【filmora9】プレビューウィンドウの使い方

filmora9 プレビューウィンドウの使い方

簡単かつ高機能な動画編集ソフト「filmora9フィモーラ9

プレビューウィンドウの使い方を解説します。

\ 動画で見たい方はこちら /

プレビューウィンドウの役割

filmora9 プレビューウィンドウの役割

こちらがプレビューウィンドウです。

タイムラインに追加した動画や画像を表示させるのが、プレビューウィンドウの主な役割です。

基本操作

filmora9 プレビューウィンドウの基本操作
  1. 1フレームずつ移動
  2. 再生・一時停止
  3. 停止
  4. 時間
    ※単位は左から「時:分:秒:フレーム数」です。
  5. 音量
    ※こちらはfilmoraから聞こえる音量ですので、出力した動画には影響しません。
  6. フルスクリーン表示
ショートカットキー

= 1フレームずつ移動

スペース = 再生・一時停止

時間(再生ヘッド)を移動

filmora9 プレビューウィンドウ 時間(再生ヘッド)を移動

こちらで左右にドラッグするか、数値を入力して時間を移動できます。

数値を入力する場合「:」は省略しても構いません。

15 = 15フレームに移動

100 = 1秒に移動

13015 = 1分30秒15フレームに移動

マークイン・マークアウト

動画の一部分だけが必要な場合、
「タイムラインで不要な部分をカットする」という方法もありますが、
「プレビューウィンドウで必要な部分を選択する」という方法もあります。

関連 カット編集

filmora9 マークイン・マークアウト

メディアライブラリにインポートした素材をダブルクリックすると、プレビューウィンドウで再生できます。

関連 メディアライブラリの使い方

filmora9 マークイン・マークアウト

「ここから必要」という位置にフレームを合わせて { をクリック。

filmora9 マークイン・マークアウト

「ここまで必要」という位置にフレームを合わせて } をクリック。

ショートカットキー

I = マークイン

O = マークアウト

filmora9 マークイン・マークアウト

この状態でタイムラインに追加すると、選択した部分だけが追加されます。

関連 タイムラインの使い方

音声素材もマークイン・マークアウトできます。

再生品質

filmora9 再生品質

こちらから、動画をプレビューするときの品質を設定できます。
※こちらはfilmoraでプレビューするときの品質ですので、出力した動画には影響しません。

フル = 元の動画と同じ解像度

1/2 = 元の動画の1/2の解像度

1/4 = 元の動画の1/4の解像度

1/8 = 元の動画の1/8の解像度

1/16 = 元の動画の1/16の解像度

解像度を下げることで、filmoraの動作を軽くできます。

セーフゾーンを表示

filmora9 プレビューウィンドウ セーフゾーンを表示

パソコンアイコンをクリックして「セーフゾーンを表示」をクリック。

filmora9 プレビューウィンドウ セーフゾーン

プレビューウィンドウにセーフゾーンが表示されるようになります。
※出力した動画には表示されません。

スナップショット(スクリーンショット)

filmora9 スナップショット

カメラアイコンをクリックすると、現在のフレームを画像ファイルとして保存できます。

ショートカットキー

Ctrl + Alt + S = スナップショット

filmora9 スナップショット

スナップショットを撮影すると、自動的にメディアライブラリに追加されます。

撮影した画像ファイルは、「ドキュメント」→「Wondershare Filmora 9」→「User Media」→「Snapshot」のフォルダ内に保存されています。

「filmora9のプレビューウィンドウの使い方」はこれで以上です。

お読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました