【AviUtl】ショートカットキーの設定方法

AviUtl ショートカットキーの設定方法

無料動画編集ソフト「AviUtl」の、ショートカットキーの設定方法を解説します。

\ 動画で見たい方はこちら /

AviUtlには、さまざまなショートカットキーが存在しています。

ショートカットキーを使えば、編集スピードを格段に上げることができます。

デフォルトで設定されているショートカットキーを、自分好みに変更することもできます。

では「AviUtlのショートカットキーの設定方法」を解説していきます。

よろしくお願いします。

ショートカットキーの設定画面を開く

ショートカットキーの設定画面を開きましょう。

AviUtl ショートカットキーの設定画面を開く

「ファイル」「環境設定」「ショートカットキーの設定」をクリックします。

AviUtl ショートカットキーの設定画面を開く

こちらから、ショートカットキーの設定を行えます。

ショートカットキーを登録・削除・標準に戻す

登録

AviUtl ショートカットキーの登録
  1. 設定したい項目を選択します。
  2. 割り当てたいキーを選択します。
  3. 「OK」をクリックします。

他の項目と同じキーを登録することはできません。

削除

AviUtl ショートカットキーの削除
  1. 削除したい項目を選択します。
  2. 「なし」を選択します。
  3. 「OK」をクリックします。

標準に戻す(デフォルトの状態に戻す)

AviUtl 標準に戻す(デフォルトの状態に戻す)

「標準に戻す」をクリックすると、デフォルトの状態に戻ります。

任意フレーム数移動の設定方法

「任意フレーム数移動」を使うと、設定したショートカットキーで、設定したフレーム数を移動できるようになります。

AviUtl 任意フレーム数移動の設定方法

デフォルトでは、PgUp PgDn で5フレームずつ移動するように設定されています。

「任意フレーム数移動」に関しては、ショートカットキーとは別に、移動するフレーム数も設定する必要があります。

移動するフレーム数の設定方法

AviUtl 任意フレーム数移動の設定方法

「ファイル」「環境設定」「システムの設定」をクリックします。

AviUtl 任意フレーム数移動の設定方法

移動するフレーム数を入力して「OK」をクリックします。
※4パターン設定できます。

設定例

【フレームレート30の場合】

A =15(0.5秒)

B =30(1秒)

C =300(10秒)

D =1800(1分)

【フレームレート60の場合】

A =30(0.5秒)

B =60(1秒)

C =600(10秒)

D =3600(1分)

ショートカットキーの設定方法

AviUtl 任意フレーム数移動の設定方法

ショートカットキーの設定画面を開きましょう。

AviUtl 任意フレーム数移動の設定方法

下ほうにスクロールすると、「任意フレーム数移動」の項目があります。

設定例

任意フレーム数次移動A = PD

任意フレーム数前移動A = PU

任意フレーム数次移動B = Ctrl + PD

任意フレーム数前移動B = Ctrl + PU

任意フレーム数次移動C = Alt + PD

任意フレーム数前移動C = Alt + PU

任意フレーム数次移動D = Ctrl + Alt + PD

任意フレーム数前移動D = Ctrl + Alt + PU

Shift を使う場合は、システムの設定の「フレーム移動時にSHIFTキーを押している時は範囲選択移動にする」を無効にすることをおすすめします。

絶対に覚えておくべきショートカットキー

使用頻度の高い、「絶対に覚えておくべきショートカットキー」を紹介します。

項目ショートカットキー
1フレームずつ移動
再生・停止スペース
元に戻すCtrl + Z
オブジェクトを削除Delete
オブジェクトをコピーCtrl + C
オブジェクトを貼り付けCtrl + V
オブジェクトを真下に複製Ctrl + D
オブジェクトを分割S
中間点を追加P

1フレームずつ移動

AviUtl ショートカットキー 1フレームずつ移動

方向キーの で、1フレームずつ移動できます。

再生・停止

AviUtl ショートカットキー 再生・停止

スペース で、編集中の動画を再生・停止できます。

再生ウィンドウで再生した時にカーソルを連動」の設定を有効にすると、停止した位置にカーソルが移動するようになります。

元に戻す

AviUtl ショートカットキー 元に戻す

Ctrl + Z で、編集作業をひとつ前の状態に戻せます。

デフォルトの状態では、元に戻したのを「やり直す」機能はありません。

Redoプラグイン」を導入すると、やり直せるようになります。

オブジェクトを削除

AviUtl ショートカットキー オブジェクトを削除

Delete で、選択しているオブジェクトを削除できます。

オブジェクトを複製

真横に複製

AviUtl ショートカットキー オブジェクトを真横に複製

Ctrl + CCtrl + V で、オブジェクトを真横に複製できます。

コピー後にタイムライン上をクリックして貼り付けすると、クリックした位置に複製されます。

真下に複製

AviUtl ショートカットキー オブジェクトを真下に複製

Ctrl + D で、オブジェクトを真下に複製できます。

オブジェクトを分割

AviUtl ショートカットキー オオブジェクトを分割

S で、フレームの位置でオブジェクトを分割できます。

関連 カット編集のやり方

中間点を追加

AviUtl ショートカットキー 中間点を追加

P で、フレームの位置に中間点を追加できます。

関連 中間点の使い方

中間点をよく使う場合は、左手で押しやすいキーに変更しておくと便利です。
※個人的には「W」がおすすめです。

\ さらに詳しく /

ショートカットキーの項目を増やす方法

AviUtl ショートカットキーの項目を増やす方法

「ショートカット追加」というプラグインを導入すれば、ショートカットキーの項目を増やすことができます。

\ 詳しくはこちら /

「AviUtlのショートカットキーの設定方法」は以上です。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました