VOICEVOXの設定方法

VOICEVOXの設定方法

無料で使えるテキスト読み上げソフトVOICEVOXボイスボックス」の設定方法を解説します。

「VOICEVOXの導入方法」は下の記事で解説しています。

VOICEVOXはデフォルトの設定でも問題なく使えます。ただ自分の作業スタイルに合った設定にしておくことで、より効率よく作業を行えるようになります。

どんな設定ができるのかをザックリと頭に入れておいて、必要なときに設定を変更するといいと思います。

では「VOICEVOXの設定方法」を解説していきます。

よろしくお願いします。

キー割り当て(ショートカットキーを変更)

ショートカットキーを変更したり、無効にしたりできます。

VOICEVOX  設定 キー割り当て(ショートカットキーを変更)

「設定」「キー割り当て」をクリックします。

VOICEVOX  設定 キー割り当て(ショートカットキーを変更)

変更したいショートカットキーをクリックします。

VOICEVOX  設定 キー割り当て(ショートカットキーを変更)

ショートカットキーを入力して、「OK」をクリックすると変更されます。
※「ショートカットキーを未設定する」でキーを無効にできます。

ショートカットキーを初期値に戻す

VOICEVOX  設定 キー割り当て(ショートカットキーを変更)

マウスカーソルを項目に合わせると矢印アイコンが表示されます。クリックすると変更したキーをデフォルトの状態に戻せます。

ツールバーのカスタマイズ

VOICEVOX 設定 ツールバーのカスタマイズ

ツールバーに表示されるボタンの種類や並び順を変更できます。

VOICEVOX 設定 ツールバーのカスタマイズ

「設定」「ツールバーのカスタマイズ」をクリックします。

VOICEVOX 設定 ツールバーのカスタマイズ
  1. ボタンの表示・非表示を切り替えられます。
  2. 選択中のボタンを左右に移動できます。
  3. 選択中のボタンを削除できます。
  4. 変更したツールバーをデフォルトの状態に戻せます。
  5. 「保存」をクリックすると設定が反映されます。

キャラクターの設定

VOICEVOX キャラクターの設定

キャラクターの並び順と、デフォルトのスタイルを変更できます。

キャラクター並び替え

VOICEVOX 設定 キャラクター並び替え

「設定」「キャラクター並び替え・視聴」をクリックします。

VOICEVOX 設定 キャラクター並び替え

キャラクター名を上下にドラッグして、並び順を変更できます。

デフォルトスタイル

VOICEVOX 設定 デフォルトスタイル

「設定」「デフォルトスタイル」をクリックします。

VOICEVOX 設定 デフォルトスタイル

デフォルトにしたいスタイルを選択して、「次へ」をクリックします。

VOICEVOX 設定 デフォルトスタイル

最後のキャラクターまで進めて、「完了」をクリックすると設定が反映されます。

読み方&アクセント辞書

辞書機能を使って、読み方やアクセントを登録できます。

VOICEVOX 設定 読み方&アクセント辞書

「設定」「読み方&アクセント辞書」をクリックします。

単語を追加

VOICEVOX 設定 読み方&アクセント辞書
  1. 「追加」をクリックします。
  2. 単語と読みを入力します。
  3. アクセントを調整します。
    ※語尾のアクセントを考慮するため、「が」が自動で挿入されます。
  4. 「単語優先度」は基本的にはそのままで問題ありません。
    ※読み方が反映されない場合は優先度を上げてください。
  5. 「保存」をクリックします。

上の画像のように登録すると、「Photoshop」と入力して「フォトショップ」と発音されるようになります。

単語を削除・編集

VOICEVOX 設定 読み方&アクセント辞書
  1. 単語を選択します。
  2. 「削除 or 編集」をクリックすると、登録済みの単語を削除・編集できます。

オプション

VOICEVOX 設定 オプション

「設定」「オプション」をクリックします。

エンジンモード(GPUモードに切り替える)

VOICEVOX 設定 エンジンモード(GPUモードに切り替える)

VOICEVOXのGPU版をインストールしても、デフォルトの設定ではCPUモードになっています。GPUモードのほうが快適ですので、切り替えておきましょう。

パラメータの引き継ぎ

デフォルトの設定ではテキスト欄を追加したとき、話速・音高・抑揚などのパラメータを引き継ぐようになっています。

VOICEVOX 設定 パラメータの引き継ぎ

「パラメータの引き継ぎ」をOFFにすると、テキスト欄を追加したときデフォルトの数値に戻るようになります。

デフォルトの数値をプリセットに登録しておいて、「パラメータの引き継ぎ」はONにしておくのが便利かもしれません。
プリセットの使い方

保存(自動保存・字幕ファイル)

書き出し先を固定(自動保存)

デフォルトの設定では音声を書き出すとき、毎回保存場所を指定する必要があります。

VOICEVOX 設定 書き出し先を固定(自動保存)

「書き出し先を固定」をONにして保存先を指定すると、その場所に自動的に保存されるようになります。

txtファイルを書き出し

VOICEVOX 設定 txtファイルを書き出し

「txtファイルを書き出し」をONにすると、音声とは別にテキストファイルも保存されるようになります。

ゆっくりMovieMakerなどと連携して、字幕を表示さたい場合はONにしておきましょう。

実験的機能(テーマ・プリセット・疑問文)

テーマ

VOICEVOX 設定 テーマ

「ダーク」に切り替えると、VOICEVOXのウィンドウが黒くなります。

プリセット機能

VOICEVOX 設定 プリセット機能

「プリセット機能」をONにすると、話速・音高・抑揚などのパラメータを登録できるようになります。
プリセットの使い方

疑問文を自動調整

デフォルトの設定では、疑問文でも発音は変わりません。

VOICEVOX 設定 疑問文を自動調整

「疑問文を自動調整」をONにすると、疑問文っぽい発音になります。

OFF(設定前)

ON(設定後)

「VOICEVOXの設定方法」は以上です。

ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました