【AviUtl】シーンチェンジの使い方

AviUtl シーンチェンジの使い方

無料で使えて多機能な動画編集ソフト「AviUtl」

場面を切り替えるときに演出を加えることのできる、シーンチェンジの使い方を、パソコン初心者の方でも分かるように解説します。

↓動画で見たい方は下のYouTube動画をご覧ください。

【AviUtlの使い方】シーンチェンジの使い方・種類

シーンチェンジする方法

シーンチェンジオブジェクトを追加

AviUtl シーンチェンジオブジェクトを追加1

タイムライン上で右クリック。
「フィルタオブジェクトの追加」「シーンチェンジ」をクリック。

AviUtl シーンチェンジオブジェクトを追加2

シーンチェンジのオブジェクトが追加されました。

シーンチェンジオブジェクトを配置

AviUtl シーンチェンジオブジェクトを配置1

場面を切り替えたいところに、シーンチェンジのオブジェクトを配置します。

AviUtl シーンチェンジオブジェクトを配置2
そうすることで、オブジェクトの最初から終わりの間に、シーンチェンジの効果を加えることができます。
シーンチェンジが適応されるのは、シーンチェンジより上にあるオブジェクトだけです。

シーンチェンジの種類を変更

AviUtl シーンチェンジの種類を変更する
設定ダイアログの、左下をクリックしてシーンチェンジの種類を変更できます。

シーンチェンジの演出を反転

AviUtl シーンチェンジの演出を反転する

設定ダイアログの「反転」にチェックを入れると、シーンチェンジの演出が反転します。

シーンチェンジの種類によっては、反転しないものもあります。

シーンチェンジするときの注意点

正しくシーンチェンジされない原因

シーンチェンジが適応されるのは、シーンチェンジより上にあるオブジェクトだけです。

AviUtl 正しくシーンチェンジされない原因
シーンチェンジより下にあるオブジェクトには演出は加わりません。
AviUtl 正しくシーンチェンジされない原因
シーンチェンジの真横にあるオブジェクトにも演出は加わりません。

シーンチェンジ時に静止画になってしまう原因

静止画の場合は先ほどの説明通りにオブジェクトを置いても問題ありませんが、動画の場合は少し注意が必要です。

AviUtl シーンチェンジするときの注意点1
AviUtl シーンチェンジするときの注意点2

例として、上の犬と猫の動画の間にシーンチェンジを加えてみます。

AviUtl シーンチェンジするときの注意点3

シーンチェンジする所が、犬の動画の最終フレームです。

再生させてみます。

AviUtl シーンチェンジするときの注意点4

↑このように、犬の動画の最終フレームが静止画となってシーンチェンジされてしまいます。

あまり気にならないかもしれませんが、シーンチェンジの時間が長い場合はけっこう不自然な映像になってしまいます。

シーンチェンジ時に静止画になってしまうときの対処法

AviUtl シーンチェンジ時に静止画になってしまうときの対処法1

オブジェクトを重ねて配置します。

AviUtl シーンチェンジ時に静止画になってしまうときの対処法2

自然にシーンチェンジされるようになります。

AviUtl シーンチェンジ時に静止画になってしまうときの対処法3

後ろの部分をカットして、同じレイヤーに配置しても構いません。

関連 カット編集のやり方

「AviUtlでシーンチェンジする方法」はこれで以上です。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント