【AviUtl】動画編集を開始・中断・再開する方法

AviUtl 動画編集を開始・中断・再開する方法

無料で使えて多機能な動画編集ソフト「AviUtl」

動画編集を開始・中断・再開する方法を解説します。

\ 動画で見たい方はこちら /
スポンサーリンク

編集を開始(プロジェクトの作成)

プロジェクトの設定

解像度やフレームレートを、読み込むファイルと同じにしたい場合は、この設定は不要です。

読み込むファイルに合わせる

AviUtl 編集を開始 プロジェクトの設定

タイムライン上で右クリック「新規プロジェクトの作成」をクリック。

AviUtl 編集を開始 プロジェクトの設定
  1. 解像度(動画の幅と高さのサイズ)
    参考 YouTubeが推奨している解像度
  2. フレームレート(1秒間に使われているコマ数)
  3. 「OK」をクリックするとプロジェクトが作成されます

ファイルを読み込む

プロジェクトを作成したら、編集に使いたい素材をAviUtlに読み込みましょう。

AviUtl 編集を開始 ファイルを読み込む

動画・画像・音声ファイルをタイムラインにドラッグ&ドロップすると、素材が読み込まれます。

関連 ファイルが読み込めないときの対処法

解像度やフレームレートを読み込むファイルに合わせる

解像度やフレームレートを読み込むファイルと同じにしたい場合は、プロジェクトの作成とファイルの読み込みを同時に行えます。

AviUtl 編集を開始  読み込むファイルに合わせる

プロジェクトを作成していない状態で、編集したい動画ファイルをタイムラインにドラッグ&ドロップ。

AviUtl 編集を開始  読み込むファイルに合わせる

「読み込むファイルに合わせる」にチェックを入れて「OK」をクリックすると、プロジェクトが作成されます。

動画編集の流れ
AviUtl 動画編集の流れ

この記事では詳しくは説明しませんが、

  1. タイムラインに素材を読み込む
  2. 設定ダイアログで素材を編集
  3. メインウィンドウで確認

というのが、動画編集のひと通りの流れです。

編集を中断(プロジェクトの保存)

編集を中断したい場合は、プロジェクトを保存しましょう。

AviUtl 編集を中断(プロジェクトを保存)

「ファイル」「編集プロジェクトの保存」をクリック。

AviUtl 編集を中断(プロジェクトを保存)

ファイル名を入力して「保存」をクリックすると、プロジェクトが保存されます。

上書き保存

AviUtl 上書き保存

すでに保存されているプロジェクトの場合、「ファイル」「編集プロジェクトの上書き」をクリックすると、プロジェクトファイルが上書き保存されます。

編集を再開(プロジェクトを開く)

保存したプロジェクトを開いて、編集を再開しましょう。

AviUtl 編集を再開(プロジェクトを開く)

「ファイル」「編集プロジェクトを開く」をクリック。

AviUtl 編集を再開(プロジェクトを開く)

プロジェクトファイルを選択して「開く」をクリックすると、動画編集を再開できます。

素材が表示されなくなる原因

AviUtl 幾つかのオブジェクトで指定されているファイルの場所が変更または削除されています

編集に使用していた素材の保存場所やファイル名を変更すると、動画・画像・音声が表示されなくなります。

変更を加えたファイルを元に戻せば、素材が表示されるようになります。

ですが、けっこう手間のかかる作業ですので、動画が完成するまでは素材の保存場所やファイル名の変更は控えましょう。

「AviUtlで動画編集を開始・中断・再開する方法」はこれで以上です。

お読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました