【Filmora】テキストを追加・編集する方法(タイトル・テロップ・字幕)

Filmora テキストを追加・編集する方法(タイトル・テロップ・字幕)

動画編集ソフト「Filmora Xフィモーラ10」で、テキストを追加・編集する方法を解説します。

\ 動画で見たい方はこちら /

編集をしていると、動画に文字を入れたくなることがあると思います。字幕やテロップを入れるだけで、テレビ番組のようなにぎやかな雰囲気になり、視聴者が理解しやすい動画を作ることができます。

Filmoraはテキストの素材が豊富なので、シンプルな字幕はもちろん、アニメーション付きのオシャレなタイトルなども簡単に作成できます。素材を自分好みにカスタマイズして、保存しておくこともできます。

では「Filmora Xでテキストを追加・編集する方法」を解説していきます。

よろしくお願いします。

テキストを追加する方法

Fimoraに内蔵されているテキスト素材の中から、自分のイメージと近いものを見つけて、タイムラインに追加しましょう。

Filmora テキストを追加する方法
  1. 「タイトル」をクリックします。
  2. カテゴリーを選択します。
  3. 項目を選択します。

項目をダブルクリックすると、プレビューウィンドウで確認できます。

Filmora テキストの並び替え・検索

こちらから、テキスト素材の並び替えや検索を行えます。

Filmora テキストを追加する方法

使いたい素材が決まったら、タイムラインにドラッグ&ドロップします。

お気に入りに追加

よく使う素材は「お気に入りに追加」しておくと便利です。

素材を右クリック「お気に入りに追加」をクリックします。

「お気に入り」に追加されます。

ショートカットキー

Shift + F = お気に入りに追加

テキストの基本編集

追加したテキスト素材を編集していきましょう。

Filmora テキストの基本編集

テキストクリップをダブルクリックすると、メディアライブラリに編集画面が開きます。

Filmora テキストの基本編集

テキストが複数に分かれている場合は、プレビューウィンドウから編集したいテキストを選択してください。
※設定の「テキストレイヤー」から選択することもできます。

プリセット・アニメーション

プリセット

Filmora テキスト プリセット

「プリセット」から、Filmoraに内蔵されているテキストスタイル(境界線やグラデーションなど)を使用できます。

項目をダブルクリック = プリセットを適応

アニメーション

Filmora テキスト アニメーション

「アニメーション」から、テキストに動きを加えることができます。

項目をダブルクリック = アニメーションを適応

「アニメーションなし」をダブルクリック = アニメーションをリセット

フォント(種類・サイズ・縦書き・太字・斜体・文字揃え)

Filmora フォント(種類・サイズ・縦書き・太字・斜体・文字揃え)
  1. テキストを入力
  2. フォントの種類
  3. フォントのサイズ
  4. 縦書き
  5. 太字・斜体
  6. 文字揃え(左・右・中央・両端)
Filmora フォント(種類・サイズ・縦書き・太字・斜体・文字揃え)

テキストを選択した状態で変更すると、その部分だけを変更できます。

設定(色・文字間・行間・位置合わせ)

Filmora テキスト 設定(色・文字間・行間・位置合わせ)
  1. テキストの色
  2. テキスト間隔(文字間)
  3. 行間隔
  4. 位置合わせ
  5. テキストレイヤー
    ※テキストが複数に分かれている場合に、編集するテキストを選択。

変形(回転・拡大縮小・位置)

Filmora テキスト 変形(回転・拡大縮小・位置)
  1. 回転
  2. スケール(拡大・縮小)
  3. ポジション(位置)
Filmora テキスト 変形(回転・拡大縮小・位置)

「変形」の項目は、プレビューウィンドウで変更することもできます。

合成(不透明度)

Filmora テキスト 合成(不透明度)

「合成」から、テキストの不透明度を変更できます。

タイトルグループコントローラー

Filmora タイトルグループコントローラー

「タイトルグループコントローラー」で、テキスト全体の位置・拡大縮小・回転を変更できます。

Filmora タイトルグループコントローラー

ビデオタブの「変形」から変更することもできます。

テキストの高度編集

Filmora テキストの高度編集

「高度編集」をクリックすると、より細かな編集を行えます。

Filmora テキストの高度編集

テキストや図形が複数に分かれている場合は、こちらから編集したいものを選択してください。

基本的な編集

Filmora テキスト 基本的な編集
  1. プリセット
  2. アニメーション
  3. テキストを入力・位置合わせ
  4. フォントの種類・サイズ
  5. 縦書き
  6. 太字・斜体
  7. 文字揃え
  8. 行間・文字間

こちらの項目は、テキストの基本編集と同じです。

テキストの塗りつぶし(ぼかし・グラデーション・画像で塗りつぶし)

ぼかし

Filmora テキストの塗りつぶし(ぼかし・グラデーション・画像で塗りつぶし)

こちらら、テキストをぼかすことができます。

グラデーション

タイプを「グラデーションで塗りつぶし」にすると、テキストにグラデーションをかけることができます。

Filmora テキスト グラデーション
  1. タイプ(グラデーションで塗りつぶしを選択)
  2. 開始色
  3. 終了色
  4. 角度(グラデーションの方向)

画像で塗りつぶし

タイプを「イメージ塗りつぶし」にすると、テキストを画像で塗りつぶすことができます。

Filmora テキスト 画像で塗りつぶし
  1. タイプ(イメージ塗りつぶしを選択)
  2. 画像を変更

テキストの境界線(縁取り)

「テキストの境界線」にチェックを入れると、テキストに縁を付けることができます。

Filmora テキストの境界線(縁取り)
  1. 境界線の色
  2. 境界線の不透明度
  3. ぼかし(境界線をぼかす)
  4. サイズ(境界線の太さ)

テキストシャドー(影)

「テキストシャドー」にチェックを入れると、テキストに影を付けることができます。

Filmora テキストシャドー(影)
  1. タイプ(影の位置)
  2. 影の色
  3. 影の不透明度
  4. ぼかし(影をぼかす)
  5. 影の距離
    ※タイプによっては設定できないものもあります。

図形(テキストの背景)

Filmora 図形(テキストの背景)

背景付きのテキストの場合、図形に関する項目が表示されます。

図形の塗りつぶし(背景の色・不透明度)

Filmora 図形の塗りつぶし(背景の色・不透明度)
  1. タイプ(単色 or グラデーション)
  2. 図形の色
  3. 図形の不透明度

図形の枠線(背景の縁取り)

Filmora 図形の枠線(背景の縁取り)
  1. 枠線の色
  2. 枠線の不透明度
  3. ぼかし(枠線をぼかす)
  4. サイズ(枠線の太さ)

角の丸み

Filmora 図形 角の丸み

黄色い四角を左右にドラッグすると、角の丸みを調整できます。

テキスト・図形(背景付きテキスト)・画像を追加、削除

Filmora テキスト・図形(背景付きテキスト)・画像を追加

こちらから、テキスト・図形(背景付きテキスト)・画像を追加できます。

Filmora テキスト・図形(背景付きテキスト)・画像を削除

素材を選択してゴミ箱アイコンをクリックすると、素材が削除されます。

ショートカットキー

選択して Delete = 削除

アニメーションの長さを変更

Filmora テキスト アニメーションの長さを変更

アニメーション付きのテキストの場合、こちらを左右にドラッグして、アニメーションの長さを変更できます。

レイヤーの位置を変更

Filmora テキスト レイヤーの位置を変更

こちらをドラッグして、レイヤーの位置を変更できます。

下にあるものが奥に表示されて、上にあるものが手前に表示されます。

カスタムとして保存(テキストの設定を保存)

よく使う設定は「カスタムとして保存」しておくと便利です。

Filmora カスタムとして保存(テキストの設定を保存)

「カスタムとして保存」をクリックします。

Filmora カスタムとして保存(テキストの設定を保存)

名前をつけて「OK」をクリックします。

Filmora カスタムとして保存(テキストの設定を保存)

「カスタム」に追加されます。

「Filmora Xでテキストを追加・編集する方法」はこれで以上です。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました