【AviUtl】シーン機能の使い方

AviUtl シーン機能の使い方

無料で使えて多機能な動画編集ソフト「AviUtl」

長時間の動画を作るときや、同じ場面を何度も使いたいときなどに便利な、「シーン機能」の使い方を、パソコン初心者の方でも分かるように解説します。

↓動画で見たい方は下のYouTube動画をご覧ください。

スポンサーリンク

シーンの作成・追加

AviUtl シーンの作成・追加

編集プロジェクトを作成した状態で、タイムラインの「Root」をクリック。
こちらからシーンを選択します。

AviUtl シーンの作成・追加
例として、「Scene1」にこういう動画を作ってみました。
AviUtl シーンの作成・追加
「Root」に戻って、タイムライン上で右クリック。
「メディアオブジェクトの追加」「シーン」をクリック。
AviUtl シーンの作成・追加
設定ダイアログの「シーン選択」をクリックして、使用したいシーンを選択します。

AviUtl シーンの作成・追加

シーンを選択すれば、自動的にオブジェクトの長さが変更されます。
もし変更されない場合は、オブジェクトの端をドラッグして長さを伸ばしましょう。

AviUtl シーンの作成・追加
再生させると、先ほど「Scene1」に作成した映像が流れます。

このままでは音が出ないので、音声のシーンも追加しましょう。

AviUtl シーンの作成・追加
タイムライン上で右クリック。
「メディアオブジェクトの追加」「シーン(音声)」をクリック。
AviUtl シーンの作成・追加
設定ダイアログの「シーン選択」をクリックして、使用したいシーンを選択します。

AviUtl シーンの作成・追加

これで「Scene1」に作成した映像と音声が流れるようになります。

ループ再生

AviUtl シーン機能 ループ再生

「ループ再生」にチェックを入れてオブジェクトを伸ばすと、同じシーンを繰り返し再生することができます。

AviUtl シーン機能 ループ再生

音声もループ再生できます。

シーンの設定

AviUtl シーン機能 シーンの設定

こちらを右クリック。

AviUtl シーン機能 シーンの設定

「シーンの設定」をクリック。

AviUtl シーン機能 シーンの設定

こちらからシーンの設定を行えます。

アルファチャンネル(透過)

AviUtl シーン機能 アルファチャンネル(透過)
例として、「Scene2」にこういう動画を作ってみました。

「Root」に戻り、先ほどと同じ要領で「Scene2」のオブジェクトを追加します。

AviUtl シーン機能 アルファチャンネル(透過)
「Scene2」のオブジェクトをこのように配置して再生させると、「Scene1」の映像が映らなくなってしまいます。
これは「Scene2」の背景が、「Scene1」を覆い隠している状態です。
「Scene2」の背景を透過することで解決できます。

背景を透過する方法

AviUtl シーン機能 アルファチャンネル(透過)

「Scene2」からシーンの設定を開いて、「アルファチャンネルあり」にチェックを入れて「OK」をクリック。

「Root」に戻って再生してみましょう。

AviUtl シーン機能 アルファチャンネル(透過)
「Scene2」の背景が透過されて、「Scene1」の映像も映るようになりました。

シーン名を変更

AviUtl シーン機能 シーン名を変更

こちらからシーン名を変更できます。

キーボード入力でシーンを切り替える方法

AviUtl シーン機能 シーン名を変更

↑ここでシーン名の頭文字をキーボードで入力して、シーンを切り替えることができます。

上の画像の場合、Mを押すと「man」のシーンに、Wを押すと「woman」のシーンに、Rを押すと「Root」に切り替わります。

シーンの解像度を変更

AviUtl シーン機能 シーンの解像度を変更

「画像サイズ」からシーンの解像度を変更できます。

「編集プロジェクトと異なるサイズの素材を読み込んだとき」などに使用するといいと思います。

シーン機能を使う利点

1.タイムラインがスッキリする

「誤ってオブジェクトを動かしてしまう」
「目的と違うオブジェクトの数値を変更してしまう」
ということを防げます。

2.目的の場面を見つけやすい

長時間の動画だと目的の場面を見つけるのが大変ですが、シーンを使うことで目的の場面を見つけやすくなります。

3.動画の構成を変更しやすい

Rootだけで編集しているとオブジェクトを動かすのが大変ですが、シーンを使うと動かすオブジェクトの数が減るので、編集の途中で動画の構成を変更しやすくなります。

4.同じシーンを使い回せる

同じ場面を何度も使いたいとき、シーンで編集しておけばオブジェクトの複製がラクです。

シーンを使えるのは、同じ編集プロジェクト内だけです。
別の動画でも同じシーンを使いたい場合は、オブジェクトの設定を保存しましょう。
関連 複数のオブジェクトを保存する方法

「シーン機能の使い方」はこれで以上です。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました