【AviUtl】移動方法の種類

AviUtl 移動方法の種類

無料で多機能な動画編集ソフト「AviUtl」

移動方法の種類を解説します。

\ 動画で見たい方はこちら /

「画像を動かす方法・中間点の使い方」は下の記事で解説しています。

スポンサーリンク

直線移動

AviUtl 直線移動

「直線移動」は直線的な動きです。

加減速移動

AviUtl 加減速移動

「加減速移動」は最初はゆっくりで、徐々に加速して、最後は減速するという動きです。

加速移動・減速移動

AviUtl 加速移動・減速移動

「加速」「減速」のチェックを外すことで、どちらか一方だけを適応できます。

「加速」だけにチェック = 徐々に加速する

「減速」だけにチェック = 徐々に減速する

曲線移動

AviUtl 曲線移動

「曲線移動」は曲線的な動きです。

後出の「補間移動」を選択すると、開始位置と終了位置の丸みを取ることができます。

瞬間移動

AviUtl 瞬間移動

「瞬間移動」は、中間点の位置で一瞬で移動します。

AviUtl 瞬間移動

瞬間移動は終了位置までは移動せず、ひとつ手前の中間点までしか移動しません。

中間点無視

「中間点無視」は選択した区間の最初が開始位置になり、その区間の終わりが終了位置になります。

AviUtl 中間点無視

↑例えば、この区間を選択した状態で「中間点無視」を選択すると、

AviUtl 中間点無視

①が開始位置になり、②が終了位置になります。

移動量指定

AviUtl 移動量指定

「移動量指定」は、1フレームあたりの移動量を指定できます。

Xを5 = 1フレーム毎に5ピクセル右に移動

拡大率を5 = 1フレーム毎に5%拡大

ランダム移動

AviUtl ランダム移動

「ランダム移動」は、開始位置から終了位置までの数値を、1フレーム毎にランダムで移動します。

AviUtl ランダム移動

「設定」から、何フレーム毎に移動させるかを指定できます。

反復移動

AviUtl 反復移動

「反復移動」は、開始位置から終了位置までの数値を、1フレーム毎に交互に移動します。

AviUtl 反復移動

「設定」から、何フレーム毎に移動させるかを指定できます。

補間移動

前出の「曲線移動」は、開始位置と終了位置も丸みを帯びてしまい、作っている動画によっては不自然な動きになってしまいます。

AviUtl 補間移動

「補間移動」を使うと開始位置と終了位置の丸みは消え、自然な動きになります。

回転

AviUtl 回転

「回転」を選択すると、画像を回転できます。

AviUtl 回転

「設定」をクリックして、数値を200にすると2回転、50にすると半回転になります。

「AviUtlの移動方法の種類」はこれで以上です。

お読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました