【AviUtl】本体と拡張編集プラグインの導入方法

AviUtl本体と拡張編集プラグインのダウンロード&インストール

無料で多機能な動画編集ソフト「AviUtl」

AviUtl本体と拡張編集プラグインの導入方法を解説します。

\ 動画で見たい方はこちら /
ダウンロードサイト

AviUtl本体&拡張編集プラグイン:AviUtlのお部屋

AviUtl本体&拡張編集プラグインの役割

AviUtl本体&拡張編集プラグインの役割

AviUtl本体 = メインウィンドウを使用するのに必要

拡張編集プラグイン = タイムラインや設定ダイアログを使用するのに必要

準備(フォルダ作成)

まず、AviUtlと拡張編集プラグインを保存するフォルダを作りましょう。

AviUtl本体と拡張編集プラグインのダウンロード&インストール 準備

AviUtlを保存したい場所で右クリック「新規作成」「フォルダー」をクリック。

AviUtl本体と拡張編集プラグインのダウンロード&インストール 準備

フォルダ名はなんでも構いませんが、この記事では「AviUtl」としておきます。

導入方法

ダウンロード

AviUtl本体 拡張編集プラグイン ダウンロード

AviUtlのお部屋へ行き、「aviutl110.zip」「exedit92.zip」をダウンロードします。
※バージョンの更新により数字が異なる場合があります。

インストール

AviUtl本体 拡張編集プラグイン インストール

ダウンロードしたフォルダ内に入っている全てのファイルを、項目2で作成したAviUtlフォルダに移動、もしくはコピーします。

タイムラインを表示させる

デフォルトの状態では、タイムラインなどの拡張編集機能は非表示になっています。
編集するときに必要ですので、以下の手順で表示させておきましょう。

AviUtl タイムラインを表示させる

AviUtlのアプリをダブルクリック。

AviUtl タイムラインを表示させる

「設定」「拡張編集の設定」をクリックすると、タイムラインが表示されます。

「拡張編集の設定」がない場合

「拡張編集の設定」が表示されていない場合は、拡張編集プラグインが正しく導入できていません。

対処法
  • セキュリティソフトを停止させて導入し直す
  • 削除されたファイルを復元する
    ※「セキュリティソフト名 復元方法」などで検索してください。
  • ウィンドウの位置を初期化する
  • 「aviutl.ini」を書き換える

関連 拡張編集が表示されないときの対処法

「AviUtl本体と拡張編集プラグインの導入方法」はこれで以上です。

お読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました