【AviUtl】設定ダイアログの各項目の意味(標準描写・拡張描写)

AviUtl 設定ダイアログの各項目の意味

無料で使えて多機能な動画編集ソフト「AviUtl」

画像の位置やサイズを変更したりアニメーションを作ったりするのに必要な、設定ダイアログ(画像オブジェクト)の各項目の意味を、パソコン初心者の方でも分かるように解説します。

↓動画で見たい方は下のYouTube動画をご覧ください。

スポンサーリンク

標準描写

X

Xというのは「横軸」のことです。
Xが0の場合、画像は横軸の中央に表示されます。

AviUtl 設定ダイアログ(X)

数値を上げると右に移動し、数値を下げると左に移動します。

Y

Yというのは「縦軸」のことです。
Yが0の場合、画像は縦軸の中央に表示されます。

AviUtl 設定ダイアログ(Y)

数値を上げると下に移動し、数値を下げると上に移動します。

Z

Zというのは「奥行き」のことです。

AviUtl 設定ダイアログ(Z)

数値を上げると奥に移動し、数値を下げると手前に移動します。

数値を下げすぎると、画像が表示されなくなります。これは、カメラの後ろ側まで移動してしまって、見えなくなっている状態です。
3D動画の場合はZを使う必要があるのですが、2D動画の場合は「拡大率」を使うことを推奨します。

拡大率

AviUtl 設定ダイアログ(拡大率)

「拡大率」の数値を上げると画像が大きくなり、数値を下げると小さくなります。

透明度

AviUtl 設定ダイアログ(透明度)

「透明度」の数値を上げると、画像が半透明になります。

数値を100にすると、完全に見えなくなります。

回転

AviUtl 設定ダイアログ(回転)

「回転」の数値を上げると画像が右回りに回転し、数値を下げると左回りに回転します。

拡張描写

AviUtl 設定ダイアログ(拡張描写)

設定ダイアログの右上をクリックして「拡張描写」をクリックすると、項目を増やすことができます。

拡張描写にすると、「回転」は「Z軸回転」に置き換わります。

縦横比

AviUtl 設定ダイアログ(縦横比)

「縦横比」の数値を上げると画像が縦長になり、数値を下げると横長になります。

X軸回転

AviUtl 設定ダイアログ(X軸回転)

「X軸回転」の数値を上げると、X軸(横軸)を中心にして画像が右回りに回転します。
数値を下げると、X軸を中心にして左回りに回転します。

Y軸回転

AviUtl 設定ダイアログ(Y軸回転)

「Y軸回転」の数値を上げると、Y軸(縦軸)を中心にして画像が右回りに回転します。
数値を下げると、Y軸を中心にして左回りに回転します。

Z軸回転

AviUtl 設定ダイアログ(Z軸回転)

「Z軸回転」の数値を上げると、Z軸(奥行き)を中心にして画像が右回りに回転します。
数値を下げると、Z軸を中心にして左回りに回転します。

中心X

AviUtl 設定ダイアログ(中心X)1

「中心X」の数値を上げると、画像の中心位置を右にずらすことができます。
数値を下げると、画像の中心位置を左にずらすことができます。

AviUtl 設定ダイアログ(中心X)2

中心Xを300にしてY軸回転させると、このような動きになります。

中心Y

AviUtl 設定ダイアログ(中心Y)1

「中心Y」の数値を上げると、画像の中心位置を下にずらすことができます。
数値を下げると、画像の中心位置を上にずらすことができます。

AviUtl 設定ダイアログ(中心Y)2

中心Yを300にしてX軸回転させると、このような動きになります。

中心Z

AviUtl 設定ダイアログ(中心Z)1

「中心Z」の数値を上げると、画像の中心位置を奥にずらすことができます。
数値を下げると、画像の中心位置を手前にずらすことができます。

AviUtl 設定ダイアログ(中心Z)2

中心Zを300にしてY軸回転させると、このような動きになります。

裏面を表示しない

AviUtl 設定ダイアログ(裏面を表示しない)

「裏面を表示しない」にチェックを入れると、画像の裏側は表示されなくなります。

「設定ダイアログの各項目の意味」はこれで以上です。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました