【AviUtl】設定方法

AviUtl 設定方法

無料で多機能な動画編集ソフト「AviUtl」

快適に編集するための「設定方法」を解説します。

\ 動画で見たい方はこちら /

システムの設定

AviUtl システムの設定

「ファイル」「環境設定」「システムの設定」をクリックすると設定画面が開きます。

最大画像サイズ

デフォルトの設定では、1920×1080以上の動画や画像は読み込めません。

AviUtl 最大画像サイズ

「最大画像サイズ」の幅と高さの数値を上げれば、大きいサイズの動画や画像も読み込めるようになります。

「OK」をクリックして、AviUtlを再起動させると設定が反映されます。

最大フレーム数

デフォルトの設定では、320000フレーム以上の動画は編集できません。

320000フレームって何時間?

30fps(フレームレート30)の場合 = 約3時間

60fps(フレームレート60)の場合 = 約1時間30分

AviUtl 最大フレーム数

「最大フレーム数」の数値を上げれば、長時間の動画も編集できるようになります。

「OK」をクリックして、AviUtlを再起動させると設定が反映されます。

再生ウィンドウの動画再生をメインウィンドウに表示する

AviUtl 再生ウィンドウの動画再生をメインウィンドウに表示する

デフォルトの設定では、編集中の動画を再生させたとき、再生専用のウィンドウが開きます。

AviUtl 再生ウィンドウの動画再生をメインウィンドウに表示する

「再生ウィンドウの動画再生をメインウィンドウに表示する」にチェックを入れます。

AviUtl 再生ウィンドウの動画再生をメインウィンドウに表示する

メインウィンドウで再生できるようになります。

任意フレーム数移動

デフォルトの設定では、PgUp PgDn で、5フレームずつ移動できます。

AviUtl 任意フレーム数移動

「任意フレーム数移動」から、移動するフレーム数を変更できます。

関連 任意フレーム数移動の設定方法

編集ファイルが閉じられる時に確認ダイアログを表示する

デフォルトの設定では、編集プロジェクトを閉じるときやAviUtlを終了するとき、確認などは表示されません。

AviUtl 編集ファイルが閉じられる時に確認ダイアログを表示する

「編集ファイルが閉じられる時に確認ダイアログを表示する」にチェックを入れます。

AviUtl 編集ファイルが閉じられる時に確認ダイアログを表示する

編集プロジェクトを閉じるときやAviUtlを終了するときに、「現在の編集データは破棄されますがよろしいですか?」という確認が表示されるようになります。

この確認は、ファイルを保存した直後でも表示されます。

関連ウィンドウ同士を移動時にスナップする

デフォルトの設定では、「メインウィンドウ」「タイムライン」「設定ダイアログ」は、個別に動くようになっています。

AviUtl 関連ウィンドウ同士を移動時にスナップする

「関連ウィンドウ同士を移動時にスナップする」にチェックを入れます。

AviUtl 関連ウィンドウ同士を移動時にスナップする

3つのウィンドウを同時に動かせるようになります。

タイムラインと設定ダイアログは個別に動かせます。

キャッシュフレーム数

この設定は、aviutl100以下のバージョンをお使いの場合にのみ必要な設定です。

キャッシュフレーム数を変更することで、AviUtlの動作を軽くできます。

AviUtl キャッシュフレーム数

「キャッシュフレーム数」の数値を変更します。

3~128の範囲で設定できますが、数値を上げすぎても下げすぎても動作が重くなる場合があります。

8~40あたりで、一番サクサク動く数値を探してみるといいでしょう。

「OK」をクリックして、AviUtlを再起動させると設定が反映されます。

Large Address Awareを有効にする

この設定は、aviutl100以下のバージョンをお使いの場合にのみ必要な設定です。

デフォルトの設定では、2GBまでしかメモリを使用できません。

「LargeAddressAware」を有効にすることで、4GBまで使用できるようになります。

この設定に関しては、管理者として実行する必要があります。

AviUtl LargeAddressAwareを有効にする

AviUtlのアプリを右クリックして、「管理者として実行」をクリック。

AviUtl LargeAddressAwareを有効にする

「LargeAddressAwareを有効にする」にチェックを入れます。

「OK」をクリックして、AviUtlを再起動させると設定が反映されます。

拡張編集の環境設定

AviUtl 拡張編集の環境設定

タイムライン上で右クリック「環境設定」をクリックすると設定画面が開きます。

レイヤーの幅

AviUtl レイヤーの幅

デフォルトの設定では、レイヤーの幅は大きく設定されています。

AviUtl レイヤーの幅

「レイヤーの幅」から変更できます。

関連 レイヤーとは

再生ウィンドウで再生した時にカーソルを連動

AviUtl 再生ウィンドウで再生した時にカーソルを連動

デフォルトの設定では、スペースキー で動画を再生・停止したとき、再生させた位置にカーソルが戻るようになっています。

AviUtl 再生ウィンドウで再生した時にカーソルを連動

「再生ウィンドウで再生した時にカーソルを連動」にチェックを入れます。

AviUtl 再生ウィンドウで再生した時にカーソルを連動

動画を停止した位置に、カーソルが移動するようになります。

中間点追加・分割を常に現在フレームで行う

AviUtl 中間点追加・分割を常に現在フレームで行う

デフォルトの設定では、右クリックした位置で「中間点を追加」「分割」されるようになっています。

AviUtl 中間点追加・分割を常に現在フレームで行う

「中間点追加・分割を常に現在フレームで行う」にチェックを入れます。

AviUtl 中間点追加・分割を常に現在フレームで行う

フレームの位置で「中間点を追加」「分割」されるようになります。

関連 カット編集

関連 中間点の使い方

オブジェクトの端をつまむ時に隣接するオブジェクトを選択

AviUtl オブジェクトの端をつまむ時に隣接するオブジェクトを選択

デフォルトの設定では、オブジェクトの端をドラッグして長さを変更すると、隣のオブジェクトも同時に変更されます。

AviUtl オブジェクトの端をつまむ時に隣接するオブジェクトを選択

「オブジェクトの端をつまむ時に隣接するオブジェクトを選択」のチェックを外します。

AviUtl オブジェクトの端をつまむ時に隣接するオブジェクトを選択

選択したオブジェクトだけが変更されるようになります。

バックアップ

動画編集を始めると、AviUtlフォルダの中に「backup」というフォルダが自動的に作られます。

backupフォルダの中に入っているファイルを、タイムラインにドラッグ&ドロップすれば、編集プロジェクトを復元できます。

デフォルトの設定では、5分間に1回バックアップファイルが作成され、最大10個のファイルが保存されます

AviUtl バックアップ

こちらから、バックアップを取る間隔、保存するバックアップファイルの最大数を変更できます。

「自動バックアップを有効」のチェックを外すと、バックアップファイルは作成されなくなります。

メインウィンドウの表示設定

表示をウィンドウサイズに

AviUtl 表示をウィンドウサイズに

デフォルトの設定では、プロジェクトを作成したとき、メインウィンドウがプロジェクトのサイズに変更されます。

AviUtl 表示をウィンドウサイズに

「表示」「拡大表示」「Window Size」をクリック。

AviUtl 表示をウィンドウサイズに

プロジェクトのサイズに関係なく、メインウィンドウのサイズに合わせて表示されるようになります。

オーディオ波形を非表示に

デフォルトの設定では、メインウィンドウにオーディオ波形が表示されています。 ですが、AviUtlは音を頼りに編集するのには向いていません。

AviUtl オーディオ波形を非表示に

「表示」「オーディオ波形を表示」をクリックすると、オーディオ波形を非表示にできます。

オーディオ波形を非表示にするときの注意点

システム設定で「再生ウィンドウの動画再生をメインウィンドウに表示する」にチェックを入れている場合は、メインウィンドウに音量調節のメモリが表示されます。

AviUtl オーディオ波形を非表示にするときの注意点

オーディオ波形を非表示にすると、こちらのメモリも非表示になります。

オーディオ波形を非表示にする場合は、あらかじめ音量を調整しておくことをおすすめします。

「AviUtlの設定方法」はこれで以上です。

お読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました