【AviUtl】音声の編集(BGM・効果音)

AviUtl 音声の編集(BGM・効果音)

無料で多機能な動画編集ソフト「AviUtl」

音声の素材を編集する方法を解説します。

\ 動画で見たい方はこちら /

音声を追加する

AviUtl 音声を追加する

プロジェクトを作成して、音声ファイルをタイムラインにドラッグ&ドロップすると、音声オブジェクトが追加されます。

関連 プロジェクトの作成

AviUtl 音声を追加する

音を出したいところに音声オブジェクトを配置しましょう。

関連 タイムラインの見かた

基本的な編集

設定ダイアログで音量などを編集できます。

関連 設定ダイアログの使い方

AviUtl 音声 基本的な編集
  1. 音量 = 音の大きさ
  2. 左右 = 左右の音量バランス
  3. 再生位置 = 再生を開始する秒数
  4. 再生速度 = スピード

再生位置と再生速度は、「動画ファイルと連携」にチェックが入っていると変更できません。

音量フェード

「音量フェード」を使うと、音声をフェードイン・フェードアウトできます。

AviUtl 音量フェード

設定ダイアログ右上の + をクリックして、「音量フェード」をクリック。

AviUtl 音量フェード
  1. イン = 音が徐々に大きくなる
  2. アウト = 音が徐々に小さくなる

ループ再生

音声を繰り返し再生することもできます。

AviUtl 音声 ループ再生

「ループ再生」にチェック。

AviUtl 音声 ループ再生

オブジェクトの右端をドラッグして、再生を終了させたいところまで伸ばします。

動画と音声を切り離す

グループ解除

動画ファイルの場合、デフォルトの設定では動画オブジェクトと音声オブジェクトがグループ化されています。

AviUtl 動画と音声を切り離す グループ解除

オブジェクトを右クリック「グループ解除」をクリックすると、動画オブジェクトと音声オブジェクトを切り離すことができます。

関連 グループ化

動画ファイルと連携を解除

動画ファイルの場合、動画と音声は連携されています。
※動画の再生速度を変更すると、音声の再生速度も変更されます。

AviUtl 動画と音声を切り離す 動画ファイルと連携解除

「動画ファイルと連携」のチェックを外せば、連携を解除できます。

音声オブジェクトが短くなってしまうときの対処法

「動画ファイルと連携」のチェックを外すと、音声オブジェクトが短くなって元に戻らなくなる場合があります。

AviUtl 音声オブジェクトが短くなってしまうときの対処法

同じ動画ファイルを、設定ダイアログにドラッグ&ドロップすると元に戻ります。

部分的に音量を調整する

音声の一部分の音量を変更することもできます。

AviUtl 部分的に音量を調節する

タイムライン上で右クリック「フィルタオブジェクトの追加」「音量の調整」をクリック。

AviUtl 部分的に音量を調節する

追加したフィルタオブジェクトを、音量を調整したいところに配置します。

AviUtl 部分的に音量を調節する

「レベル」の数値を変更して、音量を調整できます。

0 = デフォルト

256 = 2倍の音量

-256 = 無音

音声加工(リバーブ・ディレイ・エコー)

AviUtlで音声加工する方法は、以下の2通りあります。

  • AviUtlのデフォルト機能を使う方法
  • VSTプラグインを使う方法

デフォルト機能での音声加工はあまり性能が良くありませんので、VSTプラグインを使用することをおすすめします。

関連 VSTプラグインで音声加工する方法

※この記事では、デフォルト機能を使って音声加工する方法を解説します。

AviUtl 音声加工(リバーブ・ディレイ・エコー)

設定ダイアログ右上の + をクリックして、「音声ディレイ」をクリック。

AviUtl 音声加工(リバーブ・ディレイ・エコー)

「強さ」「遅延」の数値を設定して、音声を加工できます。

AviUtl 音声加工(リバーブ・ディレイ・エコー)

「音声ディレイ」のフィルタオブジェクトを追加して、音声の一部分を加工することもできます。

「AviUtlで音声を編集する方法」はこれで以上です。

お読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました