【AviUtl】完成した動画を出力(エンコード)

AviUtl 完成した動画を出力(エンコード)

無料動画編集ソフト「AviUtl」で、完成した動画を出力する方法を解説します。

\ 動画で見たい方はこちら /

AviUtlで編集している動画は「AUP」というファイル形式で保存されており、AviUtlでしか開くことができません。

動画プレーヤーで再生したりYouTubeに投稿したりするには、AviUtlから出力して「動画ファイルとして保存」する必要があります。

アプリケーション内から、データを圧縮してファイルを出力することを「エンコード」といいます。

では「AviUtlで動画を出力する方法」を解説していきます。

よろしくお願いします。

出力する範囲を設定

動画を出力する前に、範囲が正しく設定されているかを確認しましょう。

範囲設定

AviUtl 出力する範囲を選択

タイムラインが上の画像のようになっている場合、左端から右側のバーの位置まで出力されます。

オブジェクトが配置されていないところは、真っ黒な画面になります。

AviUtl 出力する範囲を選択

タイムライン上で右クリック「範囲設定」「最後のオブジェクト位置を最終フレーム」をクリックすると、動画の終了位置が変更されます。

すべてのフレームを選択

AviUtl 出力する範囲を選択

メインウィンドウが上の画像のようになっている場合、青い部分だけが出力されます。

AviUtl 出力する範囲を選択

「編集」「すべてのフレームを選択」をクリックすると、全フレームが選択されます。

ショートカットキー

Ctrl + A = すべてのフレームを選択

関連 動画の開始位置と終了位置を指定する

エンコードの種類(プラグイン出力・AVI出力)

AviUtlで動画を出力する方法は、「プラグイン出力」「AVI出力」の2通りあります。

プラグイン出力とは

プラグイン出力とは、外部のエンコーダーを使ってエンコードすることです。

難しい知識がなくても高画質・低用量で出力できますが、「かんたんMP4出力」「x264guiEx」などの出力プラグインを導入する必要があります。

  • YouTubeなどの動画共有サイトに投稿したい
  • ファイルサイズを小さくしたい

という場合は、プラグイン出力でエンコードすることをおすすめします。
プラグイン出力する方法

AVI出力とは

AVI出力とは、パソコン内にインストールされている内蔵コーデックを使ってエンコードすることです。

設定によっては画質・音質を落とさずに出力できますがファイルサイズは大きくなります。

  • 画質・音質を劣化させずに動画を保存したい
  • 別の動画の素材として再利用したい

という場合は、AVI出力でエンコードすることをおすすめします。
AVI出力する方法

プラグイン出力する方法

プラグイン出力するには「かんたんMP4出力」や「x264guiEx」といった、出力プラグインを導入する必要があります。

2つの出力プラグインの違い

かんたんMP4出力 = 導入や使い方は簡単設定できる項目は少ない

x264guiEx= 導入や使い方は少し面倒設定できる項目は多い

  • 特別なこだわりがない場合は「かんたんMP4出力」
  • 設定にこだわりたい場合は「x264guiEx」

を導入することをおすすめします。

関連 かんたんMP4出力の導入方法

関連 x264guiExの導入方法

かんたんMP4出力

手軽にMP4形式で出力したい場合は「かんたんMP4出力」しましょう。

AviUtl プラグイン出力 かんたんMP4出力

「ファイル」「プラグイン出力」「かんたんMP4出力」をクリックします。

AviUtl プラグイン出力 かんたんMP4出力

「ビデオ圧縮」をクリックします。

AviUtl プラグイン出力 かんたんMP4出力

画質・音質を設定します。
※数値を上げると高画質・高音質になりますが、ファイルサイズは大きくなります。

「ハードウェアエンコード」にチェックを入れると、GPUを使ってエンコードできます。(エンコードの速度が上がる)
※パソコンが対応していない場合は出力できません。

AviUtl プラグイン出力 かんたんMP4出力
  1. 保存場所を選択します。
  2. ファイル名を入力します。
  3. 「保存」をクリックすると出力が開始されます。
    ※メインウィンドウ上部に、出力完了までの残り時間が表示されます。

x264出力

設定にこだわりたい場合は「x264出力」しましょう。

AviUtl プラグイン出力 x264出力

「ファイル」「プラグイン出力」「拡張 x264 出力」をクリックします。

AviUtl プラグイン出力 x264出力

「ビデオ圧縮」をクリックします。

AviUtl プラグイン出力 x264出力
  1. 目的に合った「プロファイル」を選択します。
  2. 「品質」「音声ビットレート」を設定します。
  3. 「OK」をクリックします。

「品質」のバーを左側にやると高画質になります。
「音声ビットレート」を上げると高音質になります。
※品質・音質を上げるとファイルサイズは大きくなります。

AviUtl プラグイン出力 x264出力
  1. 保存場所を選択します。
  2. ファイル名を入力します。
  3. 「保存」をクリックすると出力が開始されます。
    ※メインウィンドウ上部に、出力完了までの残り時間が表示されます。

AVI出力する方法

画質・音質を劣化させたくない場合は「AVI出力」しましょう。

AviUtl AVI出力

「ファイル」「AVI出力」をクリックします。

AviUtl AVI出力

「ビデオ圧縮」をクリックします。

AviUtl AVI出力

こちらから、ビデオコーデックを選択できます。
※画質を劣化させたくない場合は「未圧縮」を選択してください。

AviUtl AVI出力

「オーディオ圧縮」をクリックします。

AviUtl AVI出力

こちらから、オーディオコーデックを選択できます。
※音声を劣化させたくない場合は「PCM」を選択してください。

AviUtl AVI出力
  1. 保存場所を選択します。
  2. ファイル名を入力します。
  3. 「保存」をクリックすると出力が開始されます。
    ※メインウィンドウ上部に、出力完了までの残り時間が表示されます。

音声を出力しない・音声ファイルを別に出力する

AviUtl 音声を出力しない

「音声無し」にチェックを入れると、動画だけが出力されます。

AviUtl 音声ファイルを別に出力する

「音声をWAV出力」にチェックを入れると、動画ファイルとは別に、音声ファイル(WAV形式)も出力されます。

「AviUtlで動画を出力する方法」は以上です。

ありがとうございました。

コメント

  1. のこ より:

    はじめまして。
    とてもわかりやすいサイト、動画をありがとうございます。

    「x264出力」で出力しても、音声しか抜き出せません。
    エンコードされた動画(mp4)の画面が真っ暗です。

    「x264出力」の導入の確認はできています。
    設定もプラグイン導入も、創作日和さんのの方法を見ておこないました。

    この不具合の対処法をご存じでしたら教えていただきたいです。

    • のこ より:

      自己解決しました。お騒がせしてすみません。

      品質をいじらなければMP4動画を出力できましたので、ご報告いたします。

      「x264出力」で、
      ビデオ圧縮 → プロファイル
      としたときに、
      『②「品質」「音声ビットレート」を設定します。』箇所の「品質」をいじらずに出力したら無事にできました。
      品質のレバーを最高質(一番左側)にしたら何度やっても音声のみでした。

      以上です。失礼いたしました。

タイトルとURLをコピーしました