【AviUtl】設定ダイアログの使い方

AviUtl 設定ダイアログの使い方

無料動画編集ソフト「AviUtl」の、設定ダイアログの使い方を解説します。

\ 動画で見たい方はこちら /
AviUtl 設定ダイアログの使い方

こちらが設定ダイアログです。

AviUtl 設定ダイアログを表示させる方法

設定ダイアログが表示されていない場合は、オブジェクトをダブルクリックしてください。

関連 拡張編集が表示されないときの対処法

タイムラインに読み込んだ素材を編集するのが、設定ダイアログの主な役割です。

では「AviUtlの設定ダイアログの使い方」を解説していきます。

よろしくお願いします。

素材の編集方法

AviUtl 設定ダイアログ 素材の編集方法

各項目の数値を変更することで、動画や画像などの素材を編集できます。数値の変更方法は以下の4つです。

  1. バーをドラッグ
  2. をクリック
  3. 数値を入力
  4. 数値の上で左右にドラッグ
    Shift + ドラッグで小数点以下の数値を微調整できます。

項目の意味

設定ダイアログの項目内容は、オブジェクトの種類によって異なります。この記事では、各オブジェクト共通の項目について解説します。

AviUtl 設定ダイアログ 項目の意味
  1. X = 横軸
  2. Y = 縦軸
  3. Z = 奥行
  4. 拡大率 = 大きさ
  5. 透明度
  6. 回転

① X

数値を上げる = 右に移動
数値を下げる = 左に移動

② Y

数値を上げる = 下に移動
数値を下げる = 上に移動

③ Z

数値を上げる = 奥に移動
数値を下げる = 手前に移動

④ 拡大率

数値を上げる = 拡大
数値を下げる = 縮小

⑤ 透明度

0 = 不透明
100 = 透明

⑥ 回転

数値を上げる = 右に回転
数値を下げる = 左に回転

「X・Y・拡大率」は、メインウィンドウで変更することもできます。

  1. 普通にドラッグ = X・Yを変更
    Shift + ドラッグで水平・垂直に移動できます。
  2. Alt + 上下にドラッグ = 拡大率を変更
\ さらに詳しく /

合成モード

「合成モード」を変更すると、素材を合成できます。

例として、上のふたつの動画を合成してみます。

AviUtl 設定ダイアログ 合成モード

合成したい素材を上下に配置して、手前のオブジェクトを選択します。

AviUtl 設定ダイアログ 合成モード

「合成モード」を変更します。
※この記事では「スクリーン」を選択しています。

このように、2つの素材を合成できます。

合成モードの種類によってだいぶ印象が変わりますので、いろいろ試してみてください。

標準描画・拡張描画

設定ダイアログには、「標準描画」と「拡張描画」があります。
※デフォルトでは「標準描画」になっています。

AviUtl 設定ダイアログ 拡張描画

右上のボタンをクリック→「拡張描画」をクリックすると、編集できる項目が増えます。

AviUtl 設定ダイアログ 拡張描画

右上のボタンをクリック→「標準描画」をクリックすると、元に戻ります。

エフェクト(フィルタ効果)

AviUtl エフェクト(フィルタ効果)

右上の + をクリックして、さまざまなエフェクトを追加できます。

\ 詳しくはこちら /

数値を変化させる(キーフレーム)

オブジェクトの開始位置から終了位置に向かって、設定ダイアログの数値を変化させることもできます。

数値を変化させることで、画像やテキストを動かしたり、エフェクトの効果を調整したりできます。

AviUtl 設定ダイアログ 数値を変化させる(キーフレーム)

変化させたい項目をクリックして、移動方法を選択します。

AviUtl 設定ダイアログ 数値を変化させる(キーフレーム)

右側の数値が変更できるようになります。

\ 詳しくはこちら /

「AviUtlの設定ダイアログの使い方」は以上です。

ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました