AviUtlの応用操作

AviUtlの応用操作

無料で多機能な動画編集ソフト「AviUtl」

編集の幅が広がる「応用操作」を解説します。

スポンサーリンク

フィルタ効果(エフェクト)

AviUtl フィルタ効果(エフェクト)

フィルタ効果を使うと、動画や画像にさまざまな効果を加えることができます。

他の動画編集ソフトでは「エフェクト」という言い方をすることが多いです。

フィルタ効果を追加

フィルタ効果を追加する方法は、

  • 設定ダイアログの + から追加
  • メディアオブジェクトの追加
  • フィルタオブジェクトの追加

の3パターンあり、効果が適応される範囲に違いがあります。

効果が適応される範囲

設定ダイアログの + = オブジェクト全体

メディアオブジェクトの追加 = ひとつ上のオブジェクト

フィルタオブジェクトの追加 = 上にある全てのオブジェクト

設定ダイアログの + から追加

AviUtl フィルタ効果(エフェクト)

設定ダイアログ右上の + をクリックして、追加したい効果を選択します。

AviUtl フィルタ効果(エフェクト)

オブジェクト全体に効果が適応されます。

メディアオブジェクトの追加

AviUtl フィルタ効果(エフェクト)

タイムライン上で右クリック「メディアオブジェクトの追加」「フィルタ効果の追加」から選択します。

AviUtl フィルタ効果(エフェクト)

メディアオブジェクトのひとつ上にあるオブジェクトに効果が適応されます。

上にあるオブジェクトが「音声オブジェクト」「空のレイヤー」の場合は、更にひとつ上のオブジェクトに効果が適応されます。

フィルタオブジェクトの追加

AviUtl フィルタ効果(エフェクト)

タイムライン上で右クリック「フィルタオブジェクトの追加」から選択します。

AviUtl フィルタ効果(エフェクト)

フィルタオブジェクトの上にある全てのオブジェクトに効果が適応されます。

\ さらに詳しく /
画面の一部分にフィルタ効果をかける
AviUtl 部分フィルタ

「部分フィルタ」を使えば、画面の一部分にフィルタ効果を適応できます。

\ さらに詳しく /

シーンチェンジ(トランジション)

AviUtl シーンチェンジ(トランジション)

シーンチェンジを使うと、シーンが切り替わる所に演出を加えることができます。

他の動画編集ソフトでは「トランジション」という言い方をすることが多いです。

シーンチェンジを追加

AviUtl シーンチェンジ(トランジション)

タイムライン上で右クリック「フィルタオブジェクトの追加」「シーンチェンジ」をクリック。

AviUtl シーンチェンジ(トランジション)

場面を切り替えたい所に、シーンチェンジオブジェクトを配置します。

効果が適応されるのは、シーンチェンジより上にあるオブジェクトだけです。

シーンチェンジの種類を変更

AviUtl シーンチェンジ(トランジション)

設定ダイアログの左下をクリックして、シーンチェンジの種類を変更できます。

\ さらに詳しく /

シーンチェンジの種類一覧

AviUtl シーンチェンジの種類一覧

クロスフェード

AviUtl シーンチェンジの種類一覧

フェードアウトイン

\ さらに詳しく /

画像を動かす方法・中間点の使い方

画像を動かす方法

AviUtl 画像を動かす方法

「X Y Z」のいずれかをクリックして、移動方法を選択します。
※この記事では「直線移動」を選択しています。

AviUtl 画像を動かす方法
  1.  をクリックして、開始位置にフレームを合わせる
  2. 開始位置の数値を設定
AviUtl 画像を動かす方法
  1.  をクリックして、終了位置にフレームを合わせる
  2. 終了位置の数値を設定
AviUtl 画像を動かす方法

このように画像を動かすことができます。

「拡大率」や「回転」などの項目も、同じように変更できます。

関連 設定ダイアログの各項目の意味

中間点の使い方

AviUtl 中間点の使い方

オブジェクトを右クリック「中間点を追加」をクリック。

中間点追加・分割を常に現在フレームで行う」の設定を有効にしている場合は、フレームを合わせてから中間点を追加してください。

ショートカットキー

P = 中間点を追加

AviUtl 中間点の使い方

「X Y Z」のいずれかをクリックして、移動方法を選択します。
※この記事では「直線移動」を選択しています。

AviUtl 中間点の使い方
  1.  をクリックして、開始位置にフレームを合わせる
  2. 開始位置の数値を設定
AviUtl 中間点の使い方
  1.  クリックして、中間位置にフレームを合わせる
  2. 中間位置の数値を設定
AviUtl 中間点の使い方
  1.  クリックして、終了位置にフレームを合わせる
  2. 終了位置の数値を設定
AviUtl 中間点の使い方

このように、中間点を使って画像を動かすことができます。

\ さらに詳しく /

移動方法の種類

AviUtl 移動方法の種類

直線移動

AviUtl 移動方法の種類

曲線移動

\ さらに詳しく /

再生速度(倍速・スロー・一時停止・逆再生)

AviUtl 再生速度(倍速・スロー・一時停止・逆再生)

動画オブジェクトを選択して、設定ダイアログの「再生速度」から変更できます。

100 = 1倍速(デフォルト)

200 = 2倍速(早送り)

50 = 0.5倍速(スロー)

0 = 停止

マイナス = 逆再生

動画の再生速度を変更すると、音声の再生速度も自動的に変更されます。

音声を逆再生にすることはできません。

部分的に再生速度を変更する方法

「中間点」を使って、動画・音声の一部分だけ再生速度を変更することもできます。

例として、動画の中間部分を2倍速にしてみます。

この記事では、「中間点追加・分割を常に現在フレームで行う」の設定を有効にした状態で解説しています。

AviUtl 再生速度(倍速・スロー・一時停止・逆再生)
  1. 「ここから再生速度を変更したい」という位置にフレームを合わせる
  2. オブジェクトを右クリック
  3. 「中間点を追加」をクリック
AviUtl 再生速度(倍速・スロー・一時停止・逆再生)

「再生速度」をクリックして、「瞬間移動」を選択します。

AviUtl 再生速度(倍速・スロー・一時停止・逆再生)
  1. 中間点より右側を選択
  2. 再生速度を「200」にする
AviUtl 再生速度(倍速・スロー・一時停止・逆再生)
  1. 「ここから再生速度を戻したい」という位置にフレームを合わせる
  2. オブジェクトを右クリック
  3. 「中間点を追加」をクリック
AviUtl 再生速度(倍速・スロー・一時停止・逆再生)
  1. 中間点より右側を選択
  2. 再生速度を「100」にする
AviUtl 再生速度(倍速・スロー・一時停止・逆再生)

これで、動画・音声の中間部分が2倍速になります。

\ さらに詳しく /

「AviUtlの応用操作」はこれで以上です。

お読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク
創作日和
タイトルとURLをコピーしました