【AviUtl】作業効率が向上するタイムラインの操作

AviUtl 作業効率が向上するタイムラインの操作

無料で使えて多機能な動画編集ソフト「AviUtl」

快適に動画編集を進めるために必要な、作業効率が向上するタイムラインの操作やテクニックを、パソコン初心者の方でも分かるように解説します。

↓動画で見たい方は下のYouTube動画をご覧ください。

「複数のオブジェクトを選択・変更する方法」は下の記事で解説しています。

【AviUtl】複数のオブジェクトを選択・変更する方法
無料で使えて多機能な動画編集ソフト「AviUtl」 タイムライン上にある複数のオブジェクトを選択したり、同時にまとめて変更したりする方法を、パソコン初心者の方でも分かるように画像や動画で解説します。
スポンサーリンク

タイムラインをスクロール

AviUtl タイムラインをスクロール

こちらのバーをドラッグしてスクロールすることもできますが、マウスホイールを使ったほうが効率がいいです。

横にスクロール

AviUtl タイムラインをスクロール

普通にマウスホイールを回すと、横にスクロールします。

縦にスクロール

AviUtl タイムラインをスクロール

Alt を押しながらマウスホイールを回すと、縦にスクロールします。

Alt+ドラッグでスクロール

AviUtl タイムラインをスクロール

Alt を押しながら上下左右にドラッグしてスクロールすることもできます。

グループ化

複数のオブジェクトを選択してドラッグすれば、オブジェクトを同時に動かすことができますが、その間ずっと Ctrl を押しておかなければいけません。

関連 複数のオブジェクトを選択する方法

「グループ化」すれば、普通にドラッグして複数のオブジェクトを動かせるようになります。

グループ化する方法

AviUtl グループ化

複数のオブジェクトを選択して右クリック。
「グループ化」をクリックすれば、オブジェクトがグループ化されます。

AviUtl グループ化

オブジェクトの端が同じ位置にある場合は、同時にオブジェクトの長さを変更できます。

AviUtl グループ化

中間点が同じ位置にある場合は、同時に動かすことができます。

グループ化を解除

AviUtl グループ化

オブジェクトを右クリックして、「グループ解除」をクリックすれば、グループ化が解除されます。

空フレームの挿入

AviUtl 空フレームの挿入

タイムライン上で右クリックして、「空フレームの挿入」をクリック。

AviUtl 空フレームの挿入

こちらに秒数、もしくはフレーム数を入力して「OK」をクリックすると、現在フレームの右側にスペースを挿入することができます。

レイヤーのロック

AviUtl レイヤーのロック

レイヤー名を右クリックして、「レイヤーのロック」をクリック。

AviUtl レイヤーのロック

すると、ロックしたレイヤー上にあるオブジェクトが動かなくなります。

レイヤーをロックすることで、誤ってオブジェクトを動かしたり、長さを変更したりすることを防げます。

AviUtl レイヤーのロック

複数のオブジェクトを選択する場合も、ロックしたレイヤー上のオブジェクトは選択できません。

空フレームを挿入した場合は、ロックしたレイヤー上のオブジェクトも動きます。

座標のリンク

AviUtl 座標のリンク

↑この3つのオブジェクトの座標は、どれも同じ数値になっています。

AviUtl 座標のリンク

レイヤー名を右クリックして、「座標のリンク」をクリック。

AviUtl 座標のリンク

この状態でオブジェクトの位置を変更すると、そのレイヤー上にある他のオブジェクトの位置も変更されます。

数値を直接入力した場合、座標のリンクは有効になりません。
座標のリンクで変更できるのは、XYZの数値だけです。
他の数値も同時に変更したい場合は、「複数のオブジェクトを選択して数値を変更する」というやり方のほうが効率がいいと思います。
関連 複数のオブジェクトを変更する方法

「作業効率が向上するタイムラインの操作」はこれで以上です。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました