【AviUtl】オブジェクトの情報を保存する方法

AviUtl オブジェクトの情報を保存する方法

無料で多機能な動画編集ソフト「AviUtl」

オブジェクトの情報を保存する方法を解説します。

\ 動画で見たい方はこちら /
スポンサーリンク

初期値(オブジェクトを追加したときのデフォルトの設定)

オブジェクトを追加したときの、デフォルトの設定を変更できます。

AviUtl 初期値(オブジェクトを追加したときのデフォルトの設定)

設定ダイアログ上で右クリック「設定の保存」「現在の設定を初期値にする」をクリック。

\ 詳しくはこちら /

エイリアス(オブジェクトの設定を保存)

エイリアスを作成すると、

  • 設定ダイアログの数値
  • 追加しているフィルタ効果
  • オブジェクトの長さ
  • 中間点

などを保存できます。

AviUtl エイリアス(オブジェクトの設定を保存)

オブジェクトを右クリック「エイリアスを作成」をクリック。

AviUtl エイリアス(オブジェクトの設定を保存)

エイリアス名と格納フォルダを入力して、「OK」をクリック。

AviUtl エイリアス(オブジェクトの設定を保存)

タイムライン上で右クリックして、「メディアオブジェクトの追加」にカーソルを合わせるとエイリアスが表示されます。

\ 詳しくはこちら /

オブジェクトファイル(複数のオブジェクトを保存)

タイムライン上にある、全てのオブジェクトを保存・追加できます。

AviUtl オブジェクトファイル(複数のオブジェクトを保存)

タイムライン上で右クリック「ファイル」「オブジェクトファイルのインポート or エクスポート」をクリック。

オブジェクトファイルのエクスポート = 保存

オブジェクトファイルのインポート = 追加

\ 詳しくはこちら /

「オブジェクトの情報を保存する方法」はこれで以上です。

お読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました