【AviUtl】導入方法(ダウンロード&インストール)

AviUtl ダウンロード&インストール

無料で多機能な動画編集ソフト「AviUtl」

AviUtl本体とプラグインの導入方法を解説します。

\ 動画で見たい方はこちら /
ダウンロードサイト

本体&拡張編集プラグイン:AviUtlのお部屋

入力プラグイン:RePOPn

出力プラグイン:rigayaの日記兼メモ帳

スポンサーリンク

準備(フォルダ作成)

AviUtlの保存フォルダを作成

AviUtl ダウンロード・インストール 準備

AviUtlを保存したい場所で右クリック→「新規作成」「フォルダー」をクリック。

AviUtl ダウンロード・インストール 準備

フォルダ名はなんでも構いませんが、この記事では「AviUtl」としておきます。

Pluginsフォルダを作成

AviUtl ダウンロード・インストール 準備

作成したAviUtlフォルダ内に「Plugins」というフォルダを作ります。

AviUtl本体&拡張編集プラグイン

AviUtl本体と拡張編集プラグイン

AviUtl本体 = メインウィンドウを使用するのに必要

拡張編集プラグイン = タイムラインや設定ダイアログを使用するのに必要

ダウンロード

AviUtl本体 拡張編集プラグイン ダウンロード

AviUtlのお部屋へ行き、「aviutl110.zip」「exedit92.zip」をダウンロードします。

※バージョンの更新により、数字が異なる場合があります。

インストール

AviUtl本体 拡張編集プラグイン インストール

ダウンロードしたフォルダ内に入っている全てのファイルを、項目1で作成したAviUtlフォルダに移動、もしくはコピーします。

タイムラインを表示させる

デフォルトの状態では、タイムラインなどの拡張編集機能は非表示になっています。

編集するときに必要ですので、以下の手順で表示させておきましょう。

AviUtl タイムラインを表示させる

AviUtlのアプリをダブルクリック。

AviUtl タイムラインを表示させる

「設定」「拡張編集の設定」をクリックすると、タイムラインが表示されます。

「拡張編集の設定」が表示されていない場合は、拡張編集プラグインが正しく導入できていません。

対処法
  • セキュリティソフトを停止させて導入し直す
  • ウィンドウの位置を初期化する
  • 「aviutl.ini」を書き換える

関連 拡張編集が表示されないときの対処法

入力プラグイン「L-SMASH Works」

入力プラグイン「L-SMASH Works」の役割

AviUtlはデフォルトの状態では「AVI」や「WAV」など、限られた形式のファイルしか読み込めません。

入力プラグインを導入すると「MP4」や「MP3」など、さまざまな形式のファイルを読み込めるようになります。

ダウンロード

入力プラグイン L-SMASH Works ダウンロード

RePOPnへ行き、「L-SMASH Works r940 release1」をダウンロードします。

※バージョンの更新により、数字が異なる場合があります。

インストール

入力プラグイン L-SMASH Works インストール

ダウンロードしたフォルダ内の「lwcolor.auc」「lwdumper.auf」「lwinput.aui」「lwmuxer.auf」を、項目1で作成したPluginsフォルダに移動、もしくはコピーします。

導入できているか確認

入力プラグイン L-SMASH Works 導入できているか確認

AviUtlを起動させて、「ファイル」「環境設定」「入力プラグイン優先度の設定」をクリック。

L-SMASH Works File Reader

こちらに、「L-SMASH Works File Reader」が表示されていることを確認しましょう。

表示されていない場合は、入力プラグインが正しく導入できていません。

対処法
  • セキュリティソフトを停止させて導入し直す
  • どうしても導入できない場合は、別の入力プラグイン(DirectShow File Reader)を導入する

出力プラグイン「x264guiEx」

出力プラグイン「x264guiEx」の役割

AviUtlはデフォルトの状態では、AVI形式でしか動画を出力できません。

出力プラグインを導入すると、MP4形式で出力できるようになります。

ダウンロード

出力プラグイン x264guiEx ダウンロード

rigayaの日記兼メモ帳へ行き、右サイドバーの「x264guiEx 2.xx」をクリック。

※アクセスできない場合は、隣の(ミラー)をクリック。

出力プラグイン x264guiEx ダウンロード

Googleドライブのページが開きます。
こちらを右クリックして、「ダウンロード」をクリック。

出力プラグイン x264guiEx ダウンロード

OneDriveのページが開いた場合は、こちらをクリックしてダウンロードしてください。

インストール

出力プラグイン x264guiEx インストール

ダウンロードした圧縮フォルダを展開させます。

出力プラグイン x264guiEx インストール

展開させたフォルダ内の「auo_setup」をダブルクリック。

出力プラグイン x264guiEx インストール
  1. 「…」をクリック。
  2. AviUtlのフォルダを選択。
  3. 「OK」をクリック。
出力プラグイン x264guiEx インストール

「次へ」をクリックすると、インストールが開始されます。

導入できているか確認

出力プラグイン x264guiEx 導入できているか確認

AviUtlを起動させて、タイムライン上で右クリック→「新規プロジェクトの作成」をクリック。

出力プラグイン x264guiEx 導入できているか確認

「OK」をクリック。

出力プラグイン x264guiEx 導入できているか確認

「ファイル」「プラグイン出力」「拡張 x264 出力」をクリック。

「拡張 x264 出力」が表示されていない場合は、出力プラグインが正しく導入できていません。

インストールに失敗するときの対処法

出力プラグイン x264guiEx 導入できているか確認

「ビデオ圧縮」をクリック。

出力プラグイン x264guiEx 導入できているか確認

こちらのパスが通っていることを確認しましょう。

もし空欄になっている場合は、横の「…」をクリックしてパスを通してください。ファイルの場所は以下の通りです。

  1. 「AviUtl」→「exe_files」→「x264」
  2. 「AviUtl」→「exe_files」→「qaac」
  3. 「AviUtl」→「exe_files」→ 上から「remuxer」「timelineeditor」「muxer」

※これらのファイルがない場合は、正しく導入できていません。

インストールに失敗するときの対処法

  • セキュリティソフトを停止させて導入し直す
  • しばらく時間を置いてからもう一度試す(1日~3日)
    ※相手側のサーバーが落ちているということもあります。
  • Appleの「iTunes」か「QuickTime」をインストールしてから導入し直す
  • 7-Zip」などの解凍ソフトをインストールしてから導入し直す
  • 古いバージョンのインストーラーを使う(1つ前か2つ前のバージョン)
  • 手動で導入する
    関連 x264guiEx 2.xx 導入 (手動)

古いバージョンのインストーラーを使う場合

出力プラグイン x264guiEx 古いバージョンのインストーラーを使う場合

出力プラグインをダウンロードしたときのページのこちらに、古いバージョンが保存されています。

※末尾の数字が小さいものほど古いバージョンです。

出力プラグイン x264guiEx 古いバージョンのインストーラーを使う場合

OneDriveのページが開いた場合は、こちらに保存されています。

出力プラグインがなくても…

出力プラグインがなくても

  • AviUtlで動画編集はできます。
  • AVI形式であれば動画を出力できます。
  • AVI形式で出力した動画を別のソフトでエンコードするという方法もあります。
  • AVI形式のままでも、たいていのプレイヤーで再生することはできます。
  • AVI形式のままでもYouTubeに投稿することはできます。

関連 AVI形式で動画を出力する方法

「AviUtlの導入方法」はこれで以上です。

お読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました