「たのまな」で Adobe CC と通信講座をお得に購入!(6月30日まで)

【Filmora】クロマキー合成のやり方(グリーンスクリーン)

Filmora クロマキー合成のやり方

動画編集ソフト「Filmora Xフィモーラ10」で、クロマキー合成する方法を解説します。

クロマキー機能を使うと、特定の色を透明にして、他の動画や画像と合成することができます。

Filmora クロマキー合成

クロマキーOFF

Filmora クロマキー合成

クロマキーON

クロマキー合成をするには、グリーンバックなどを使って撮影する必要があります。

では「Filmora Xでクロマキー合成する方法」を解説していきます。

よろしくお願いします。

合成させる素材を配置する

Filmora クロマキー合成させる素材を配置する

背景にしたい素材をビデオトラック1に配置して、その上に合成したい素材を配置します。

Filmora クロマキー合成させる素材を配置する

合成したい素材のクリップをダブルクリックして、編集画面を開きます。

クロマキーを有効にする

Filmora クロマキーを有効にする
  1. 「ビデオ or 画像」を選択します。
  2. 「クロマキー」にチェックを入れます。
Filmora クロマキーを有効にする

デフォルトでは、緑色の部分が透明になります。

透明にする色を変更する

透明にする色を変更することもできます。

Filmora クロマキー 透明にする色を変更する

スポイトアイコンをクリックします。

Filmora クロマキー 透明にする色を変更する

プレビューウィンドウから透明にしたい色をクリックすると、その色が透明になります。

クロマキーを編集する

Filmora クロマキーを編集する

こちらの数値を変更して、どの程度透明にするかを調整できます。

Filmora クロマキーを編集する

「アルファチャンネル」にチェックを入れると、透明にした部分が黒、その他の部分が白く表示されます。

アルファチャンネルをONにした状態で数値を変更すると、被写体の輪郭がどのくらい削られているかを確認しやすくなります。

「Filmora Xでクロマキー合成する方法」はこれで以上です。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました