【AviUtl】画像を動かす方法・中間点の使い方

AviUtl 画像を動かす方法・中間点の使い方

無料で多機能な動画編集ソフト「AviUtl」

画像を動かす方法と、中間点の使い方を解説します。

\ 動画で見たい方はこちら /
スポンサーリンク

設定ダイアログの見かた

AviUtl 画像を動かす方法

設定ダイアログの左側が開始位置で、右側が終了位置です。

関連 設定ダイアログの使い方

画像を動かす方法

AviUtl 画像を動かす方法

↑こういう動画を作ってみます。

AviUtl 画像を動かす方法

「X Y Z」のいずれかをクリックして、移動方法を選択します。
※この記事では「直線移動」を選択しています。

関連 移動方法の種類

AviUtl 画像を動かす方法
  1. をクリックして、開始位置にフレームを合わせる。
  2. 開始位置の数値を設定。
AviUtl 画像を動かす方法
  1. をクリックして、終了位置にフレームを合わせる。
  2. 終了位置の数値を設定。
AviUtl 画像を動かす方法

このように画像を動かすことができます。

「拡大率」や「回転」などの項目も、同じように変更できます。

関連 設定ダイアログの各項目の意味

中間点の使い方

AviUtl 中間点の使い方

↑こういう動画を作ってみます。

AviUtl 中間点の使い方

オブジェクトを右クリック→「中間点を追加」をクリック。

中間点追加・分割を常に現在フレームで行う」の設定をしている場合は、フレームを合わせてから中間点を追加してください。

ショートカットキー

フレームを合わせて P = 中間点を追加

AviUtl 中間点の使い方

「X Y Z」のいずれかをクリックして、移動方法を選択します。
※この記事では「直線移動」を選択しています。

関連 移動方法の種類

AviUtl 中間点の使い方
  1. をクリックして、開始位置にフレームを合わせる。
  2. 開始位置の数値を設定。
AviUtl 中間点の使い方
  1. クリックして、中間位置にフレームを合わせる。
  2. 中間位置の数値を設定。
AviUtl 中間点の使い方
  1. クリックして、終了位置にフレームを合わせる。
  2. 終了位置の数値を設定。
AviUtl 中間点の使い方

このように、中間点を使って画像を動かすことができます。

中間点を移動・均等配置・削除

AviUtl 中間点を移動

中間点を左右にドラッグして位置を変更できます。

AviUtl 中間点を時間で均等配列

オブジェクトを右クリック→「中間点を時間で均等配置」をクリックすると、中間点が等間隔に配置されます。

AviUtl 中間点を削除

中間点を右クリック→「中間点を削除」をクリックすると、中間点が削除されます。

XYZの移動方法を別々にする

通常の場合、Xの移動方法を選択すると、YとZも自動的に同じものが選択されます。

AviUtl XYZの移動方法を別々にする

Shift を押しながら移動方法を選択すると、XYZの移動方法を別々にできます。

関連 移動方法の種類

「AviUtlで画像を動かす方法・中間点の使い方」はこれで以上です。

お読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました