【AviUtl】ショートカットキーの項目を増やす方法

AviUtl ショートカットキーの項目を増やす方法

無料で使えて多機能な動画編集ソフト「AviUtl」

「ショートカット追加」というプラグインを使って、ショートカットキーの項目を増やす方法と、登録しておくと便利なショートカットキーを、パソコン初心者の方でも分かるように解説します。

↓動画で見たい方は下のYouTube動画をご覧ください。

プラグイン製作者(yuさん)

スポンサーリンク

プラグインの導入方法

ダウンロード

ダウンロードサイトへ行きます。

AviUtl ショートカット追加 ダウンロード

「メモリ参照」「ショートカット追加」の2つをクリックしてダウンロードします。

ダウンロードした圧縮フォルダを展開させます。

関連 圧縮フォルダを展開させる方法

インストール

AviUtl ショートカット追加 インストール

展開させたフォルダ内の「auls_addshortcut.auf」「auls_memref.auf」を、AviUtlの「Plugins」のフォルダ内へ移動させます。

これでプラグインの導入は完了です。

ショートカットキーを登録

AviUtl ショートカット追加 ショートカットキーを登録
本体ウィンドウの、「ファイル」「環境設定」「ショートカットキーの設定」をクリック。

AviUtl ショートカット追加 ショートカットキーを登録

「追加ショートカット」と書かれた項目が、プラグインによって追加されたものです。

AviUtl ショートカット追加 ショートカットキーを登録

  1. 項目を選択
  2. 割り当てたいキーを選択
  3. 「OK」をクリック

こういう手順でショートカットキーを登録できます。

登録しておくと便利なショートカットキー

追加された項目の中から、登録しておくと便利なショートカットキーをいくつか紹介します。

オブジェクトを選択

AviUtl ショートカット追加 オブジェクトを選択
デフォルトでは、Ctrl + 右クリック→「オブジェクト選択」から、複数のオブジェクトを選択することができます。

関連 オブジェクトの選択

AviUtl ショートカット追加 オブジェクトを選択

↑こちらから、オブジェクトの選択に関するショートカットキーを登録できます。

ちなみに私は以下のように設定しています。

全てのオブジェクトを選択=Ctrl + W
カーソル以降に開始するオブジェクトを選択=Ctrl + E
カーソル以前に終了するオブジェクトを選択=Ctrl + Q

AviUtl ショートカット追加 オブジェクトを選択

このように、ショートカットキーでオブジェクトを選択できるようになります。

選択オブジェクトをすべて分割

AviUtl ショートカット追加 選択オブジェクトをすべて分割

デフォルトでは S でオブジェクトを分割できますが、複数のオブジェクトを選択して S を押しても、ひとつのオブジェクトしか分割されません。

AviUtl ショートカット追加 選択オブジェクトをすべて分割

↑こちらのショートカットキーを登録すると、選択したオブジェクトをすべて分割できるようになります。

ちなみに私は、Ctrl + S に設定しています。

AviUtl ショートカット追加 選択オブジェクトをすべて分割

このように、選択したオブジェクトをショートカットキーですべて分割できるようになります。

グループ化・グループ解除

AviUtl ショートカット追加 グループ化・グループ解除

デフォルトでは、複数のオブジェクトを選択した状態で右クリックして、「グループ化」で複数のオブジェクトをひとつのグループにでき、「グループ解除」で元に戻せます。

関連 グループ化

AviUtl ショートカット追加 グループ化・グループ解除

↑こちらから、「グループ化」「グループ解除」のショートカットキーを登録できます。

ちなみに私は以下のように設定しています。

グループ化=Ctrl + G
グループ解除=Shift + Ctrl + G

AviUtl ショートカット追加 グループ化・グループ解除

このように、ショートカットキーで「グループ化」「グループ解除」をできるようになります。

操作対象フィルタの有効/無効切り替え

AviUtl ショートカット追加 操作対象フィルタの有効/無効切り替え

デフォルトでは、設定ダイアログの右上のクリックして、オブジェクトの有効無効を切り替えられます。

重たいオブジェクトを無効にすることで、AviUtlの動作を軽くできます。

AviUtl ショートカット追加 操作対象フィルタの有効/無効切り替え

↑こちらから、オブジェクトの有効無効を切り替えるショートカットキーを登録できます。

ちなみに私は、Backspace に設定しています。

AviUtl ショートカット追加 操作対象フィルタの有効/無効切り替え

このように、ショートカットキーでオブジェクトの有効無効を切り替えられるようになります。

「ショートカットキーの項目を増やす方法」はこれで以上です。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました