【SofTalk】設定方法

SofTalk 設定方法

ゆっくりボイスを作れる音声合成ソフト「SofTalkソフトーク

SofTalkの設定方法を解説します。

\ 動画で見たい方はこちら /

設定画面を開く

SofTalk 設定画面を開く

「オプション」「環境設定」をクリックすると設定画面が開きます。

SofTalk 設定画面を開く

タブをクリックして、設定項目を切り替えることができます。

よみがな(単語登録)

よみがなで、単語登録をできます。

SofTalk 設定 よみがな(単語登録)

デフォルトで登録されている単語もあります。例えば「wktk」と入力すると、「わくてか」と読み上げてくれます。

単語の登録方法

SofTalk 設定 よみがな(単語登録)
  1. よみがなを入力
  2. 単語を入力
  3. 「登録」をクリック

上の画像の場合、「youtube」と入力すれば、「ゆーちゅーぶ」と読み上げるように設定されます。

読み上げ

長文に自動で句読点

デフォルトの設定では、長文には自動的に句読点が付けられるようになっています。

SofTalk 設定 長文に自動で句読点

「長文に自動で句読点をつける」のチェックを外せば、入力したとおりに再生されるようになります。

句読点の間隔を変更

SofTalk 設定 句読点の間隔を変更

こちらから、句読点の間隔を変更できます。数値を上げれば間隔が長くなり、数値を下げれば間隔が短くなります。

「リセット」をクリックすれば、デフォルトの数値に戻ります。

表示

フォントの種類とサイズを変更

SofTalk 設定 フォントの種類とサイズを変更

こちらから、SofTalk本体に表示されるフォントの種類とサイズを変更できます。

文章を右端で折り返す

SofTalk 設定 文章を右端で折り返す

デフォルトの設定では、改行しないかぎり1行で表示されます。

SofTalk 設定 文章を右端で折り返す

「文章を右端で折り返す」にチェックを入れます。

SofTalk 設定 文章を右端で折り返す

ウィンドウの右端で文章が折り返されるようになります。

声質(棒読みにする)

SofTalk 設定 声質(棒読みにする)

「抑揚」のチェックを外すと、棒読みになります。

チェックあり

チェックなし

アクセント記号を使って調声する場合は、「抑揚」のチェックを外しておくことを推奨します。

関連 アクセントをつける方法

プリセット(音量・速度・音程・声の設定を登録)

「プリセット」から、「音量・速度・音程・声」の設定を登録できます。

SofTalk 設定 プリセット(音量・速度・音程・声の設定を登録)
  1. プリセット名を入力
  2. 声を選択
  3. 音量・速度・音程を指定
  4. 「登録」をクリック

プリセットを使用する

SofTalk 設定 プリセット(音量・速度・音程・声の設定を登録)

プリセット名をクリックすれば、「音量・速度・音程・声」が設定したものに変更されます。

録音

録音時は読み上げを省略する

デフォルトの設定では、音声を保存するとき自動的に再生されるようになっています。

SofTalk 設定 録音時は読み上げを省略する

「録音時は読み上げを省略する」にチェックを入れると、保存時に再生されなくなります。

録音先を変更

SofTalk 設定 録音先を変更

「…」をクリックして、音声の保存場所を変更できます。

その他(設定ファイルをバックアップしないようにする)

SofTalk 設定 その他(設定ファイルをバックアップしないようにする)

デフォルトの設定では、ソフトを閉じるたびに、そのときの設定のバックアップファイル(SofTalk.ini)が作成されるようになっています。

SofTalk 設定 その他(設定ファイルをバックアップしないようにする)

「設定ファイルをバックアップする」のチェックを外すと、バックアップファイルが作成されなくなります。

「SofTalkの設定方法」はこれで以上です。

お読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました