【AviUtl】テキストを追加・編集する方法(字幕・テロップ)

AviUtl テキストの基本(字幕・テロップ)

無料動画編集ソフト「AviUtl」で、テキストを追加・編集する方法を解説します。

\ 動画で見たい方はこちら /

編集をしていると、動画に文字を入れたくなることがあると思います。

字幕やテロップを入れるだけで、テレビ番組のようなにぎやかな雰囲気になり、視聴者が理解しやすい動画を作ることができます。

文字を入れるだけでなく、文字色の変更や、影・縁を付けることもできます。

では「AviUtlでテキストを追加・編集する方法」を解説していきます。

よろしくお願いします。

テキストオブジェクトを追加する方法

AviUtl テキストオブジェクトを追加する方法

プロジェクトを作成した状態で、タイムライン上で右クリック「メディアオブジェクトの追加」「テキスト」をクリックします。

AviUtl テキストオブジェクトを追加する方法

テキストを表示させたい所にオブジェクトを配置しましょう。

関連 プロジェクトの作成方法

関連 タイムラインの見かた

AviUtl テキストオブジェクトを追加する方法

こちらに文字を入力します。

文字の大きさを変更

AviUtl 文字の大きさを変更

「拡大率」「サイズ」から、文字の大きさを変更できます。

文字がぼやけるときの対処法

「拡大率」ではなく「サイズ」で変更する

「拡大率」で変更すると文字がぼやける場合があるので、基本的には「サイズ」で変更することをおすすめします。

「拡大率」で変更した場合

「サイズ」で変更した場合

「拡大率を50」にして「サイズを2倍」にする

「サイズ」で変更しているのに文字がぼやける場合は、「拡大率を50」にして「サイズを2倍」にすると、文字がくっきりと表示されます。

少しぼやけている
拡大率:100
サイズ:100

くっきりと表示されている
拡大率:50
サイズ:200

時間とともにテキストの大きさを変化させる場合、「サイズ」で変更すると文字が揺れて(ブレて)、不自然な映像になってしまいます。

「サイズ」で変更した場合

「拡大率」で変更した場合

テキストの大きさを変化させる場合は「拡大率」で変更することをおすすめします。

関連 素材を動かす方法・中間点の使い方

文字の色を変更

AviUtl 文字の色を変更

「文字色の設定」をクリックします。

AviUtl 文字の色を変更

こちらから文字の色を変更できます。

「RGB」とは「レッド・グリーン・ブルー」の色の割合のことです。

色を抽出する方法

スポイトツールを使えば、簡単に色を抽出できます。

AviUtl 色を抽出する方法
  1. スポイトボタンをクリックします。
  2. 抽出したい色をクリックします。
AviUtl 色を抽出する方法

このように、クリックした位置の色に変更されます。

フォントの種類を変更

AviUtl フォントの種類を変更

こちらからフォントの種類を変更できます。

AviUtl フォントの種類を変更

日本語(ひらがな・カタカナ・漢字)を入力して、英語フォントを選択すると、正しく表示されません。(四角い図形が表示されます)

字間・行間・太字・斜体

AviUtl 字間・行間・太字・斜体
  1. 字間 = 文字の間隔
  2. 行間 = 行の間隔
  3. B = 太字
  4. I = 斜体

① 字間

② 行間

③ 太字

④ 斜体

影・縁を付ける

AviUtl テキスト 影・縁を付ける

こちらから、文字に影や縁を付けることができます。

影付き文字

影付き文字(薄)

縁取り文字

縁取り文字(細)

影・縁の色を変更

AviUtl テキスト 影・縁の色を変更

「影・縁色の設定」から、影と縁の色を変更できます。

影色

縁色

エフェクトで影・縁を付けることもできます。

AviUtl エフェクト(フィルタ効果)で影・縁を付ける方法
  1. 設定ダイアログ右上の + をクリックします。
  2. 「シャドー」から影のエフェクトを追加できます。
    「縁取り」から縁のエフェクトを追加できます。

関連 エフェクトの使い方

テキストの中心位置を変更

AviUtl テキストの中心位置を変更

こちらから、テキストの中心位置を変更できます。

※赤い四角が中心位置です。

AviUtl テキストの中心位置を変更

設定ダイアログを「拡張描画」に変更して、「中心X・中心Y」から設定することもできます。

関連 標準描画・拡張描画

縦書きにする方法

AviUtl テキスト 縦書きにする方法

こちらから縦書きにできます。

テキストの応用的な編集方法

テキストオブジェクトには、以下のような応用的な機能もあります。

一文字ずつ表示

文字をスクロール

文字毎に個別オブジェクト

AviUtl テキスト 移動座標上に表示

移動座標上に表示

\ 詳しくはこちら /

「AviUtlでテキストを追加・編集する方法」は以上です。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました