【AviUtl】設定ダイアログの各項目の意味

AviUtl 設定ダイアログの各項目の意味

無料動画編集ソフト「AviUtl」の、設定ダイアログの各項目の意味を解説します。

\ 動画で見たい方はこちら /

「設定ダイアログの使い方」は下の記事で解説しています。

AviUtl 設定ダイアログの各項目の意味

設定ダイアログの各項目の数値を変更することで、動画や画像などの素材を編集できます。

項目内容は、オブジェクトの種類によって異なります。この記事ではオブジェクト別に、数値の変更によって素材がどのように変化するのかを、動画付きでお見せします。

では「設定ダイアログの各項目の意味」を解説していきます。

よろしくお願いします。

各オブジェクト共通

標準描画

関連 標準描画・拡張描画

AviUtl 設定ダイアログの各項目の意味 標準描画
  1. X = 横軸
  2. Y = 縦軸
  3. Z = 奥行
  4. 拡大率 = 大きさ
  5. 透明度
  6. 回転

① X

数値を上げる = 右に移動
数値を下げる = 左に移動

② Y

数値を上げる = 下に移動
数値を下げる = 上に移動

③ Z

数値を上げる = 奥に移動
数値を下げる = 手前に移動

数値を下げすぎると素材が表示されなくなります。
※カメラの後ろ側まで移動して、見えなくなっている状態です。

2D動画の場合は「拡大率」を使うことをおすすめします。

④ 拡大率

数値を上げる = 拡大
数値を下げる = 縮小

⑤ 透明度

0 = 不透明
100 = 透明

⑥ 回転

数値を上げる = 右に回転
数値を下げる = 左に回転

拡張描画

関連 標準描画・拡張描画

AviUtl 設定ダイアログの各項目の意味 拡張描画
  1. 縦横比 = 縦と横の比率
  2. X軸回転 = 横軸を中心にして回転
  3. Y軸回転 = 縦軸を中心にして回転
  4. Z軸回転 = Z軸を中心にして回転
    ※標準描画の「回転」と同じです。
  5. 中心X = 中心位置を横にずらす
  6. 中心Y = 中心位置を縦にずらす
  7. 中心Z = 中心位置を奥・手前にずらす
  8. 裏面を表示しない = 回転時に裏面を非表示

① 縦横比

数値を上げる = 縦長になる
数値を下げる = 横長になる

② X軸回転

数値を上げる = 横軸を中心に右回転
数値を下げる = 横軸を中心に左回転

③ Y軸回転

数値を上げる = 縦軸を中心に右回転
数値を下げる = 縦軸を中止に左回転

④ Z軸回転

数値を上げる = Z軸を中心に右回転
数値を下げる = Z軸を中心に左回転
※標準描画の「回転」と同じです。

⑤ 中心X

数値を上げる = 中心位置を右にずらす
数値を下げる = 中心位置を左にずらす

他の項目と組み合わせて使うことで、通常とは違った動きを作ることができます。
※中心Xを変更してY軸回転させています。

⑥ 中心Y

数値を上げる = 中心位置を下にずらす
数値を下げる = 中心位置を上にずらす

他の項目と組み合わせて使うことで、通常とは違った動きを作ることができます。
※中心Yを変更してX軸回転させています。

⑦ 中心Z

数値を上げる = 中心位置を奥にずらす
数値を下げる = 中心位置を手前にずらす

他の項目と組み合わせて使うことで、通常とは違った動きを作ることができます。
※中心Zを変更してY軸回転させています。

⑧ 裏面を表示しない

「裏面を表示しない」にチェックを入れると、素材を回転させたときに、裏面が非表示になります。

動画オブジェクト

AviUtl 設定ダイアログの各項目の意味 動画オブジェクト
  1. 再生位置 = 再生を開始するフレーム
  2. 再生速度 = スピード
  3. ループ再生 = オブジェクトを伸ばすと動画を繰り返し再生できる
  4. アルファチャンネルを読み込む = 背景が透明な動画を読み込めるようになる

関連 再生速度の変更方法

音声オブジェクト

AviUtl 設定ダイアログの各項目の意味 音声オブジェクト
  1. 音量
  2. 左右 = 左右の音量バランス
  3. 再生位置 = 再生を開始する秒数
  4. 再生速度 = スピード
  5. ループ再生 = オブジェクトを伸ばすと音声を繰り返し再生できる

関連 音声の編集方法(BGM・効果音)

テキストオブジェクト

AviUtl 設定ダイアログの各項目の意味 テキストオブジェクト
  1. サイズ = 文字の大きさ
  2. 表示速度 = 1秒間に表示される文字数

① サイズ

数値を上げる = 文字が大きくなる
数値を下げる = 文字が小さくなる

② 表示速度

数値を上げる = 文字の表示が速くなる
数値を下げる = 文字の表示が遅くなる

関連 テキストを追加・編集する方法

関連 テキストの応用的な編集方法

図形オブジェクト

AviUtl 設定ダイアログの各項目の意味 図形オブジェクト
  1. ライン幅 = 図形の内側をくり抜く
  2. 図形の種類

① ライン幅

数値を下げる = 図形の内側がくり抜かれる

② 図形の種類

「背景・円・四角形・三角形・五角形・六角形・星型」の七種類から選択できます。

「設定ダイアログの各項目の意味」は以上です。

ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました