【AviUtl】カット編集のやり方(分割・削除・結合)

AviUtl カット編集のやり方(分割・削除・結合)

無料で使えて多機能な動画編集ソフト「AviUtl」

動画の不要な部分を分割・削除して、必要な部分のみを結合するときに使う、「カット編集」のやり方を、パソコン初心者の方でも分かるように解説します。

↓動画で見たい方は下のYouTube動画をご覧ください。

スポンサーリンク

設定

カット編集するうえで、やっておいたほうがいい設定を行いましょう。

AviUtl カット編集の設定1

タイムライン上で右クリックして、「環境設定」をクリック。

AviUtl カット編集の設定2
「D&D読み込み時に複数オブジェクトをグループ化」
「中間点追加・分割を常に現在フレームで行う」
「分割時にグループを別々にする」
この3つにチェックを入れて、「OK」をクリック。

カット編集のやり方

AviUtl カット編集のやり方1

まず、編集したい動画をタイムラインにドラッグ&ドロップして読み込みます。

AviUtl カット編集のやり方2

このとき、動画オブジェクトと音声オブジェクトは、グループ化された状態になっています。

グループ化された状態では編集しにくいという場合は、最初に行った設定の「D&D読み込み時に複数オブジェクトをグループ化」のチェックを外してください。

AviUtl カット編集のやり方3

↑この部分をカットしてみます。

AviUtl カット編集のやり方4

まず、カットしたい最初の部分にフレームを合わせます。

AviUtl カット編集のやり方5

オブジェクトを右クリックして「分割」をクリック。

AviUtl カット編集のやり方6

カットしたい最後の部分にフレームを合わせます。

AviUtl カット編集のやり方7

オブジェクトを右クリックして「分割」をクリック。

AviUtl カット編集のやり方8

不要な部分のオブジェクトを右クリックして「削除」をクリック。

AviUtl カット編集のやり方9

右側のオブジェクトをドラッグして、空白の部分を埋めます。

カット編集を行うことができました。

AviUtl カット編集のやり方10

このままでは、動画の後ろの部分に空白ができてしまいます。編集が終了してエンコードする前に、最終フレームの設定も行いましょう。

関連 エンコードする範囲を選択

ショートカットキーを使う

ショートカットキー S を使ってカット編集することもできます。

AviUtl カット編集のショートカットキー1

カットしたい最初の部分にフレームを合わせます。

AviUtl カット編集のショートカットキー2

カットしたいオブジェクトを選択して、キーボードの S を押すとオブジェクトが分割されます。

「右クリック→分割」では動画オブジェクトと音声オブジェクトが同時にカットされていましたが、ショートカットキーを使う場合は、選択したオブジェクトしかカットされません。
複数のオブジェクトをカットしたい場合は、「右クリック→分割」のほうが作業効率がいいかもしれません。

「右クリック→分割」ではカットしてもオブジェクトがグループ化された状態でしたが、ショートカットキーを使うとグループ化が解除されてしまいます。

AviUtl カット編集のショートカットキー3

再びグループ化したい場合は、オブジェクトを選択して右クリック。
「グループ化」をクリックすると、オブジェクトがグループ化されます。

AviUtl カット編集のショートカットキー4
最初に行った設定の「分割時にグループを別々にする」のチェックを外せば、ショートカットキーを使ってもグループ化は解除されません。

注意点と対処法

正しい位置でカットできない

AviUtl カット編集の注意点と対処法1
最初に行った設定の「中間点追加・分割を常に現在フレームで行う」にチェックを入れておかないと、フレームの位置でカットすることができません。

試しに、チェックを入れずにカット編集してみます。

AviUtl カット編集の注意点と対処法2

ここにフレームを合わせます。

AviUtl カット編集の注意点と対処法3

ここで右クリックして「分割」をクリックします。

AviUtl カット編集の注意点と対処法4

このように右クリックした位置でカットされてしまいます。

このほうが編集しやすいという場合は、設定のチェックを外しておきましょう。

ショートカットキーを使う場合は、チェックが入っていてもいなくても、フレームの位置でカットされます。

カットした位置がずれる

AviUtl カット編集の注意点と対処法5

不要な部分をカットしたあとにオブジェクトの端をドラッグしてしまうと、カットした位置がずれてしまいます。

オブジェクトを移動させるときは、オブジェクトの真ん中あたりをドラッグするようにしましょう。

AviUtl カット編集の注意点と対処法6

2つのオブジェクトをくっつけたあとにオブジェクトの間をドラッグしても、カットした部分がずれてしまいます。

AviUtl カット編集の注意点と対処法7
環境設定の「オブジェクトの端をつまむ時に隣接するオブジェクトも選択」のチェックを外しておけば、間違ってオブジェクトの端をドラッグしても、下の動画のように元に戻せばカットした位置はずれません。

AviUtl カット編集の注意点と対処法8

映像や音声が出なくなる

カット編集をすると、映像や音声が出なくなるということがあるようです。

AviUtl 映像や音声が出なくなる

カットする前に、音声オブジェクトを選択して「動画ファイルと連携」のチェックを外すと解決するかもしれません。

「AviUtlでカット編集する方法」はこれで以上です。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました