【AviUtl】便利なショートカットキー

AviUtl ショートカットキー

無料動画編集ソフト「AviUtl」の、作業効率が上がるショートカットキーについて解説します。

\ 動画で見たい方はこちら /

「ショートカットキーの設定方法」は下の記事で解説しています。

この記事で紹介しているショートカットキーの一覧です。

絶対に覚えておくべきショートカットキー

項目ショートカットキー
1フレームずつ移動
再生・停止スペース
元に戻すCtrl + Z
オブジェクトを削除Delete
オブジェクトをコピーCtrl + C
オブジェクトを貼り付けCtrl + V
オブジェクトを真下に複製Ctrl + D
オブジェクトを分割S
中間点を追加P

覚えておくと便利なショートカットキー

項目ショートカットキー
キャッシュを破棄F5
現在のフレームを選択開始・終了フレームにする[ ]
すべてのフレームを選択Ctrl + A
最初・最後のフレームに移動Home End
任意フレーム数移動PgUp PgDn
同じレイヤー上の次・前のオブジェクト・中間点に移動. ,
現在のフレームのオブジェクトへ移動Tab
タイムラインの拡大・縮小^ ¥
フレーム領域外の表示V
エフェクト(フィルタ効果)を追加E
22.5度ずつ右回転・左回転* /
10%ずつ拡大・縮小+ 
上下左右に移動8 2 4 6

絶対に覚えておくべきショートカットキー

1フレームずつ移動

AviUtl ショートカットキー 1フレームずつ移動

方向キーの で、1フレームずつ移動できます。

再生・停止

AviUtl ショートカットキー 再生・停止

スペース で、編集中の動画を再生・停止できます。

再生ウィンドウで再生した時にカーソルを連動」の設定を有効にすると、停止した位置にカーソルが移動するようになります。

元に戻す

AviUtl ショートカットキー 元に戻す

Ctrl + Z で、編集作業をひとつ前の状態に戻せます。

デフォルトの状態では、元に戻したのを「やり直す」機能はありません。

Redoプラグイン」を導入すると、やり直せるようになります。

オブジェクトを削除

AviUtl ショートカットキー オブジェクトを削除

Delete で、選択しているオブジェクトを削除できます。

オブジェクトを複製

真横に複製

AviUtl ショートカットキー オブジェクトを真横に複製

Ctrl + CCtrl + V で、オブジェクトを真横に複製できます。

コピー後にタイムライン上をクリックして貼り付けすると、クリックした位置に複製されます。

真下に複製

AviUtl ショートカットキー オブジェクトを真下に複製

Ctrl + D で、オブジェクトを真下に複製できます。

オブジェクトを分割

AviUtl ショートカットキー オブジェクトを分割

S で、フレームの位置でオブジェクトを分割できます。

関連 カット編集のやり方

中間点を追加

AviUtl ショートカットキー 中間点を追加

P で、フレームの位置に中間点を追加できます。

関連 中間点の使い方

中間点をよく使う場合は、左手で押しやすいキーに変更しておくと便利です。
※個人的には「W」がおすすめです。

関連 ショートカットキーの設定方法

覚えておくと便利なショートカットキー

キャッシュを破棄

AviUtlに素材を読み込んだあとに、その素材を(画像編集ソフトなどで)編集した場合、AviUtlにキャッシュが残っているので変更が反映されません。

AviUtl ショートカットキー キャッシュを破棄

F5 を押すと、キャッシュが破棄されて変更が反映されます。

開始・終了フレームを選択

AviUtl ショートカットキー 開始・終了フレームを選択

[ で、現在のフレームが動画の開始フレームになります。

] で、現在のフレームが動画の終了フレームになります。

開始・終了フレームを選択することで、選択範囲のみを出力できます。

関連 完成した動画を動画を出力

すべてのフレームを選択

AviUtl ショートカットキー すべてのフレームを選択

Ctrl + A で、すべてのフレームを選択できます。

最初と最後のフレームに移動

AviUtl ショートカットキー 最初と最後のフレームに移動

Home で、最初のフレームに移動できます。

End で、最後のフレームに移動できます。

任意フレーム数移動

AviUtl ショートカットキー 任意フレーム数移動

PgUp PgDn で、5フレームずつ移動できます。

「任意フレーム数移動」は、4パターン設定できます。

関連 任意フレーム数移動の設定方法

次・前のオブジェクト・中間点に移動

AviUtl ショートカットキー 次・前のオブジェクト・中間点に移動

. で、同じレイヤー上の次のオブジェクト、または中間点に移動できます。

, で、同じレイヤー上の前のオブジェクト、または中間点に移動できます。

最後のフレームまでは移動せず、最初のフレームに戻ります。

現在フレームのオブジェクトへ移動

AviUtl ショートカットキー 現在フレームのオブジェクトへ移動

Tab で、現在フレームのオブジェクトへ移動できます。

タイムラインの拡大・縮小

AviUtl ショートカットキー タイムラインの拡大・縮小

^ で、タイムラインの表示を拡大できます。

¥ で、タイムラインの表示を縮小できます。

タイムライン上で Ctrl を押しながらマウスホイールを回して、拡大・縮小することもできます。

フレーム領域外の表示

AviUtl ショートカットキー フレーム領域外の表示

V で、フレームの外側を表示できます。

AviUtl ショートカットキー フレーム領域外の表示

こちらから、表示する範囲を変更できます。

フレームの外側を表示させることで、フレーム外から素材を動かす動画などを作りやすくなります。

関連 素材を動かす方法・中間点の使い方

エフェクト(フィルタ効果)を追加

AviUtl ショートカットキー エフェクト(フィルタ効果)を追加

E で、選択しているオブジェクトにエフェクトを追加できます。

関連 エフェクトの使い方

回転

* で、22.5度ずつ右回転できます。

/ で、22.5度ずつ左回転できます。

拡大・縮小

+ で、10%ずつ拡大できます。

で、10%ずつ縮小できます。

上下左右に移動

8 2 4 6 で、上下左右に移動できます。

「AviUtlの便利なショートカットキー」は以上です。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました