【AviUtl】移動方法の種類・XYZの移動方法を別々にする方法

AviUtl 移動方法の種類

無料で使えて多機能な動画編集ソフト「AviUtl」

AviUtlで画像やテキストを動かすときに使う、「直線移動」や「曲線移動」などの移動方法の種類を、パソコン初心者の方でも分かるように解説します。

↓動画で見たい方は下のYouTube動画をご覧ください。

「AviUtlで画像を動かす方法・中間点の使い方」は下の記事で解説しています。

【AviUtl】画像を動かす方法・中間点の使い方
無料で使えて多機能な動画編集ソフト「AviUtl」 AviUtlでアニメーションを作るときに必要な、「画像を動かす方法」と「中間点の使い方」を、パソコン初心者の方でも分かるように画像や動画で解説します。
スポンサーリンク

移動方法の種類

直線移動

AviUtl 直線移動

「直線移動」は直線的な動きです。

曲線移動

AviUtl 曲線移動

「曲線移動」は曲線的な動きです。

補間移動

AviUtl 補間移動1

前出の「曲線移動」は、スタート位置とゴール位置も丸みを帯びてしまい、作っている動画によっては不自然な動きになってしまいます。

AviUtl 補間移動2

「補間移動」を使うとスタート位置とゴール位置の丸みは消え、自然な動きになります。

加減速移動

AviUtl 加減速移動1

「加減速移動」は最初はゆっくりで、徐々に加速して、最後は減速するという動きです。

AviUtl 加減速移動2
「加減速移動」は、こちらの「加速」と「減速」の両方にチェックが入っています。
「加速」だけにチェックを入れると、徐々に加速していく動きになります。
「減速」だけにチェックを入れると、徐々に減速していく動きになります。

AviUtl 加減速移動3

↑「加減速移動」は、このように曲線的な動きになります。

AviUtl 加減速移動4
「直線移動」を選択して、「加速」「減速」にチェックを入れれば、直線的な加減速移動ができます。

瞬間移動

AviUtl 瞬間移動1

「瞬間移動」は、中間点の位置で一瞬で移動します。

AviUtl 瞬間移動2

ただし瞬間移動の場合はゴール位置までは移動せず、ひとつ手前の中間点までしか移動しません。

中間点無視

「中間点無視」は選択した区間の最初がスタート位置になり、その区間の終わりがゴール位置になります。

AviUtl 中間点無視

↑例えば、この区間を選択した状態で「中間点無視」を選択すると、

AviUtl 中間点無視2
①の数値がスタート位置になり、②の数値がゴール位置になります。

移動量指定

AviUtl 移動量指定
「移動量指定」は、1フレームあたり何ピクセル移動させるかを指定できます。

例えばXを2にすると、1フレームで2ピクセル右に移動します。

オブジェクトの長さが50フレームの場合は、「2ピクセル×50フレーム」なので、スタートからゴールの間に100ピクセル右に移動することになります。
拡大率の場合、単位はパーセントになります。

ランダム移動

「ランダム移動」は、スタート位置からゴール位置までの数値を、1フレーム毎にランダムで移動します。

AviUtl ランダム移動1

上の動画の場合、「X-200」から「X200」の間を1フレーム毎にランダムで移動しています。

AviUtl ランダム移動2
「設定」から、何フレーム毎に移動させるかを指定できます。

AviUtl ランダム移動3

5フレーム毎に移動させると、このようになります。

反復移動

AviUtl 反復移動1

「反復移動」は、スタート位置からゴール位置までの数値を、1フレーム毎に交互に移動します。

AviUtl 反復移動2
「設定」から、何フレーム毎に移動させるかを指定できます。

AviUtl 反復移動3

5フレーム毎に移動させると、このようになります。

回転

AviUtl 回転1

「回転」を選択すると、画像を回転させることができます。

デフォルトでは、スタート位置からゴール位置までの間に1回転します。

AviUtl 回転2
「設定」をクリックして、数値を200にすると2回転、50にすると半回転になります。

XYZの移動方法を別々にする

通常の場合、Xの移動方法を選択すると、YとZも自動的に同じものが選択されます。

これを、それぞれ別々の移動方法にすることもできます。

AviUtl XYZの移動方法を別々にする1

ここで、Shift を押しながら移動方法を選択します。

AviUtl XYZの移動方法を別々にする2

Xだけに移動方法が選択されました。

これを利用すれば、通常とは違った動きを作ることができます。

AviUtl XYZの移動方法を別々にする3

「Xを直線移動、Yを曲線移動」にするとこのような動きになります。

AviUtl XYZの移動方法を別々にする4

「Xを曲線移動、Yを直線移動」にするとこのような動きになります。

「AviUtlの移動方法の種類」はこれで以上です。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました