【AviUtl】動画編集を開始・中断・再開させる方法(編集プロジェクトの作成・保存)

AviUtl 動画編集を開始・中断・再開させる方法(編集プロジェクトの作成・保存)

無料で使えて多機能な動画編集ソフト「AviUtl」

AviUtlで動画編集を開始する方法(編集プロジェクトの作成)、編集を中断する方法(編集プロジェクトの保存)、編集を再開させる方法を、パソコン初心者の方でも分かるように解説します。

↓動画で見たい方は下のYouTube動画をご覧ください。

スポンサーリンク

動画編集の始め方(プロジェクトの作成)

編集プロジェクトの作成方法は、

  • 解像度やフレームレートを読み込むファイルと同じにしたい場合
  • 解像度やフレームレートを変更したい場合
  • アニメーションなどをゼロから作りたい場合

によって異なります。

読み込むファイルに合わせる

AviUtl 動画編集の始め方(プロジェクトの作成)1

編集したい動画ファイルを、タイムラインにドラッグ&ドロップ。

AviUtl 動画編集の始め方(プロジェクトの作成)2

「読み込むファイルに合わせる」にチェックが入れて「OK」をクリックすると、編集プロジェクトが作成されます。

「読み込むファイルに合わせる」にチェックができない場合

動画ファイルをタイムラインにドラッグ&ドロップしても、「読み込むファイルに合わせる」にチェックが入れられないことがあるようです。

そういう場合は、

ファイル名を半角英数字にする

それでもチェックが入れられない場合は、

1.タイムライン上で右クリック→「新規プロジェクトの作成」
2.「画像サイズ」を、読み込みたい動画と同じサイズにして「OK」をクリック
3.動画ファイルをタイムラインにドラッグ&ドロップ

こういうやり方で動画を読み込むことができます。

解像度やフレームレートを変更する

解像度を変更

AviUtl 動画編集の始め方(プロジェクトの作成)3

「読み込むファイルに合わせる」のチェックを外して、「画像サイズ」に解像度を入力します。

参考 YouTubeが推奨している解像度

これは編集プロジェクトのサイズですので、素材の大きさが変わるわけではありません
AviUtl 動画編集の始め方(プロジェクトの作成)4
素材の大きさを変えたい場合は、設定ダイアログの「拡大率」を変更する必要があります。

フレームレートを変更

AviUtl 動画編集の始め方(プロジェクトの作成)5

↑こちらにフレームレートを入力して「OK」をクリックすると、編集プロジェクトが作成されます。

フレームレートとは

フレームレートとは「1秒間に使われているコマ数」のことです。

パラパラ漫画で考えると分かりやすいと思います。

フレームレートとは

フレームレート30=1秒間に30枚の絵が使われている
フレームレート60=1秒間に60枚の絵が使われている
数値が大きいほどなめらかな映像になります。

アニメーションなどをゼロから作る

AviUtl 動画編集の始め方(プロジェクトの作成)6

タイムライン上で右クリックして、「新規プロジェクトの作成」をクリック。

AviUtl 動画編集の始め方(プロジェクトの作成)7

解像度やフレームレートを入力して「OK」をクリックすると、編集プロジェクトが作成されます。

編集を中断させる方法(編集プロジェクトの保存)

編集を中断したいときは、プロジェクトを保存しましょう。

AviUtl 編集を中断させる方法(編集プロジェクトの保存)1

本体ウィンドウの「ファイル」「編集プロジェクトの保存」をクリック。

AviUtl 編集を中断させる方法(編集プロジェクトの保存)2

ファイル名を入力して「保存」をクリックすると、編集プロジェクトをAUPファイルとして保存できます。

編集を再開させる方法

タイムラインにドラッグ&ドロップ

AviUtl 編集を再開させる方法1

保存したAUPファイルをタイムラインにドラッグ&ドロップすると、編集を再開できます。

もしくは、下の方法で編集を再開させることもできます。

編集プロジェクトを開く

AviUtl 編集を再開させる方法2

本体ウィンドウの「ファイル」「編集プロジェクトを開く」をクリック。

AviUtl 編集を再開させる方法3

AUPファイルを選択して「開く」をクリックすると、編集を再開できます。

素材が表示されなくなる原因

保存したaupファイルを読み込んだとき、

幾つかのオブジェクトで指定されているファイルの場所が変更または削除されています。

「幾つかのオブジェクトで指定されているファイルの場所が変更または削除されています」
という警告が出て、素材として使用していた画像が表示されなくなったり、音声が出なくなることがあります。

これは編集プロジェクトを保存したあとに、素材として使っているファイルを、

  • 削除する
  • 保存場所を変更する
  • ファイル名を変更する

などをしていることが原因です。

変更を加えたファイルを元に戻せば、素材が表示されるようになります。
ですが、けっこう手間のかかる作業なので、動画が完成するまでは素材ファイルの変更は控えたほうがいいでしょう。

「AviUtlで動画編集を開始・中断・再開させる方法」はこれで以上です。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました