【AviUtl】タイムラインの使い方

AviUtl タイムラインの使い方

無料で多機能な動画編集ソフト「AviUtl」

タイムラインの使い方を解説します。

\ 動画で見たい方はこちら /

タイムラインを表示させる

AviUtl タイムラインを表示させる

タイムラインが表示されていない場合は、「設定」「拡張編集の設定」をクリック。

関連 拡張編集が表示されないときの対処法

タイムラインの役割

AviUtl タイムラインの役割

こちらがタイムラインです。

素材を並べて動画を編集していくのが、タイムラインの主な役割です。

タイムラインの見かた

AviUtl タイムラインの見かた 時間軸

タイムラインの左端が動画の始めで、右端が動画の終わりです。

AviUtl タイムラインの見かた 時間軸

カーソル(赤いバー)の上にある映像が、メインウィンドウに表示されます。

AviUtl タイムラインの見かた カーソルを移動させる

タイムライン上をクリックかドラッグして、カーソルを移動できます。

ショートカットキー

= 1フレームずつ移動

PgUp PgDn = 5フレームずつ移動
関連 任意フレーム数移動の設定方法

Home = 先頭のフレームに移動

End = 最後のフレームに移動

タイムラインの拡大・縮小

AviUtl タイムラインの拡大・縮小

左上の青いメーターをドラッグして、プロジェクトの表示を長くしたり短くしたりできます。
Ctrl を押しながらマウスホイールを回して拡大・縮小することもできます。

ショートカットキー

^ = タイムラインの拡大(長くする)

\ = タイムラインの縮小(短くする)

オブジェクト

AviUtlで動画編集をするとき、動画・画像・音声などの素材をタイムラインに置いて編集していきます。

AviUtl オブジェクト

これらを「オブジェクト」と言います。

オブジェクトを追加

AviUtl オブジェクトを追加

使用したい動画・画像・音声ファイルをタイムラインにドラッグ&ドロップすると、オブジェクトが追加されます。

関連 ファイルが読み込めないときの対処法

オブジェクトを削除

AviUtl オブジェクトを削除
  1. オブジェクトを右クリック
  2. 「削除」をクリック
ショートカットキー

オブジェクトを選択して Delete = 削除

オブジェクトの長さを変更

AviUtl オブジェクトの長さを変更

オブジェクトの端をドラッグすると、長さを変更できます。

数値を指定して長さを変更

数値を指定して長さを変更することもできます。

AviUtl オブジェクト 数値を指定して長さを変更

オブジェクトを右クリック「長さの変更」をクリック。

AviUtl オブジェクト 数値を指定して長さを変更

秒数かフレーム数を入力して「OK」をクリックすると、オブジェクトの長さが変更されます。

元に戻す

AviUtl 元に戻す

タイムライン上で右クリック「元に戻す」をクリックすると、ひとつ前の状態に戻せます。

ショートカットキー

Ctrl + Z = 元に戻す

レイヤー

レイヤーの見かた

「Layer 1(レイヤー1)」が奥に表示されて、数値が大きいほど手前に表示されます。

AviUtl レイヤーの見かた

上の画像の場合、
一番奥(レイヤー1)に背景
その手前(レイヤー2)に犬小屋の画像
その手前(レイヤー3)に犬の画像
その手前(レイヤー4)にテキスト
が表示されています。

レイヤーの挿入

AviUtl レイヤーの挿入

レイヤー名を右クリック「レイヤーの挿入」をクリックすると、空のレイヤーを追加できます。

レイヤーの削除

AviUtl レイヤーの削除

レイヤー名を右クリック「レイヤーの削除」をクリックすると、レイヤーを削除できます。

そのレイヤーにオブジェクトがある場合は、オブジェクトごと削除されます。

作業効率が上がる操作

下の記事で、作業効率が上がるタイムラインの操作を解説しています。

「タイムラインの使い方」はこれで以上です。

お読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました