【AviUtl】設定ダイアログの基本的な使い方

AviUtl 設定ダイアログの使い方

無料で使えて多機能な動画編集ソフト「AviUtl」

AviUtlで動画編集をするうえで覚えておくべき、設定ダイアログの基本的な使い方を、パソコン初心者の方でも分かるように解説します。

↓動画で見たい方は下のYouTube動画をご覧ください。

スポンサーリンク

設定ダイアログの役割

タイムラインに置いたオブジェクトの位置やサイズを変更したり、モザイクやアニメーションなどのエフェクト(フィルタ効果)をかけたいときに、「設定ダイアログ」を使います。

設定ダイアログを表示させる

AviUtl 設定ダイアログの役割

設定ダイアログが表示されていない場合は、オブジェクトをダブルクリックすれば表示されます。

位置やサイズを変更

編集したいオブジェクトをクリックして選択します。

AviUtl 位置やサイズの変更1

↑こちらのバーをドラッグして、位置やサイズを変更できます。

AviUtl 位置やサイズの変更2

↑赤枠の部分をクリックして、細かく設定することもできます。青枠の部分をクリックして、直接数値を入力することもできます。

数値の部分を左右にドラッグして変更することもできます。
Shift を押しながらドラッグすると、小数点以下の数値を微調整できます。

本体ウィンドウで位置やサイズを変更

AviUtl 位置やサイズの変更3

本体ウィンドウで、画像やテキストをドラッグして位置を変更することもできます。

Shift を押しながらドラッグすると、水平・垂直に移動できます。
Alt を押しながら上下にドラッグすると、拡大率を変更できます。
細かく位置を決めたいときは設定ダイアログ、感覚的に位置を決めたいときは本体ウィンドウ。そのように使い分けるといいでしょう。

拡張描写

もっと細かな編集を行いたい場合は、設定ダイアログの右上をクリックして、「拡張描写」をクリック。

AviUtl 位置やサイズの変更4

「縦横比」など、設定できる項目が増えます。

AviUtl 位置やサイズの変更5

「標準描写」をクリックすると元に戻ります。

エフェクト(フィルタ効果)

エフェクトを追加する

設定ダイアログ右上の をクリックして、さまざまなエフェクトを追加することができます。

AviUtl エフェクトを追加する1

上の動画の場合、モザイクのエフェクトが追加されています。

AviUtl エフェクトを追加する2

エフェクトに関しても、設定ダイアログの数値を変更することで、効果のかかり具合を細かく設定できます。

AviUtl エフェクトを追加する3

エフェクトを復数追加することもできます。

設定ダイアログの表示を折りたたむ

AviUtl 設定ダイアログの表示

設定ダイアログ左側の クリックすれば、表示を折りたたむことができます。
もう一度クリックすると元に戻ります。

エフェクトをアクティブ・非アクティブ

AviUtl エフェクトを非アクティブ

設定ダイアログ右側をクリックしてチェックを外すと、エフェクトを非アクティブにできます。

エフェクトを追加しすぎると、AviUtlの動作が重くなることがあります。そういうときに、エフェクトを非アクティブにすれば動作が軽くなります。
エフェクトを非アクティブにしたままでエンコードすると、エフェクトがかかっていない状態で出力されてしまいます。

エンコードする前にもう一度クリックしてチェックを入れて、エフェクトをアクティブにしておきましょう。

エフェクトの削除

AviUtl エフェクトの削除

エフェクトを削除したい場合は、右クリックして「フィルタ効果の削除」をクリック。

エフェクトの移動

エフェクトは上にあるものから順番に適応されていきます。

AviUtl エフェクトの移動1

上の画像の場合、「モザイク」「単色化」「縁取り」の順番に適応されています。

AviUtl エフェクトの移動2

エフェクトの順番を変えたい場合は、右クリックして「フィルタ効果を上に移動」もしくは「フィルタ効果を下に移動」をクリック。

自分の思うようにエフェクトがかからないという場合は、エフェクトの順番を変えてみると解決するかもしれません。

部分的にエフェクトをかける

オブジェクト単位ではなく、動画・画面の一部分にエフェクトをかけることもできます。

【AviUtl】動画の一部分にエフェクトをかける方法
無料で使えて多機能な動画編集ソフト「AviUtl」 メディアオブジェクトやフィルタオブジェクトを使って、動画の一部分にエフェクト(フィルタ効果)をかける方法を、パソコン初心者の方でも分かるように画像や動画で解説します。
【AviUtl】画面の一部分にエフェクトをかける方法
無料で使えて多機能な動画編集ソフト「AviUtl」 部分フィルタやフレームバッファを使って、画面の一部分にエフェクト(フィルタ効果)をかける方法を、パソコン初心者の方でも分かるように画像や動画で解説します。

「設定ダイアログの基本的な使い方」はこれで以上です。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました