【AviUtl】出力プラグイン「x264guiEx」のダウンロード&インストール

AviUtl 出力プラグイン「x264guiEx」のダウンロード&インストール

無料動画編集ソフト「AviUtl」で動画をエンコードするために必要な、出力プラグイン「x264guiEx」の導入方法を解説します。

「かんたんMP4出力」が正しく導入できており問題なく使えている場合は、「x264guiEx」の導入は必須ではありません。

関連 かんたんMP4出力の導入方法

\ 動画で見たい方はこちら /
ダウンロードサイト

x264guiEx:GitHub

AviUtl本体と拡張編集プラグインを導入していない場合は、先に下の記事をお読みください。

AviUtl 出力プラグイン「x264guiEx」のダウンロード&インストール

AviUtlはデフォルトの状態では、AVI形式でしか動画を出力できません。

出力プラグインを導入すると、MP4形式で出力できるようになります。

出力プラグインの種類はいくつかありますが、

  • かんたんMP4出力
  • x264guiEx

のどちらかを導入しておくといいと思います。

「かんたんMP4出力」は導入や使い方は簡単ですが、設定できる項目は少ないです。

「x264guiEx」は導入や使い方は少し面倒ですが、設定できる項目は多いです。

  • 特別なこだわりがない場合は「かんたんMP4出力」
  • 設定にこだわりたい場合は「x264guiEx」

を導入することをおすすめします。

関連 かんたんMP4の導入方法

では「x264guiExの導入方法」を解説していきます。

よろしくお願いします。

ダウンロード&インストール

ダウンロード

AviUtl x264guiEx ダウンロード

GitHubにアクセスして、「x264guiEx_3.05.zip」をダウンロードします。
※バージョンの更新により数字が異なる場合があります。

インストール

AviUtl x264guiEx インストール

「x264guiEx_3.05.zip」の中に入っているすべてを、「AviUtlフォルダ」にコピーします。

お使いの環境によってはAviUtlの初回起動時に、下の画像のようなメッセージが表示されます。

AviUtl x264guiEx インストール

「OK」をクリックします。

AviUtl x264guiEx インストール

「はい」をクリックするとインストールが開始されます。

導入できているか確認

x264guiExが正しく導入できているかを確認しましょう。

AviUtl x264guiEx 導入できているか確認する

「その他」「出力プラグイン情報」をクリックします。

AviUtl x264guiEx 導入できているか確認する

x264guiEx が表示されていることを確認しましょう。

表示されていない場合は、正しく導入できていません。

対処法
  • セキュリティソフトがファイルを削除していないかを確認する。
    ※「セキュリティソフト名 復元方法」などで検索してください。
  • 「Lhaplus」という解凍ソフトを使っている場合は「7-Zip」などに変更する。
  • どうしても導入できない場合は、別の出力プラグイン(かんたんMP4出力)を導入する。

「x264guiExの導入方法」は以上です。

ありがとうございました。

コメント

  1. 匿名 より:

    プロファイルを開けません?何故でしょう?

タイトルとURLをコピーしました