【AviUtl】入力プラグイン「DirectShow File Reader」の導入方法

AviUtl 入力プラグイン「DirectShow File Reader」のダウンロード&インストール

無料で使えて多機能な動画編集ソフト「AviUtl」

入力プラグイン「DirectShow File Reader」の導入方法を解説します。

別の入力プラグイン(L-SMASH Works)が正しく導入できている場合は、DirectShow File Reader は不要です。

関連 「L-SMASH Works」の導入方法

ダウンロードサイト
スポンサーリンク

入力プラグインの役割

AviUtl 入力プラグインの役割

AviUtlはデフォルトの状態では「AVI」や「WAV」など、限られた形式のファイルしか読み込めません。

入力プラグインを導入すると「MP4」や「MP3」など、さまざまな形式のファイルを読み込めるようになります。

準備(フォルダ作成)

入力プラグインを保存するフォルダを作りましょう。

準備(フォルダ作成)

AviUtlフォルダ内で右クリック「新規作成」「フォルダー」をクリック。

準備(フォルダ作成)

フォルダ名を「Plugins」とします。

導入方法

ダウンロード

AviUtl 入力プラグイン ダウンロード

AviUtl実験室へ行き、「ds_input026a.lzh」をダウンロードします。

Lhaplus」や「7-Zip」などの解凍ソフトで、lzhファイルを展開してください。

インストール

AviUtl 入力プラグイン インストール

展開させたフォルダ内の「ds_input.aui」を、項目2で作成したPluginsフォルダに移動、もしくはコピーします。

導入できているか確認

AviUtl 入力プラグイン 導入できているか確認

「ファイル」「環境設定」「入力プラグイン優先度の設定」をクリック。

AviUtl 入力プラグイン 導入できているか確認

こちらに、「DirectShow File Reader」が表示されていることを確認しましょう。

「DirectShow File Reader の導入方法」はこれで以上です。

お読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました