【AviUtl】再生速度を変更する方法(倍速・スロー・一時停止・逆再生)

AviUtl 再生速度を変更

無料で使えて多機能な動画編集ソフト「AviUtl」

動画を倍速・スロー・一時停止・逆再生する方法、中間点や分割を使って動画の一部分だけ再生速度を変更する方法を、パソコン初心者の方でも分かるように解説します。

↓動画で見たい方は下のYouTube動画をご覧ください。

スポンサーリンク

再生速度を変更する方法

AviUtl 再生速度を変更する方法

動画オブジェクトを選択して、設定ダイアログで「再生速度」を変更することができます。

デフォルトの数値は100(1倍速)になっています。

100=1倍速
200=2倍速(早送り)
50=0.5倍速(スロー)
0=停止
マイナス=逆再生(巻き戻し)
動画の再生速度を変更すると、音声の再生速度も自動的に変更されます。
逆再生(巻き戻し)の場合、音声は無音になります。
AviUtl 再生速度を変更する方法
再生速度を変更すると、動画オブジェクトの長さは自動的に変更されますが、音声オブジェクトの長さはそのままです。

AviUtl 再生速度を変更する方法

ですので、音声オブジェクトの端をドラッグして調節してください。

音声の再生速度を自動的に変更しないようにする方法

AviUtl 音声の再生速度を自動的に変更しないようにする方法

音声オブジェクトを選択して、「動画ファイルと連携」のチェックを外すと、音声の再生速度は変更されなくなります。

AviUtl 音声の再生速度を自動的に変更しないようにする方法
ただ、チェックを外して音声の再生速度を変更すると、オブジェクトが短くなって元に戻らなくなることがあります。

音声オブジェクトが短くなったときの対処法

AviUtl 音声オブジェクトが短くなったときの対処法

設定ダイアログの「参照ファイル」をクリック。

AviUtl 音声オブジェクトが短くなったときの対処法

編集している動画と同じものを選択して「開く」をクリックすれば、音声オブジェクトの長さが元に戻ります。

動画ファイルを、設定ダイアログにドラッグ&ドロップして元に戻すこともできます。

部分的に再生速度を変更する方法

動画の一部分だけ再生速度を変更することもできます。

まず、必要な設定を行いましょう。

AviUtl 部分的に再生速度を変更する(中間点)

タイムライン上で右クリックして、「環境設定」をクリック。

AviUtl 部分的に再生速度を変更する(中間点)
「中間点追加・分割を常に現在フレームで行う」にチェックを入れて、「OK」をクリック。

中間点を使って再生速度を変更する

「中間点」を使って、動画の一部分を2倍速にしてみます。

AviUtl 部分的に再生速度を変更する(中間点)

「ここから再生速度を変更したい」という所にフレームを合わせます。

AviUtl 部分的に再生速度を変更する(中間点)

動画オブジェクトを右クリックして、「中間点を追加」をクリック。

AviUtl 部分的に再生速度を変更する(中間点)
設定ダイアログの「再生速度」をクリックして、「瞬間移動」を選択します。
「直線移動」「加減速移動」「曲線移動」でも構いません。

AviUtl 部分的に再生速度を変更する(中間点)

再生速度の数値を「200」にします。

AviUtl 部分的に再生速度を変更する(中間点)

いま、中間点より後ろが2倍速で再生されるようになっています。

AviUtl 部分的に再生速度を変更する(中間点)

「ここで通常の速度に戻したい」という所にフレームを合わせます。

AviUtl 部分的に再生速度を変更する(中間点)

動画オブジェクトを右クリックして、「中間点を追加」をクリック。

AviUtl 部分的に再生速度を変更する(中間点)

こちらの数値を「100」にします。

AviUtl 部分的に再生速度を変更する(中間点)

これで、ここの区間だけが2倍速で再生されるようになりました。

AviUtl 部分的に再生速度を変更する(中間点)

こちらの数値を変更して、一時停止・スロー・逆再生などにすることもできます。

0=一時停止
50=0.5倍速(スロー)
マイナス=逆再生(巻き戻し)

中間点をドラッグして、再生速度を変更する位置を調整できます。

関連 中間点の使い方

分割を使って再生速度を変更する

「分割」を使って、動画の一部分を2倍速にしてみます。

AviUtl 部分的に再生速度を変更する(分割)

「ここから再生速度を変更したい」という所にフレームを合わせます。

AviUtl 部分的に再生速度を変更する(分割)

オブジェクトを右クリックして、「分割」をクリック。

AviUtl 部分的に再生速度を変更する(分割)

後ろの動画オブジェクトをクリックして選択します。

AviUtl 部分的に再生速度を変更する(分割)

再生速度の数値を「200」にします。

AviUtl 部分的に再生速度を変更する(分割)

「ここで通常の速度に戻したい」という所にフレームを合わせます。

AviUtl 部分的に再生速度を変更する(分割)

オブジェクトを右クリックして、「分割」をクリック。

AviUtl 部分的に再生速度を変更する(分割)

後ろの動画オブジェクトをクリックして選択します。

AviUtl 部分的に再生速度を変更する(分割)

再生速度の数値を「100」にします。

AviUtl 部分的に再生速度を変更する(分割)

これで、ここの区間だけが2倍速で再生されるようになりました。

「分割」で再生速度を変更した場合、あとから再生速度や位置などを変更するとフレームがズレてしまい、不自然な映像になってしまいます。
あとから再生速度や位置などを変更するかもしれないのなら、「分割」ではなく「中間点」を使うことを推奨します。

「AviUtlで再生速度を変更する方法」はこれで以上です。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました