【AviUtl】タイムラインの基本的な使い方

AviUtl タイムラインの使い方

無料で使えて多機能な動画編集ソフト「AviUtl」

AviUtlで動画編集をするうえで覚えておくべき、タイムラインの基本的な使い方を、パソコン初心者の方でも分かるように解説します。

↓動画で見たい方は下のYouTube動画をご覧ください。

スポンサーリンク

タイムラインを表示させる

タイムラインが表示されていない場合は、本体ウィンドウの「設定」「拡張編集の設定」にチェックが入っているか確認しましょう。

AviUtl タイムラインを表示させる1

チェックが入っていない場合は、そちらをクリックすれば表示されるようになります。

AviUtl タイムラインを表示させる2
チェックが入っているのにタイムラインが表示されていない場合は、「ファイル」「環境設定」「ウィンドウの位置を初期化」をクリックすれば表示されるようになります。

タイムラインの見かた(時間軸)

AviUtl タイムラインの見かた(時間軸)1

タイムラインの左端が動画の初めで、右端が動画の終わりです。

AviUtl タイムラインの見かた(時間軸)2

赤いバーのフレームが、本体ウィンドウに表示されます。

タイムライン上でクリックやドラッグしてバーを動かせます。

AviUtl タイムラインの見かた(時間軸)3

タイムラインの左上(青いメーター)をドラッグして、編集プロジェクトの表示を長くしたり短くしたりできます。

Ctrl を押しながらマウスホイールを回して変更することもできます。
タイムライン全体を見たいときは短くして、細かい編集を行いたいときは長くするといいでしょう。

オブジェクト

AviUtlで動画編集をするとき、動画・画像・音声などの素材をタイムラインに置いて編集していきます。

AviUtl オブジェクトとは

↑これらを「オブジェクト」といいます。

オブジェクトを追加する

オブジェクトを追加する方法は2通りあります。

タイムラインにドラッグ&ドロップ

AviUtl オブジェクトを追加する方法1

使用したいファイルを、タイムラインにドラッグ&ドロップすれば自動的に追加できます。

メディアオブジェクトの追加

AviUtl オブジェクトを追加する方法2

もしくはタイムライン上で右クリック。
「メディアオブジェクトの追加」からファイルの種類をクリック。

AviUtl オブジェクトを追加する方法3

設定ダイアログの「参照ファイル」をクリック。

AviUtl オブジェクトを追加する方法4

追加したいファイルを選択して、「開く」をクリックすればオブジェクトが追加されます。

ファイルが表示されない場合

AviUtl オブジェクトを追加する方法5

↑ファイルが表示されない場合は、こちらをクリック。

AviUtl オブジェクトを追加する方法6

「ALLFile」をクリックすると、全てのファイルが表示されるようになります。

オブジェクトの移動

AviUtl オブジェクトの移動・長さの変更1

オブジェクトはドラッグして動かすことができます。

AviUtl オブジェクトの移動・長さの変更2

Ctrl を押しながらクリックして、復数のオブジェクトを同時に動かすこともできます。

オブジェクトの長さを変更

AviUtl オブジェクトの移動・長さの変更3

オブジェクトの端をドラッグすると長さを変更できます。

AviUtl オブジェクトの移動・長さの変更4

もっと細かく長さを決めたい場合は、オブジェクトを右クリックして「長さの変更」をクリック。

AviUtl オブジェクトの移動・長さの変更5

↑こちらに秒数、もしくはフレーム数を入力して長さを変更できます。

オブジェクトの削除・元に戻す

AviUtl オブジェクトの削除・元に戻す1

オブジェクトを削除したい場合は、オブジェクトを右クリックして「削除」をクリック。

オブジェクトを左クリックで選択して、Delete でも削除できます。

AviUtl オブジェクトの削除・元に戻す2

間違えて削除してしまった場合は、タイムライン上で右クリックして「元に戻す」をクリックすれば、ひとつ前の状態に戻せます。

もう一度、同じように「元に戻す」をクリックすれば、ふたつ前の状態に戻せます。

CtrlZ のショートカットキーを使って戻すこともできます。
押すごとに、ひとつ前、ふたつ前と戻していくことができます。

レイヤー

レイヤーとは

レイヤーとは「階層」のことです。
「レイヤー1」のオブジェクトが一番奥に表示されて、レイヤーの数値が大きいほど手前に表示されます。

AviUtl レイヤーとは1

↑上の画像の場合、
一番奥(レイヤー1)に背景
その手前(レイヤー2)に犬小屋の画像
その手前(レイヤー3)に犬の画像
その手前(レイヤー4)にテキスト
が表示されています。

AviUtl レイヤーとは2

「背景」のオブジェクトを手前に移動させるとこうなります。背景が他のオブジェクトを覆い隠している状態です。

AviUtl レイヤーとは3

「犬小屋」の画像を手前に移動させるとこうなります。

画像やテキストが自分の思うように表示されないというときは、レイヤーの位置を変えてみると解決するかもしれません。

レイヤーの表示・非表示

AviUtl レイヤーの非表示

レイヤー名をクリックすると、そのレイヤーを非表示にできます。
もう一度クリックすると元に戻ります。

レイヤーの挿入

AviUtl レイヤーの挿入

レイヤー名を右クリックして「レイヤーの挿入」をクリックすると、空のレイヤーを挿入できます。

レイヤーの削除

AviUtl レイヤーの削除

レイヤー名を右クリックして「レイヤーの削除」をクリックすると、レイヤーを削除できます。

そのレイヤーにオブジェクトがある場合は、オブジェクトごと削除されます。

「タイムラインの基本的な使い方」はこれで以上です。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました