【AviUtl】枠を作る方法

AviUtl 枠を作る方法

無料で多機能な動画編集ソフト「AviUtl」

「枠」というスクリプトを使って、枠を作る方法を解説します。

ダウンロードサイト

ティムさん風:アマゾンっぽい

「枠」とは

AviUtlのデフォルト機能で枠を作ろうとした場合、

  1. 図形オブジェクトを追加
  2. 図形の種類を「四角形」に変更
  3. 「サイズ・縦横比・ライン幅」で大きさを調整

という手順でできます。

ですが、図形オブジェクトは大きさや位置を調整するのが面倒です。

AviUtl 「枠」とは

「枠」というスクリプトを導入すると、簡単に枠を作れるようになります。

スクリプトの導入方法

ダウンロード

AviUtl 枠 ダウンロード

アマゾンっぽいへ行き、「今すぐ買う(ダウンロード)」をクリックしてダウンロードします。

インストール

AviUtl 枠 インストール

ダウンロードしたフォルダ内の「@ティムさん再現一式.obj」を、scriptフォルダに移動、もしくはコピーします。
※scriptフォルダがない場合は、右クリック→「新規作成」→「フォルダー」から作成してください。

scriptフォルダ内で、さらにフォルダ分けしても構いません。

使い方

「枠」を追加

AviUtl 枠 追加

カスタムオブジェクトを追加します。

AviUtl 枠 追加

設定ダイアログの左下をクリックして、「枠@ティムさん再現一式」を選択すると、枠を作ることができます。

枠のサイズを変更

AviUtl 枠のサイズを変更
  1. 枠幅 = 枠の太さ
  2. 背景透過 = 背景の透明度
    ※数値を100にすると枠のみを表示できます。
  3. 背景幅 = 枠の幅
  4. 背景高 = 枠の高さ

枠の色を変更

AviUtl 枠の色を変更

「設定」をクリック。

AviUtl 枠の色を変更

こちらから、「背景色・枠色」を変更できます。

枠の中心位置を変更

AviUtl 枠の中心位置を変更

「設定」をクリック。

AviUtl 枠の中心位置を変更

こちらから、枠の中心位置を変更できます。

0 = 中心
1 = 左上
2 = 右上
3 = 右下
4 = 左下

「AviUtlで枠を作る方法」はこれで以上です。

お読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました