「たのまな」で Adobe CC と通信講座をお得に購入!(6月30日まで)

【Filmora】アニメーション(プリセット・キーフレーム)の使い方

Filmora アニメーション・キーフレームの使い方(素材を動かす方法)

動画編集ソフト「Filmora Xフィモーラ10」の、アニメーション(プリセット・キーフレーム)の使い方を解説します。

Filmoraに内蔵されている「アニメーションプリセット」を使えば、フェードやズームなど汎用性の高いアニメーションを、動画や画像に加えることができます。

「キーフレーム」を使って、アニメーションのタイミングなどを自由自在にカスタマイズすることもできます。

キーフレームは初心者の方にとっては少し難しいかもしれませんが、使えるようになると編集の幅がグッと広がりますので、頑張ってマスターすることをオススメします。

では「Filmora Xのアニメーションの使い方」を解説していきます。

よろしくお願いします。

プリセット

「プリセット」の編集画面を開きましょう。

Filmora アニメーション プリセット

クリップをダブルクリック「アニメーション」「プリセット」から、Filmoraに内蔵されているアニメーション素材を使用できます。

Filmora アニメーションプリセット モーションプリセット

プリセットには「アニメーションプリセット」「モーションプリセット(レガシー)」があります。

項目にマウスカーソルを合わせると、どういう動きなのかを確認できます。

アニメーションプリセット

アニメーションプリセットをクリップに適応させましょう。

Filmora アニメーションプリセット

「アニメーションプリセット」の素材を、クリップ上にドラッグ&ドロップします。

Filmora アニメーションプリセット

この区間にアニメーションが適応されます。

Filmora アニメーションプリセット

「クリップを選択」→「項目をダブルクリック」という手順で適応させることもできます。

Filmora アニメーションプリセット

こちらを左右にドラッグして、アニメーションのタイミングを調整できます。

アニメーションプリセットの種類

Filmora アニメーションプリセット フェードイン

フェードイン

Filmora アニメーションプリセット フェードアウト

フェードアウト

Filmora アニメーションプリセット 一時停止

一時停止

Filmora アニメーションプリセット 右に移動

右に移動

Filmora アニメーションプリセット 上に移動

上に移動

Filmora アニメーションプリセット 渦巻きイン

渦巻きイン

Filmora アニメーションプリセット 渦巻きアウト

渦巻きアウト

Filmora アニメーションプリセット ズームイン

ズームイン

Filmora アニメーションプリセット ズームアウト

ズームアウト

現在、アニメーションプリセットは9種類だけです。今後のアップデートで追加されるかもしれません。

モーションプリセット(レガシー)

モーションプリセットをクリップに適応させましょう。

Filmora モーションプリセット(レガシー)

「クリップを選択」→「項目をダブルクリック」すると、モーションプリセットが適応されます。

Filmora モーションプリセット(レガシー)

「アニメーションなし」をダブルクリックすると、アニメーションがリセットされます。

クリップを短くすると、アニメーションが速くなります。

クリップを長くすると、アニメーションが遅くなります。

モーションプリセットの種類(一例)

Filmora モーションプリセット ブーム!

ブーム!

Filmora モーションプリセット バウンスズームイン1

バウンスズームイン1

Filmora モーションプリセット バウンスズームイン2

バウンスズームイン2

Filmora モーションプリセット バウンスズームアウト1

バウンスズームアウト1

Filmora モーションプリセット 時計回りに回転ズームイン1

時計回りに回転ズームイン1

Filmora モーションプリセット 時計回りに回転ズームイン2

時計回りに回転ズームイン2

Filmora モーションプリセット 時計回りに回転

時計回りに回転

Filmora モーションプリセット 反時計回りに回転

反時計回りに回転

Filmora モーションプリセット ダウン1

ダウン1

Filmora モーションプリセット ダウン2

ダウン2

カスタマイズ(キーフレーム)

「カスタマイズ」の編集画面を開きましょう。

Filmora アニメーション キーフレーム

クリップをダブルクリック「アニメーション」「カスタマイズ」からキーフレームを追加して、動きを自由に設定できます。

Filmora アニメーション キーフレーム

例として、こういう動画を作ってみます。

キーフレームを追加・設定

Filmora キーフレームを追加・設定
  1. 「ここから動きを開始させたい」という位置に再生ヘッドを合わせます。
  2. 「追加」をクリックします。
  3. 開始位置の数値を設定します。
    ※回転・スケール・ポジションはプレビューウィンドウでも設定できます。
Filmora キーフレームを追加・設定
  1. 「ここで動きを停止させたい」という位置に再生ヘッドを合わせます。
  2. 「追加」をクリックします。
  3. 停止位置の数値を設定します。
    ※回転・スケール・ポジションはプレビューウィンドウでも設定できます。

再生ヘッドを合わせて数値を変更すれば、「追加」を押さなくても自動的にキーフレームが追加されます。

ただ、慣れるまでは手作業で追加したほうがわかりやすいかもしれません。

ショートカットキー

Alt + K = キーフレームを追加

このように、キーフレームを追加した区間に動きを加えることができます。

Filmora キーフレームを追加・設定

キーフレームを左右にドラッグして、アニメーションのタイミングを調整できます。

キーフレームを削除

Filmora キーフレームを削除

|< >| でキーフレームを選択して「削除」をクリックすると、選択したキーフレームが削除されます。

Filmora キーフレームを削除

「リセット」をクリックすると、クリップ上のすべてのキーフレームが削除されます。

Filmora キーフレームを削除

クリップのキーフレームを右クリックして削除することもできます。

「Filmora Xのアニメーションの使い方」はこれで以上です。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました