【AviUtl】出力プラグイン「x264guiEx」のダウンロード&インストール

AviUtl 出力プラグイン「x264guiEx」のダウンロード&インストール

無料動画編集ソフト「AviUtl」で動画をエンコードするために必要な、出力プラグイン「x264guiEx」の導入方法を解説します。

「かんたんMP4出力」が正しく導入できており問題なく使えている場合は、「x264guiEx」の導入は必須ではありません。

関連 かんたんMP4出力の導入方法

\ 動画で見たい方はこちら /
ダウンロードサイト

AviUtl本体と拡張編集プラグインを導入していない場合は、先に下の記事をお読みください。

AviUtl 出力プラグインの役割

AviUtlはデフォルトの状態では、AVI形式でしか動画を出力できません。

出力プラグインを導入すると、MP4形式で出力できるようになります。

出力プラグインの種類はいくつかありますが、

  • かんたんMP4出力
  • x264guiEx

のどちらかを導入しておくといいと思います。

2つの出力プラグインの違い
AviUtl 「かんたんMP4出力」と「x264guiEx」の違い

「かんたんMP4出力」は導入や使い方は簡単ですが、出力時に設定できる項目は少ないです。

AviUtl 「かんたんMP4出力」と「x264guiEx」の違い

「x264guiEx」は導入や使い方は少し面倒ですが、出力時に設定できる項目は多いです。

特別なこだわりがない場合は「かんたんMP4出力」
設定にこだわりたい場合は「x264guiEx」
を導入することをおすすめします。

関連 かんたんMP4の導入方法

では「x264guiExの導入方法」を解説していきます。

よろしくお願いします。

準備(フォルダーを作成)

出力プラグインを保存するフォルダーを作りましょう。
※作成済みの場合は次の項目まで飛ばしてください。

AviUtl x264guiEx 準備

前の記事で作成した「AviUtlフォルダー」をダブルクリックして開きます。

AviUtl x264guiEx 準備

AviUtlフォルダー内で、右クリック「新規作成」「フォルダー」をクリックします。

AviUtl x264guiEx 準備

フォルダー名を「plugins」とします。
※文字は半角で入力してください。

「plugins」のスペルを間違えると、正しく動作しませんので注意しましょう。

ダウンロード方法&インストール方法

ダウンロード方法

rigayaの日記兼メモ帳にアクセスしましょう。

AviUtl x264guiEx ダウンロード・インストール

右サイドバーの「x264guiEx 2.xx」をクリックします。
※アクセスできない場合は、隣の(ミラー)をクリックしてください。

AviUtl x264guiEx ダウンロード・インストール

Googleドライブのページが開きます。
「x264guiEx_2.68.zip」を右クリック「ダウンロード」をクリックします。
※バージョンの更新により数字が異なる場合があります。
※右クリックできない場合は、カーソルを合わせて下矢印マークをクリックしてください。

AviUtl x264guiEx ダウンロード・インストール

OneDriveのページが開いた場合は、こちらをクリックしてダウンロードしてください。

インストール方法

AviUtl x264guiEx ダウンロード・インストール

ダウンロードしたzipファイルを展開させます。

関連 zipファイルを展開する方法

AviUtl x264guiEx ダウンロード・インストール

展開させたフォルダー内の「auo_setup.exe」をダブルクリックします。

AviUtl x264guiEx ダウンロード・インストール
  1. 「…」をクリックします。
  2. AviUtlのフォルダーを選択します。
  3. 「OK」をクリックします。
AviUtl x264guiEx ダウンロード・インストール

「次へ」をクリックすると、インストールが開始されます。

AviUtl x264guiEx ダウンロード・インストール

「x264guiEx.auoのインストールが完了しました。」と表示されているのを確認して、「終了」をクリックします。

導入できているか確認

AviUtl x264guiEx ダウンロード・インストール

「aviutl.exe」をダブルクリックしてAviUtlを起動させます。

AviUtl x264guiEx ダウンロード・インストール

タイムライン上で右クリック「新規プロジェクトの作成」をクリックします。

AviUtl x264guiEx ダウンロード・インストール

「OK」をクリックします。

AviUtl x264guiEx ダウンロード・インストール

「ファイル」「プラグイン出力」「拡張 x264 出力」をクリックします。

「拡張 x264 出力」が表示されていない場合は、正しく導入できていません。
→ インストールに失敗するときの対処法

AviUtl x264guiEx ダウンロード・インストール

「ビデオ圧縮」をクリックします。

AviUtl x264guiEx ダウンロード・インストール

こちらのファイルが指定されていることを確認しましょう。

もし空欄になっている場合は、横の「…」をクリックしてファイルを指定してください。ファイルの場所は以下の通りです。

  1. 「AviUtl」→「exe_files」→「x264_○○○○_x64」
    ※○○○○にはバージョンの数字が入ります。
  2. 「AviUtl」→「exe_files」→「ffmpeg_audenc」
  3. 「AviUtl」→「exe_files」→ 上から「remuxer」「timelineeditor」「muxer」

※これらのファイルがない場合は、正しく導入できていません。

「x264guiEx」のインストールに失敗するときの対処法

  • セキュリティソフトを停止させて導入し直す。
  • 削除されたファイルを復元する。
    ※「セキュリティソフト名 復元方法」などで検索してください。
  • 「Lhaplus」という解凍ソフトを使っている場合は「7-Zip」などに変更する。
  • Appleの「iTunes」か「QuickTime」をインストールしてから導入し直す。
  • 古いバージョンのインストーラーを使う。(1つ前か2つ前のバージョン)
  • 手動で導入する。
    関連 x264guiEx 2.xx 導入 (手動)
  • しばらく時間を置いてからもう一度試す。(1日~3日)
    ※相手側のサーバーが落ちているということもあります。
  • どうしても導入できない場合は、別の出力プラグイン(かんたんMP4出力)を導入する。
    関連 かんたんMP4出力の導入方法

古いバージョンのインストーラーを使う場合

AviUtl 「x264guiEx」のインストールに失敗するときの対処法

古いバージョンは、ダウンロードしたときのページの「x264guiEx_2.xx」の中に保存されています。
※末尾の数字が小さいものほど古いバージョンです。

出力プラグインがなくても…

出力プラグインがなくても、

  • AviUtlで動画編集はできます。
  • AVI形式であれば動画を出力できます。
    関連 AVI形式で動画を出力する方法
  • AVI形式で出力した動画を、別のソフトでエンコードするという方法もあります。
  • AVI形式のままでも、たいていのプレーヤーで再生できます。
  • AVI形式のままでもYouTubeに投稿できます。

「x264guiExの導入方法」は以上です。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました