【AviUtl】シーン機能の使い方

AviUtl シーン機能の使い方

無料動画編集ソフト「AviUtl」の、シーン機能の使い方を解説します。

\ 動画で見たい方はこちら /
AviUtl シーン機能の使い方

デフォルトのタイムラインは「Root」が選択されています。

AviUtl シーン機能の使い方

「Root」をクリックすると、「Scene」に切り替えることができます。

シーン機能を使うと、「Scene」に作った動画を「Root」に呼び出せるようになります。

シーン機能を使う利点
  • 同じシーンを使い回せる
  • タイムラインがスッキリする
  • 動画の構成を変更しやすくなる

では「AviUtlのシーン機能の使い方」を解説していきます。

よろしくお願いします。

シーンの作成方法

AviUtl シーンの作成方法

タイムラインの「Root」をクリックして、「Scene」を選択します。

AviUtl シーンの作成方法

シーンとして使いたい動画を作ります。

AviUtl シーンの作成方法

動画を作り終えたら「Root」に戻りましょう。

シーンの追加方法

シーン(映像)

「Scene」に作った映像を「Root」に呼び出しましょう。

AviUtl シーンの追加方法(映像)

タイムライン上で右クリック「メディアオブジェクトの追加」「シーン」をクリックします。

AviUtl シーンの追加方法(映像)

設定ダイアログの「シーン選択」をクリックして、使用したい「Scene」を選択します。

「Scene 1」の場合は、オブジェクトの右端をドラッグして長さを伸ばしてください。

AviUtl シーンの追加方法(映像)

再生すると、先ほど「Scene」に作成した映像が流れます。

シーン(音声)

このままでは音は出ないので、音声のシーンも追加しましょう。

AviUtl シーンの追加方法(音声)

タイムライン上で右クリック「メディアオブジェクトの追加」「シーン(音声)」をクリックします。

AviUtl シーンの追加方法(音声)

設定ダイアログの「シーン選択」をクリックして、使用したい「Scene」を選択します。

AviUtl シーンの追加方法(音声)

これで、「Scene」に作成した映像と音声が流れるようになります。

「Scene」を呼び出せるのは、同じ編集プロジェクト内だけです。

別の動画の素材として使いたい場合は、「オブジェクトファイル」を保存することをおすすめします。

関連 オブジェクトファイル(複数のオブジェクトの設定を保存する方法)

アルファチャンネル(シーンの背景を透過する方法)

「Scene 1」にこういう動画を作ってみました。

「Scene 2」にこういう動画を作ってみました。

「Scene 1」と「Scene 2」を重ねて再生させるとこのようになります。

これは「Scene 2」の背景が、「Scene 1」を覆い隠している状態です。

「Scene 2」の背景を透過することで解決できます。

関連 レイヤーの見かた

シーンの背景を透過する手順

AviUtl シーンの背景を透過する方法

背景を透過したい「Scene」を選択します。

AviUtl シーンの背景を透過する方法

シーン名を右クリック「シーンの設定」をクリックします。

AviUtl シーンの背景を透過する方法

「アルファチャンネルあり」にチェックを入れて、「OK」をクリックします。

「Root」に戻って再生してみましょう。

「Scene 2」の背景が透過されて、「Scene 1」の映像も映るようになりました。

シーン機能で透過できるのはAviUtlのデフォルトの背景だけです。黒い背景の動画などは透過できません。

黒い背景の動画を透過したい場合は、以下のいずれかの方法を試してみてください。

AviUtl シーンの背景を透過する方法
  • 合成モードを「スクリーン」に変更する
  • 「ルミナンスキー」のエフェクトを追加する

関連 合成モード

関連 エフェクトの使い方

シーン名を変更する方法

シーン名を変更することもできます。

AviUtl シーン名を変更する方法

シーン名を右クリック「シーンの設定」をクリックします。

AviUtl シーン名を変更する方法

「シーン名」を入力して、「OK」をクリックします。

AviUtl シーン名を変更する方法

このように、シーン名を変更できます。

たくさん「Scene」を使う場合は、シーン名を変更しておくと管理しやすくなると思います。

「AviUtlのシーン機能の使い方」は以上です。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました