【AviUtl】画像を動かす方法・中間点の使い方

AviUtl 画像を動かす方法(中間点の使い方)

無料で使えて多機能な動画編集ソフト「AviUtl」

アニメーションを作るときに必要な、「画像を動かす方法」と「中間点の使い方」を、パソコン初心者の方でも分かるように解説します。

↓動画で見たい方は下のYouTube動画をご覧ください。

予備知識として、「設定ダイアログの各項目の意味」を理解しておく必要があります。必要でしたら下の記事をご覧ください。

【AviUtl】設定ダイアログの各項目の意味(標準描写・拡張描写)
無料で使えて多機能な動画編集ソフト「AviUtl」 画像の位置やサイズを変更したりアニメーションを作ったりするのに必要な、設定ダイアログ(画像オブジェクト)の各項目の意味を、パソコン初心者の方でも分かるように画像や動画で解説します。

画像を動かす方法

AviUtl 画像を動かす方法1

↑こういう動画を作ってみます。

AviUtl 画像を動かす方法2

設定ダイアログの左側がスタート位置で、右側がゴール位置です。

AviUtl 画像を動かす方法3

↑こちらをクリックして、フレームをスタート位置に合わせます。

AviUtl 画像を動かす方法4

スタート位置の座標を設定します。

AviUtl 画像を動かす方法5

「XYZ」のいずれかをクリックして、「直線移動」を選択。

関連 移動方法の種類

AviUtl 画像を動かす方法6

すると、右側の「XYZ」の数値も変更できるようになります。

AviUtl 画像を動かす方法7

↑こちらをクリックして、フレームをゴール位置に合わせます。

AviUtl 画像を動かす方法8

ゴール位置の座標を設定します。

AviUtl 画像を動かす方法9

本体ウィンドウの緑の枠がスタート位置で、赤の枠がゴール位置です。

再生させてみましょう。

AviUtl 画像を動かす方法10

画像を動かすことができました。

AviUtl 画像を動かす方法11

同じように、「拡大率」なども変更することができます。

動かすスピードを変更する方法

AviUtl 画像を動かす方法12

オブジェクトを短くすれば動きが早くなり、オブジェクトを長くすれば動きが遅くなります。

AviUtl 画像を動かす方法13

オブジェクトの長さを細かく指定したい場合は、オブジェクトを右クリックして「長さの変更」をクリック。

AviUtl 画像を動かす方法14

↑こちらに秒数、もしくはフレーム数を入力して「OK」をクリックすると長さを変更できます。

中間点の使い方

AviUtl 中間点の使い方1

↑こういう動画を作ってみます。

中間点を使って画像を動かす方法

AviUtl 中間点の使い方2

オブジェクトを右クリックして、「中間点を追加」をクリック。

AviUtl 中間点の使い方3
中間点が追加されました。
AviUtl 中間点の使い方4
  1. スタート位置
  2. 中間位置
  3. ゴール位置

AviUtl 中間点の使い方5

↑こちらをクリックして、フレームをスタート位置に合わせます。

AviUtl 中間点の使い方6

スタート位置の座標を設定します。

AviUtl 中間点の使い方7

「XYZ」のいずれかをクリックして、「直線移動」を選択。

関連 移動方法の種類

AviUtl 中間点の使い方8

↑こちらをクリックして、フレームを中間位置に合わせます。

AviUtl 中間点の使い方9

中間位置の座標を設定します。

AviUtl 中間点の使い方10

こちらをクリックして、フレームをゴール位置に合わせます。

AviUtl 中間点の使い方11

ゴール位置の座標を設定します。

再生させてみましょう。

AviUtl 中間点の使い方12

中間点を使って画像を動かすことができました。

中間点の位置を変更

AviUtl 中間点の使い方13

↑こちらをドラッグして中間点の位置を変更できます。

中間点の長さを変更

AviUtl 中間点の使い方14

中間点の間隔を細かく設定したい場合は、設定ダイアログから区間を選択。
右クリックして、「選択区間の長さ変更」をクリック。

AviUtl 中間点の使い方15

↑こちらに秒数、もしくはフレーム数を入力して「OK」をクリックすると長さを変更できます。

中間点の間隔を均等にする

AviUtl 中間点の使い方16

中間点の間隔を均等にしたい場合は、オブジェクトを右クリックして「中間点を時間で均等配置」をクリック。

中間点を削除

AviUtl 中間点の使い方17

中間点を削除したい場合は、削除したい中間点を右クリックして「中間点を削除」をクリック。

「AviUtlで画像を動かす方法」はこれで以上です。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント