【AviUtl】メインウィンドウの使い方

AviUtl メインウィンドウの使い方

無料で多機能な動画編集ソフト「AviUtl」

メインウィンドウの基本的な使い方を解説します。

\ 動画で見たい方はこちら /
スポンサーリンク

メインウィンドウの設定

メインウィンドウに関する設定は、以下の記事で解説しています。

メインウィンドウの役割

AviUtl メインウィンドウの役割

こちらがメインウィンドウです。

タイムラインに追加した動画や画像を表示させるのが、メインウィンドウの主な役割です。

基本操作

AviUtl メインウィンドウ 基本操作
  1. 再生・一時停止
  2. 1フレームずつ移動
ショートカットキー

スペース = 再生・一時停止

= 1フレームずつ移動

動画の開始位置と終了位置を指定する

動画の開始位置と終了位置を指定することで、選択した範囲のみを出力できます。

AviUtl メインウィンドウ 動画の開始位置と終了位置を指定する
  1. 開始位置にしたい所にフレームを合わせる
  2. をクリック
AviUtl メインウィンドウ 動画の開始位置と終了位置を指定する
  1. 終了位置にしたい所にフレームを合わせる
  2. をクリック
AviUtl メインウィンドウ 動画の開始位置と終了位置を指定する

青い部分が選択した範囲です。

ショートカットキー

[ = 現在のフレームを開始フレームにする

] = 現在のフレームを終了フレームにする

すべてのフレームを選択

AviUtl メインウィンドウ すべてのフレームを選択

「編集」「すべてのフレームを選択」をクリックすると、全フレームが選択されます。

ショートカットキー

Ctrl + A = すべてのフレームを選択

動画の1フレームを画像ファイルとして保存

AviUtl 動画の1フレームを画像ファイルとして保存
  1. 保存したい所にフレームを合わせる
  2. 「編集」「現在のフレームの出力イメージをクリップボードにコピー」をクリック
AviUtl 動画の1フレームを画像ファイルとして保存

ペイントを起動させて、「貼り付け」をクリック。

AviUtl 動画の1フレームを画像ファイルとして保存

「ファイル」「名前を付けて保存」から、画像ファイルとして保存できます。

「メインウィンドウの基本的な使い方」はこれで以上です。

お読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました