【AviUtl】拡張編集(タイムライン・設定ダイアログ)が表示されないときの対処法

AviUtl 拡張編集が表示されないときの対処法

無料動画編集ソフト「AviUtl」の、拡張編集(タイムライン・設定ダイアログ)が表示されないときの対処法を解説します。

\ 動画で見たい方はこちら /
AviUtl 拡張編集(タイムライン・設定ダイアログ)が表示されないときの対処法

AviUtlは、「メインウィンドウ」「タイムライン」「設定ダイアログ」の3つのウィンドウに分かれています。

メインウィンドウだけでは、「カット」や「エンコード」などの基本的な編集しかできません。

「エフェクトの追加」や「アニメーション」などの応用的な編集をするには、拡張編集(タイムライン・設定ダイアログ)が必要です。

では「AviUtlの拡張編集が表示されないときの対処法」を解説していきます。

よろしくお願いします。

拡張編集プラグインを導入する

AviUtl本体を導入しただけでは、メインウィンドウしか表示されません。タイムラインや設定ダイアログを表示させるには「拡張編集プラグイン」が必要です。

AviUtl 拡張編集プラグインを導入する

AviUtlのお部屋にアクセスして、「exedit92.zip」をダウンロードしましょう。

AviUtl 拡張編集プラグインを導入する

ダウンロードしたZIPファイル内のすべてのファイルを、「AviUtlフォルダ」に移動しましょう。

「拡張編集の設定」にチェックを入れる(タイムラインを表示させる方法)

拡張編集プラグインを導入しても、デフォルトの状態ではタイムラインなどの拡張編集機能は非表示になっています。

AviUtl 「拡張編集の設定」にチェックを入れる(タイムラインを表示させる方法)

「設定」「拡張編集の設定」をクリックすると、タイムラインが表示されます。

「拡張編集の設定」が表示されていない場合は、拡張編集プラグインが正しく導入できていません。以下の方法を試してみてください。

  • セキュリティソフトを停止させて導入し直す。
  • 削除されたファイルを復元する。
    ※「セキュリティソフト名 復元方法」などで検索してください。
  • 「Lhaplus」という解凍ソフトを使っている場合は「7-Zip」などに変更する。

関連 AviUtl本体と拡張編集プラグインの導入方法

タイムライン右上の × をクリックすると消えてしまいますが、もう一度「設定」「拡張編集の設定」をクリックすると表示されます。

オブジェクトを追加する(設定ダイアログを表示させる方法)

設定ダイアログは、編集プロジェクトを作成してオブジェクトを追加すると表示されます。

AviUtl 「拡張編集の設定」にチェックを入れる(タイムラインを表示させる方法)

タイムライン上で右クリック「新規プロジェクトの作成」「OK」をクリックします。

AviUtl 「拡張編集の設定」にチェックを入れる(タイムラインを表示させる方法)

タイムライン上で右クリック「メディアオブジェクトの追加」「動画ファイル」をクリックすると、設定ダイアログが表示されます。

AviUtl 「拡張編集の設定」にチェックを入れる(タイムラインを表示させる方法)

設定ダイアログ右上の × をクリックすると消えてしまいますが、オブジェクトをダブルクリックすると表示されます。

ウィンドウの位置を初期化する

「拡張編集の設定」にチェックが入っているのにタイムライン・設定ダイアログが表示されない場合は、ウィンドウが画面の外に出ている可能性があります。

AviUtl ウィンドウの位置を初期化する

「ファイル」「環境設定」「ウィンドウの位置を初期化」をクリックすると、メインウィンドウとタイムラインが導入時の位置に戻ります。

常に手前に表示させる

「拡張編集の設定」にチェックが入っているのにタイムライン・設定ダイアログが表示されない場合は、パソコンの問題でウィンドウが見えない状態になっているのかもしれません。

AviUtl 常に手前に表示させる

「表示」「常に手前に表示」をクリックすると表示される場合もあるようです。

「aviutl.ini」を書き換える

「aviutl.ini」を書き換えることで、ウィンドウの位置や設定などを変更できます。

AviUtl「aviutl.ini」を書き換える

拡張子(ファイル名の後ろのアルファベット)が表示されていない場合は、エクスプローラーの「表示」「ファイル名拡張子」にチェックを入れてください。

AviUtl「aviutl.ini」を書き換える

「aviutl.ini」をダブルクリックして開きます。
※開けない場合は、メモ帳などのテキストエディタにドラッグ&ドロップしてください。

下の方にスクロールすると、[拡張編集] という項目があります。
※見つけられない場合は Ctrl + F で検索してください。

AviUtl「aviutl.ini」を書き換える
  1. 「config_x」「config_y」を 0 にします。
  2. 「x」「y」を 0 にします。
  3. 「disp」を 1 にします。
項目の意味

「config_x」「config_x」= 設定ダイアログの座標

「x」「y」= タイムラインの座標

「disp」= 拡張編集の表示・非表示
※ 1が表示、0が非表示

書き換えたら「ファイル」「上書き保存」をクリックしてください。

AviUtlを再起動すると、タイムラインが画面の左上に表示されるようになっているはずです。

「AviUtlの拡張編集が表示されないときの対処法」は以上です。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

  1. 池のペンペンクラブ より:

    ありがとうございます
    拡張編集がやっと入りました
    本当にありがとうございますユーチューブ頑張れます

タイトルとURLをコピーしました