【GIMP】ユーザーインターフェース(見た目)を変更する方法

GIMP ユーザーインターフェースの変更方法

無料で使えて多機能な画像編集ソフト「GIMP」

「GIMP 2.10」から、デフォルトのユーザーインターフェースが変更されました。テーマやアイコンなどのユーザーインターフェースを変更して、以前のGIMPと同じ見た目にする方法を、パソコン初心者の方でも分かるように解説します。

↓動画で見たい方は下のYouTube動画をご覧ください。

スポンサーリンク

テーマの変更

GIMP テーマの変更1

メニューバーの「編集」「設定」をクリック。

GIMP テーマの変更2

設定ダイアログが開きますので、「テーマ」をクリック。

GIMP テーマの変更3

↑こちらからテーマを変更できます。

Dark

GIMP テーマ Dark

デフォルトでは「Dark」が選択されています。

Gray

GIMP テーマ Gray

「Gray」を選択するとこうなります。

Light

GIMP テーマ Light

「Light」を選択するとこうなります。

System

GIMP テーマ System

「System」を選択するとこうなります。

以前のGIMPと同じ見た目にしたい場合は、「System」を選択してください。

GIMP テーマの変更4

「OK」をクリックすると変更が反映されます。

アイコンの変更

メニューバーの「編集」「設定」をクリックして、設定ダイアログを開きます。

GIMP アイコンの変更1

「Icon Theme」をクリック。

GIMP アイコンの変更2

↑こちらからアイコンを変更できます。

Symbolic

GIMP アイコン Symbolic

デフォルトでは「Symbolic」が選択されています。

Symbolic-Inverted

GIMP アイコン Symbolic-Inverted

「Symbolic-Inverted」を選択するとこうなります。

Color

GIMP アイコン Color

「Color」を選択するとこうなります。

Legacy

GIMP アイコン Legacy

「Legacy」を選択するとこうなります。

以前のGIMPと同じ見た目にしたい場合は、「Legacy」を選択してください。

アイコンサイズの変更

GIMP アイコンサイズの変更1

↑こちらから「Custom icon size」を選択すると、アイコンのサイズを変更できます。

GIMP アイコンサイズの変更2

「Small」→「Medium」→「Large」→「Huge」の順に大きくなります。

GIMP アイコンサイズの変更3

「OK」をクリックすると変更が反映されます。

シングルウィンドウ→マルチウィンドウ

GIMP 2.10からは、シングルウィンドウモードがデフォルトで設定されています。

以前のような、マルチウィンドウモードに変更することもできます。

GIMP シングルウィンドウモードとマルチウィンドウモード1

メニューバーの「ウィンドウ」「シングルウィンドウモード」をクリックしてチェックを外します。

GIMP シングルウィンドウモードとマルチウィンドウモード2

↑ウィンドウを3つに分けることができます。

「GIMPのユーザーインターフェースを変更する方法」はこれで以上です。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました