【AviUtl】メモリ使用量を減らせる「InputPipePlugin」のダウンロード&インストール

無料動画編集ソフト「AviUtl」のメモリ使用量を減らせる、「InputPipePlugin」の導入方法を解説します。

ダウンロードサイト

InputPipePlugin:GitHub

入力プラグイン「L-SMASH Works」を導入していない場合は、先に下の記事をお読みください。

動画編集はメモリを消費する作業が多いので、編集中やエンコード中にメモリ不足によるエラーが発生することもあります。

「InputPipePlugin」を導入すると、AviUtlのメモリ使用量を減らすことができます。

メモリ使用量を減らすメリット
  • メモリ不足によるエラーを防げる。
  • 「動画ファイルのハンドル数」を上げて、AviUtlの動作を軽くできる。

メモリ使用量を減らせるのは、入力プラグイン「L-SMASH Works」を使用している場合に限ります。

関連 L-SMASH Worksの導入方法

では「InputPipePluginの導入方法」を解説していきます。

よろしくお願いします。

ダウンロード&インストール

ダウンロード

AviUtl InputPipePlugin ダウンロード

GitHubにアクセスして、「InputPipePlugin_1.8.zip」をダウンロードします。
※バージョンの更新により数字が異なる場合があります。

インストール

AviUtl InputPipePlugin インストール

「InputPipePlugin_1.8.zip」の中に入っている「InputPipeMain.exeInputPipePlugin.aui」を、「lwinput.auiと同じフォルダ 」にコピーします。
※たいていの場合は「pluginsフォルダ」だと思います。

導入後の設定

AviUtlを起動して、必要な設定をしましょう。
※起動済みの場合は再起動してください。

「入力プラグイン優先度の設定」を確認する

AviUtl InputPipePlugin 入力プラグイン優先度の設定

「ファイル」「環境設定」「入力プラグイン優先度の設定」をクリックします。

AviUtl InputPipePlugin 入力プラグイン優先度の設定

「InputPipePlugin」が「L-SMASH Works File Reader」より上にあることを確認しましょう。
※なっていない場合はドラッグで移動してください。

今後、入力プラグイン優先度の設定を変更する場合も、「InputPipePluginが上・L-SMASH Works File Readerが下」という状態を保ってください。

AviUtl InputPipePlugin 入力プラグイン優先度の設定

「DirectShow File Reader」も導入している場合は、「DirectShow File Reader」が「InputPipePlugin・L-SMASH Works File Reader」よりも下にある状態にしてください。

関連 DirectShow File Readerの導入方法

「内部データの交換方式」を「共有メモリ」に変更する

開発者さんによると、「内部データの交換方式」を「共有メモリ」に変更したほうが高速とのことです。

AviUtl InputPipePlugin 「内部データの交換方式」を「共有メモリ」に変更する

「ファイル」「環境設定」「入力プラグインの設定」「InputPipePluginの設定」をクリックします。

AviUtl InputPipePlugin 「内部データの交換方式」を「共有メモリ」に変更する

「共有メモリ」を選択して、「保存」をクリックします。

AviUtlが落ちるなどの不具合が出る場合は、「名前付きパイプ」に戻してください。

「動画ファイルのハンドル数」を上げる(AviUtlの軽量化)

「InputPipePlugin」を導入したことで、複数の動画を読み込んでもAviUtlのメモリ使用量はそれほど増えなくなりました。

そのぶん「動画ファイルのハンドル数」を上げることで、AviUtlの動作を軽くできます。

AviUtl 動画ファイルのハンドル数を上げる(AviUtlの軽量化)

タイムライン上で右クリック「環境設定」をクリックします。

AviUtl 動画ファイルのハンドル数を上げる(AviUtlの軽量化)

「動画ファイルのハンドル数」を16~24くらいにします。

とりあえず「16」にして、しばらく様子を見ることをおすすめします。

  • 余裕がありそうならもう少し上げる。
  • メモリ不足になるなら下げる。

動作が不安定になった場合の対処法

「InputPipePlugin」を導入したことでAviUtlの動作が不安定になった場合は、以下の設定を試してみてください。

「プロセス間通信を有効にする」のチェックを外す

AviUtl InputPipePlugin 動作が不安定になった場合の対処法

「ファイル」「環境設定」「入力プラグインの設定」「InputPipePluginの設定」をクリックします。

AviUtl InputPipePlugin 動作が不安定になった場合の対処法

「プロセス間通信を有効にする」のチェックを外して、「保存」をクリックします。

「Wave File Reader」を「InputPipePlugin」より上にする

AviUtl InputPipePlugin 動作が不安定になった場合の対処法

「ファイル」「環境設定」「入力プラグイン優先度の設定」をクリックします。

AviUtl InputPipePlugin 動作が不安定になった場合の対処法

「Wave File Reader」を「InputPipePlugin」より上にしましょう。
※ドラッグで移動できます。

「InputPipePluginの導入方法」は以上です。

ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました