にエフェクトをかける
タイムライン上で右クリック。
「フィルタオブジェクトの追加」「部分フィルタ」をクリック。

AviUtl 部分フィルタで画面の一部分にエフェクトをかける

追加した部分フィルタのオブジェクトを、エフェクトをかけたい所に配置します。

AviUtl 部分フィルタで画面の一部分にエフェクトをかける

↑こちらがエフェクトのかかる範囲です。

AviUtl 部分フィルタで画面の一部分にエフェクトをかける
範囲が見えにくい場合は「単色化」のエフェクトを追加して、「色の設定」から見えやすい色に変更しましょう。

AviUtl 部分フィルタで画面の一部分にエフェクトをかける

部分フィルタの位置やサイズなどを設定します。

AviUtl 部分フィルタで画面の一部分にエフェクトをかける
位置やサイズが決まったら、「単色化」のエフェクトは削除するか非アクティブにして、かけたいエフェクトを追加します。

AviUtl 部分フィルタで画面の一部分にエフェクトをかける

画面の一部分にエフェクトを追加することができました。

AviUtl 部分フィルタで画面の一部分にエフェクトをかける

部分フィルタの上にある全てのオブジェクトにエフェクトがかかります。

AviUtl 部分フィルタで画面の一部分にエフェクトをかける
複数のエフェクトを追加することもできますが、追加できるエフェクトの種類は限られています。
「フレームバッファ」を使えば、これ以外のエフェクトを「画面の一部分」にかけることができます。

選択範囲の境界線をぼかす

AviUtl 部分フィルタ 選択範囲の境界線をぼかす

「ぼかし」の数値を上げると、選択範囲の境界線をぼかすことができます。

選択範囲の形を変更

AviUtl 部分フィルタ 選択範囲の形を変更

「マスクの種類」から、選択範囲の形を変更できます。

選択範囲の反転

AviUtl 部分フィルタ 選択範囲を反転

「マスクの反転」にチェックを入れると、選択範囲が反転します。

フレームバッファ

AviUtl フレームバッファで画面の一部分にエフェクトをかける
タイムライン上で右クリック。
「メディアオブジェクトの追加」「フレームバッファ」をクリック。
AviUtl フレームバッファで画面の一部分にエフェクトをかける
こちらのオブジェクトに、「マスク」を追加します。
選択範囲を分かりやすくするために「単色化」も追加して、「色の設定」から見えやすい色に変更しましょう。

AviUtl フレームバッファで画面の一部分にエフェクトをかける

マスクの位置やサイズなどを設定します。

AviUtl フレームバッファで画面の一部分にエフェクトをかける
位置やサイズが決まったら、「単色化」のエフェクトは削除するか非アクティブにして、かけたいエフェクトを追加します。

AviUtl フレームバッファで画面の一部分にエフェクトをかける

画面の一部分にエフェクトを追加することができました。

「クリッピング」「斜めクリッピング」で範囲を選択することもできます。
※選択範囲の反転などはできません

選択範囲の境界線をぼかす

AviUtl フレームバッファ 選択範囲の境界線をぼかす

「ぼかし」の数値を上げると、選択範囲の境界線をぼかすことができます。

選択範囲の形を変更

AviUtl フレームバッファ 選択範囲の形を変更

「マスクの種類」から、選択範囲の形を変更できます。

選択範囲を反転

AviUtl フレームバッファ 選択範囲を反転

「マスクの反転」にチェックを入れると、選択範囲が反転します。

「画面の一部分にエフェクトをかける方法」はこれで以上です。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント