【AviUtl】本体ウィンドウの基本的な使い方

AviUtl 本体ウィンドウの使い方

無料で使えて多機能な動画編集ソフト「AviUtl」

AviUtlで動画編集をするうえで覚えておくべき、本体ウィンドウの基本的な使い方を、パソコン初心者の方でも分かるように解説します。

↓動画で見たい方は下のYouTube動画をご覧ください。

編集中の動画を表示させる

本体ウィンドウの主な役割は、編集中の動画を表示させることです。

AviUtl 編集中の動画を表示させる

↑こちらのバーのフレームが、本体ウィンドウに表示されます。

バーをクリックやドラッグで動かして、フレームを移動できます。

1フレームずつ移動させる

AviUtl 1フレームずつ移動させる1

をクリックすれば、ひとつ前のフレームに移動できます。

AviUtl 1フレームずつ移動させる2

をクリックすれば、ひとつ次のフレームに移動できます。

キーボードの で移動することもできます。

動画の開始位置と終了位置を指定する

AviUtl 動画の開始位置と終了位置を指定する1

動画の開始位置にしたい所にフレームを合わせて  クリック。

AviUtl 動画の開始位置と終了位置を指定する2

動画の終了位置にしたい所にフレームを合わせて  をクリック。

AviUtl 動画の開始位置と終了位置を指定する3

青い部分が選択した範囲です。

この状態でエンコードすると、選択した範囲のみを出力することができます。
関連 動画をエンコードする方法

AviUtl 動画の開始位置と終了位置を指定する4

選択範囲を元に戻したい場合は、メニューバーの「編集」「すべてのフレームを選択」をクリック。

Ctrl + A のショートカットキーを使って、すべてのフレームを選択することもできます。

本体ウィンドウで編集中の動画を再生させる

デフォルトの設定では、編集中の動画を再生させたとき、再生専用のウィンドウが開くようになっています。

これを本体ウィンドウで再生できるように設定できます。

AviUtl 本体ウィンドウで編集中の動画を再生させる1

メニューバーから「ファイル」「環境設定」「システムの設定」をクリック。

AviUtl 本体ウィンドウで編集中の動画を再生させる2
「再生ウィンドウの動画再生をメインウィンドウに表示する」にチェックを入れて、「OK」をクリック。
AviUtlを再起動させると、設定が反映されます。

AviUtl 本体ウィンドウで編集中の動画を再生させる3

↑こちらをクリックして動画の再生・停止を行えます。

「本体ウィンドウの基本的な使い方」はこれで以上です。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント