【AviUtl】シーン機能の使い方

AviUtl シーン機能の使い方

無料で使えて多機能な動画編集ソフト「AviUtl」

シーン機能の使い方を解説します。

\ 動画で見たい方はこちら /

シーン機能とは

AviUtl シーン機能とは

シーン機能を使うと、「Scene」に作った動画を呼び出せるようになります。

シーン機能を使う利点
  • 同じシーンを使い回せる
  • タイムラインがスッキリする
  • 動画の構成を変更しやすくなる

シーンの作成

AviUtl シーンの作成

タイムラインの「Root」をクリックして、シーンを選択します。
※この記事では「Scene 1」を選択します。

AviUtl シーンの作成

シーンとして使いたい動画を作ります。

AviUtl シーンの作成

「Root」に戻ります。

シーンの追加

シーン(映像)

AviUtl シーンの追加(映像)

タイムライン上で右クリック「メディアオブジェクトの追加」「シーン」をクリック。

AviUtl シーンの追加(映像)

設定ダイアログの「シーン選択」をクリックして、使用したいシーンを選択します。

AviUtl シーンの追加(映像)

再生すると、Scene 1 に作成した映像が流れます。

シーン(音声)

AviUtl シーンの追加(音声)

タイムライン上で右クリック「メディアオブジェクトの追加」「シーン(音声)」をクリック。

AviUtl シーンの追加(音声)

設定ダイアログの「シーン選択」をクリックして、使用したいシーンを選択します。

AviUtl シーンの追加(音声)

これで、Scene 1 に作成した映像と音声が流れるようになります。

アルファチャンネル(背景を透過)

AviUtl シーン アルファチャンネル(背景を透過)

Scene 1 にこういう動画を作ってみました。

AviUtl シーン アルファチャンネル(背景を透過)

Scene 2 にこういう動画を作ってみました。

AviUtl シーン アルファチャンネル(背景を透過)

Scene 1 と Scene 2 を重ねて再生させるとこのようになります。

これは Scene 2 の背景が、Scene 1 を覆い隠している状態です。
Scene 2 の背景を透過することで解決できます。

関連 レイヤーの見かた

シーンの背景を透過する方法

AviUtl シーンの背景を透過する方法

背景を透過したいシーンを選択します。
※この記事では「Scene 2」を透過します。

AviUtl シーンの背景を透過する方法

シーン名を右クリック「シーンの設定」をクリック。

AviUtl シーンの背景を透過する方法

「アルファチャンネルあり」にチェックを入れて、「OK」をクリック。

「Root」に戻って再生してみましょう。

AviUtl シーンの背景を透過する方法

Scene 2 の背景が透過されて、Scene 1 の映像も映るようになりました。

「シーン機能の使い方」はこれで以上です。

お読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました