zipファイルを展開(解凍)する方法

圧縮フォルダを展開させる方法

Windowsの標準機能で「zipファイル」を展開する方法を解説します。

zipファイル

「zipファイル」とは、圧縮されたファイルのことです。

ファイルやフォルダーを圧縮することでサイズを小さくできるため、メールに貼付するときやウェブ上にアップロードするときなどに使用されます。

zipファイル自体はダブルクリックで開くことができますが、中に入っているファイルを開くには、zipファイルを展開(解凍)する必要があります。

展開しなくても開けるものもありますが、正しく動作しない場合がありますので、zipファイルは展開することをおすすめします。

「展開」と「解凍」の違い

「展開」と「解凍」はどちらも同じ意味です。

現在、Windowsでは「展開」という表記になっていますが、それ以前は「解凍」という言い方のほうが一般的でした。

そういった理由で、ネット上では「展開」と「解凍」が混在している状態になっています。

では「zipファイルを展開する方法」を解説していきます。

よろしくお願いします。

zipファイルの展開手順

zipファイルの展開手順

zipファイルを右クリック「すべて展開」をクリックします。

zipファイルの展開手順

「展開」をクリックします。
※「参照」から、展開場所を変更できます。
※「完了時に展開されたファイルを表示する」にチェックを入れると、展開時に別ウィンドウが立ち上がります。

zipファイルの展開手順

zipファイルが展開されました。
※展開後もzipファイルは残ります。

以下の手順で展開することもできます。

zipファイルの展開手順
  1. zipファイルを選択
  2. 「圧縮フォルダーツール」をクリック
  3. すべて展開をクリック

zipファイルの作成方法(圧縮方法)

ファイルやフォルダーを圧縮して、zipファイルを作成することもできます。

zipファイルの作成方法(圧縮方法)

圧縮させたいファイルやフォルダーを右クリック「送る」「圧縮 (zip 形式) フォルダー」をクリックします。
Ctrl + クリックで複数のファイルを選択できます。

zipファイルの作成方法(圧縮方法)

zipファイルが作成されました。
※圧縮後も元のファイル・フォルダーは残ります。

zip以外の圧縮ファイルを展開する方法

zip以外の圧縮ファイル(7z・lzhなど)を展開するには、解凍ソフトを使う必要があります。

解凍ソフトの種類はいろいろありますが、「7-Zipセブンジップ」を導入することをおすすめします。

\ 詳しくはこちら /

「zipファイルを展開する方法」は以上です。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました