VOICEVOXの使い方

VOICEVOXの使い方

無料で使えるテキスト読み上げソフトVOICEVOXボイスボックス」の使い方を解説します。

「VOICEVOXの導入方法」は下の記事で解説しています。

VOICEVOXは普通にテキストを入力するだけで、それなりに自然な発音で読み上げてくれます。そこから話速・音高・抑揚などを調整することで、さまざまな感情を表現できます。

デフォルトではOFFになっている「プリセット機能」や、ショートカットキーを活用することで、効率よく快適に作業を行えるようになります。

では「VOICEVOXの使い方」を解説していきます。

よろしくお願いします。

基本操作

VOICEVOX 使い方 基本操作
  1. テキストを入力します。
  2. 入力したテキストを再生・停止します。
  3. テキスト欄を追加します。
  4. テキスト欄を削除します。
    ※マウスカーソルをテキスト欄に合わせるとゴミ箱アイコンが表示されます。
  5. 1つ前の状態に戻します。
  6. 元に戻したのをやり直します。
ショートカットキー

スペース = 再生・停止*

Shift + Enter = テキスト欄を追加

Shift + Delete = テキスト欄を削除

Ctrl + Z = 元に戻す*

Ctrl + Y = やり直し*

※テキスト欄にフォーカスされているとショートカットキーが効きませんので、テキスト欄の外をクリックするか Esc でフォーカスを外してください。

連続再生

VOICEVOX 使い方 基本操作
  1. 再生を開始したいテキスト欄を選択します。
  2. 「連続再生」をクリックすると、選択したテキスト欄から再生が開始されます。
  3. 「停止」をクリックすると、読み上げが停止されます。
ショートカットキー

Shift + スペース = 連続再生

※テキスト欄にフォーカスされているとショートカットキーが効きませんので、テキスト欄の外をクリックするか Esc でフォーカスを外してください。

テキスト欄の並び替え

キャラクターのアイコンをドラッグして、テキスト欄の順番を並び替えることができます。

声を変更

キャラクター・スタイルを変更

VOICEVOX キャラクターを変更

キャラクターのアイコンをクリックすると、テキストを読み上げてくれるキャラクターを変更できます。

四国めたん

ずんだもん

VOICEVOX キャラクターを変更

キャラクターによっては、スタイル(しゃべり方)を変更できるものもあります。

ノーマル

あまあま

ツンツン

セクシー

ささやき

ヒソヒソ

話速・音高・抑揚・音量・無音

VOICEVOX 話速・音高・抑揚・音量・無音
  1. 話速 = 話すスピード
  2. 音高 = 声の高さ
  3. 抑揚 = 声の起伏
  4. 音量 = 声の大きさ
  5. 開始終了無音 = セリフ開始部分・終了部分の無音区間

スライダー上でマウスホイールを回すと、0.1ずつ数値を調整できます。

Ctrl を押しながらマウスホイールを回すと、0.01ずつ数値を調整できます。

デフォルトの数値

話速:0.80

話速:1.20

音高:-0.08

音高:0.08

抑揚:0.00

抑揚:2.00

アクセント句を結合・分割

VOICEVOXはデフォルトの状態でも、自然な発音になるようにアクセント句を分けてくれます。ただ文章によっては意図しない所でアクセント句が分割、または結合されてしまって、不自然な発音になることもあります。

VOICEVOX アクセント句を結合

結合させたいアクセント句の間をクリックすると、アクセント句が結合されます。

VOICEVOX アクセント句を分割

文字の間をクリックすると、アクセント句が分割されます。

アクセント・イントネーション・長さ

アクセント

VOICEVOX アクセント

「アクセント」から、スライダーを左右にドラッグすることで、アクセント箇所を変更できます。

イントネーション

VOICEVOX イントネーション

「イントネーション」から、文字ごとに音の高さを調整できます。

スライダー上でマウスホイールを回すと、0.1ずつ数値を調整できます。

Ctrl を押しながらマウスホイールを回すと、0.01ずつ数値を調整できます。

Alt を押しながら調整すると、同じアクセント句の数値を同時に変更できます。

ショートカットキー

Ctrl + G = 全体のイントネーションをリセット

R = 選択中のアクセント句のイントネーションをリセット

無声化・有声化

無声化されている所は、スライダーが動かせなくなっています。

VOICEVOX イントネーション 無声化・有声化

文字をクリックすると、有声化されて調整可能になります。(「ッ」など有声化できないものもあります)
有声化されている文字をクリックすると、無声化されます。(無声化できるのはイ行とウ行だけです)

長さ

VOICEVOX 音の長さ

「長さ」から、文字ごとに音の長さを調整できます。バーを上げると音が長くなり、下げると短くなります。右のバーが母音で、左のバーが子音です。

「イントネーション」と同様にマウスホイールでの調整や、ショートカットキーでのリセットも可能です。

プリセット

VOICEVOX プリセット

プリセットを使用すると「話速・音高・抑揚・音量・無音」が、あらかじめ設定された数値に変更されます。

記事執筆時の最新バージョンでは、プリセット機能はデフォルトではOFFになっています。使用したい場合は、以下の設定を行ってください。

VOICEVOX プリセット

「設定」「オプション」をクリックします。

VOICEVOX プリセット

実験的機能から「プリセット機能」をONにして、「✕」をクリックします。

プリセットを新規登録

VOICEVOX プリセットを新規登録
  1. 数値を設定します。
  2. 「︙」「プリセット新規登録」をクリックします。
VOICEVOX プリセットを新規登録

プリセット名を入力して「確定」をクリックすると、プリセットが登録されます。

プリセットを再登録(変更)

VOICEVOX プリセットを再登録(変更)
  1. 変更したいプリセットを選択します。
  2. 数値を設定します。
  3. 「再登録」をクリックします。
VOICEVOX プリセットを再登録(変更)
  1. テキスト欄に数値の変更を反映させたい = 上を選択(プリセットを再登録し~)
  2. プリセットの変更だけを行いたい = 真ん中を選択(プリセットの再登録のみ~)

プリセット管理(並び替え・削除)

VOICEVOX プリセット管理(並び替え・削除)

「︙」「プリセット管理」をクリックします。

項目をドラッグすると並び替え、ゴミ箱アイコンをクリックすると削除できます。

音声ファイルの書き出し

完成した音声を出力しましょう。出力方法は3パターンあります。

VOICEVOX 音声ファイルの書き出し
  1. 音声書き出し = すべてのテキスト欄を個別のファイルとして一括で書き出し
  2. 一つだけ書き出し = 選択されているテキスト欄のみを書き出し
  3. 音声を繋げて書き出し = すべてのテキスト欄を一つのファイルとして書き出し
ショートカットキー

Ctrl + E = 音声書き出し

E = 一つだけ書き出し

プロジェクトファイルを保存・読み込み

プロジェクトファイルを保存

作業を中断したい場合は、プロジェクトを保存しましょう。

VOICEVOX 作業を中断(プロジェクトファイルの保存)

「ファイル」「プロジェクトを名前を付けて保存」をクリックします。

VOICEVOX 作業を中断(プロジェクトファイルの保存)
  1. ファイルの保存場所を選択します。
  2. ファイル名を入力します。
  3. 「保存」をクリックするとプロジェクトが保存されます。
ショートカットキー

Ctrl + Shift + S = プロジェクトを名前を付けて保存

上書き保存

VOICEVOX 作業を中断(プロジェクトファイルの保存)

すでに保存されているプロジェクトの場合は「プロジェクトを上書き保存」をクリックすると、プロジェクトファイルが上書き保存されます。

ショートカットキー

Ctrl + S = プロジェクトを上書き保存

再開(プロジェクトファイルの読み込み)

保存したプロジェクトを開いて、作業を再開しましょう。

VOICEVOX 作業を再開(プロジェクトファイルの読み込み)

「ファイル」「プロジェクト読み込み」をクリックします。

VOICEVOX 作業を再開(プロジェクトファイルの読み込み)

プロジェクトファイルを選択して「開く」をクリックすると、作業を再開できます。

ショートカットキー

Ctrl + O = プロジェクト読み込み

テキストファイルの読み込み

あらかじめ作っておいた台本(テキストファイル)を、VOICEVOXに読み込むこともできます。

台本の書き方
  • テキストは、「キャラクター名,セリフ」というように記述します。
  • 半角の () でスタイルを指定できます。
  • 改行または半角コンマ(,)で、テキスト欄を分割できます。
VOICEVOX テキストファイルの読み込み

例えば上画像のようなテキストの場合、

VOICEVOX テキストファイルの読み込み

このように読み込まれます。

VOICEVOX テキストファイルの読み込み

「ファイル」「テキスト読み込み」をクリックします。

VOICEVOX テキストファイルの読み込み

テキストファイルを選択して「開く」をクリックすると、テキストが読み込まれます。

「VOICEVOXの使い方」は以上です。

ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました