【AviUtl】画像を背景に馴染ませる方法

AviUtl 画像を背景に馴染ませる方法

無料で多機能な動画編集ソフト「AviUtl」

「カメレオン効果」というスクリプトを使って、画像を背景に馴染ませる方法を解説します。

ダウンロードサイト

カメレオン効果:スクリプト置き場

「カメレオン効果」とは

AviUtlのデフォルト機能で画像を背景に馴染ませる場合、

  1. 「色調補正」のフィルタ効果を追加
  2. 設定ダイアログで数値を調整

という手順でできなくもないですが、難しくて面倒です。

AviUtl 「カメレオン効果」とは

「カメレオン効果」というスクリプトを導入すると、簡単に画像を背景に馴染ませることができます。
※右は元画像、左はカメレオン効果適応。

スクリプトの導入方法

ダウンロード

AviUtl カメレオン効果 ダウンロード

スクリプト置き場へ行き、「カメレオン効果」の項目から「DL」をクリックしてダウンロードします。

項目を見つけられない場合は、Ctrl + F でページ内検索してください。

インストール

AviUtl カメレオン効果 インストール

ダウンロードしたフォルダ内の「@カメレオン効果.anm」「T_Familiar_Module.dll」を、scriptフォルダに移動、もしくはコピーします。
※scriptフォルダがない場合は、右クリック→「新規作成」→「フォルダー」から作成してください。

scriptフォルダ内で、さらにフォルダ分けしても構いません。

使い方

AviUtl カメレオン効果 使い方

背景と前景を上下に配置します。

「カメレオン効果」を追加

AviUtl スクリプト アニメーション効果

背景と前景の両方に「アニメーション効果」を追加します。

関連 フィルタ効果の使い方

AviUtl カメレオン効果 追加

背景のアニメーション効果を「カメレオン効果(背景)@カメレオン効果」に変更します。

AviUtl カメレオン効果 追加

前景のアニメーション効果を「カメレオン効果(適応)@カメレオン効果」に変更します。

AviUtl カメレオン効果 追加

このように、画像を背景に馴染ませることができます。

背景の範囲を設定

思うように背景に馴染まない場合は、背景の範囲を設定しましょう。

AviUtl カメレオン効果 背景の範囲を設定

背景のオブジェクトを選択します。

AviUtl カメレオン効果 背景の範囲を設定

「範囲を表示」にチェックを入れます。

AviUtl カメレオン効果 背景の範囲を設定

「中心X・中心Y・幅・高さ」で範囲を調整します。

AviUtl カメレオン効果 背景の範囲を設定

枠内の背景に、前景が馴染みます。

範囲を設定し終えたら、「範囲を表示」のチェックを外しておきましょう。
※そのまま出力すると枠も表示されます。

効果のかかり具合を調整

AviUtl カメレオン効果 果のかかり具合を調整

前景のオブジェクトを選択します。

AviUtl カメレオン効果 果のかかり具合を調整
  1. 適応率 = どのくらい馴染ませるか
  2. 明度補正 = 明るさの度合い
  3. 逆光強度 = 逆光の強さ
  4. 逆光拡散 = 逆光の拡散範囲
AviUtl カメレオン効果 適応率

適応率

AviUtl カメレオン効果 明度補正

明度補正

AviUtl カメレオン効果 逆光強度

逆光強度

AviUtl カメレオン効果 逆光拡散

逆光拡散

「画像を背景に馴染ませる方法」はこれで以上です。

お読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました