【AviUtl】シーンチェンジ(トランジション)の使い方

AviUtl シーンチェンジ(トランジション)の使い方

無料動画編集ソフト「AviUtl」の、シーンチェンジの使い方を解説します。

\ 動画で見たい方はこちら /

シーンチェンジを使うと、シーンが切り替わる所に演出を加えることができます。

他の動画編集ソフトでは「トランジション」という言い方をすることが多いです。

AviUtlには32種類のシーンチェンジ素材が内蔵されています。シンプルで汎用性の高い「クロスフェード」や「フェードアウトイン」はもちろん、「放射ブラー」などのオシャレなシーンチェンジ素材もあります。

では「AviUtlのシーンチェンジの使い方」を解説していきます。

よろしくお願いします。

シーンチェンジを追加する方法

タイムライン上で右クリック「フィルタオブジェクトの追加」「シーンチェンジ」をクリックします。

AviUtl シーンチェンジを追加する方法

「シーンチェンジ」の上にあるすべてのオブジェクトに効果が適用されます。

シーンチェンジの途中で静止画になるときの対処法

動画の最終フレームより後ろにシーンチェンジオブジェクトを配置すると、静止画になってシーンチェンジされてしまいます。

例して、上の2つの動画をシーンチェンジさせてみます。

AviUtl シーンチェンジの途中で静止画になるときの対処法

Aの動画の最終フレームに、シーンチェンジオブジェクトを配置します。

このように、Aの動画の最終フレームが静止画となってシーンチェンジされます。

AviUtl シーンチェンジの途中で静止画になるときの対処法

シーンチェンジオブジェクトの長さと同じだけ、Aのオブジェクトをカットすれば、静止画にならずにシーンチェンジされるようになります。

関連 カット編集のやり方

シーンチェンジの編集方法

種類を変更

AviUtl シーンチェンジの種類を変更

設定ダイアログの左下をクリックして、シーンチェンジの種類を変更できます。
シーンチェンジの種類

効果のかかり方

AviUtl シーンチェンジの効果のかかり方

設定ダイアログの数値を変更して、効果のかかり方を調整できます。

フェードアウトイン(数値:0)

フェードアウトイン(数値:256)

シーンチェンジの種類によっては、調整できないものもあります。

演出を反転

AviUtl シーンチェンジの演出を反転

「反転」にチェックを入れると、シーンチェンジの演出が反転します。

ワイプ 円(通常)

ワイプ 円(反転)

シーンチェンジの種類によっては、反転しないものもあります。

シーンチェンジの種類

シーンチェンジの種類をいくつか紹介します。

クロスフェード

フワッとシーンが切り替わります。

キューブ回転(横)

立方体が回転するようにシーンが切り替わります。

フェードアウトイン

暗くなって(暗転)シーンが切り替わります。

放射ブラー

放射状にぼやけてシーンが切り替わります。

発光

光を放ってシーンが切り替わります。

\ さらに詳しく /

「AviUtlのシーンチェンジの使い方」は以上です。

ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました