【AviUtl】完成した動画を出力(エンコード)

AviUtl 完成した動画を出力(エンコード)

無料で多機能な動画編集ソフト「AviUtl」

完成した動画を出力する方法を解説します。

\ 動画で見たい方はこちら /

出力する範囲を設定

動画を出力する前に、範囲が正しく設定されているかを確認しましょう。

範囲設定

AviUtl 出力する範囲を選択

タイムラインが上の画像のようになっている場合、左端から右側のバーの位置まで出力されます。

オブジェクトが配置されていないところは、真っ黒な画面になります。

AviUtl 出力する範囲を選択

タイムライン上で右クリック「範囲設定」「最後のオブジェクト位置を最終フレーム」をクリックすると、動画の終了位置が変更されます。

すべてのフレームを選択

AviUtl 出力する範囲を選択

メインウィンドウが上の画像のようになっている場合、青い部分だけが出力されます。

AviUtl 出力する範囲を選択

「編集」「すべてのフレームを選択」をクリックすると、全フレームが選択されます。

ショートカットキー

Ctrl + A = すべてのフレームを選択

関連 動画の開始位置と終了位置を指定する

かんたんMP4出力

手軽にMP4形式で出力したい場合は、「かんたんMP4出力」しましょう。

関連 「かんたんMP4出力」の導入方法

AviUtl かんたんMP4出力

「ファイル」「プラグイン出力」「かんたんMP4出力」をクリック。

AviUtl かんたんMP4出力

「ビデオ圧縮」をクリック。

AviUtl かんたんMP4出力

画質と音質を設定します。
※数値を上げると画質・音質が良くなりますが、ファイルの容量は大きくなります。

「ハードウェアエンコード」にチェックを入れると、GPUを使ってエンコードできます。(エンコードの速度が上がる)
※パソコンが対応していない場合は出力できません。

AviUtl かんたんMP4出力

ファイル名を入力して「保存」をクリックすると、出力が開始されます。

x264出力

設定にこだわりたい場合は、「x264出力」しましょう。

関連 「x264guiEx」の導入方法

AviUtl プラグイン出力(x264guiEx)

「ファイル」「プラグイン出力」「拡張 x264 出力」をクリック。

AviUtl プラグイン出力(x264guiEx)

「ビデオ圧縮」をクリック。

AviUtl プラグイン出力(x264guiEx)
  1. 目的に合った「プロファイル」を選択
  2. 「品質」「音声ビットレート」を設定
  3. 「OK」をクリック

「品質」のバーを左側にやると高画質になります。

「音声ビットレート」を上げると高音質になります。

※品質・音質を上げるとファイルの容量は大きくなります。

AviUtl プラグイン出力(x264guiEx)

ファイル名を入力して「保存」をクリックすると、出力が開始されます。

AVI出力

AVI形式で動画を出力したい場合は、「AVI出力」しましょう。

AviUtl AVI出力

「ファイル」「AVI出力」をクリック。

AviUtl AVI出力

ファイル名を入力して「保存」をクリックすると、出力が開始されます。

「AviUtlで動画を出力する方法」はこれで以上です。

お読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました