【AviUtl】ファイルの追加を簡単にできるプラグイン【オブジェクトエクスプローラ】

「AviUtl Package Managerパッケージマネージャー」という補助ソフトを使うと、AviUtl本体・プラグイン・スクリプトを自動インストールできるようになります。

関連 AviUtl Package Managerの導入方法と使い方

【AviUtl】ファイルの追加を簡単にできるプラグイン【オブジェクトエクスプローラ】

無料動画編集ソフト「AviUtl」で、ファイルの追加を簡単にする方法を解説します。

ダウンロードサイト

オブジェクトエクスプローラ:GitHub

ニコニコ 開発者さんの解説動画

デフォルトでは、AviUtlにファイルを読み込む方法は以下の2つです。

  • オブジェクトを追加→設定ダイアログの「参照ファイル」から読み込む
  • エクスプローラを起動→ファイルの保存場所に移動→タイムラインにドラッグ&ドロップ
AviUtl ファイルの追加を簡単にできるプラグイン

「オブジェクトエクスプローラ」というプラグインを導入すると、簡易エクスプローラを表示させて、ファイルの追加が簡単にできるようになります。

「オブジェクトエクスプローラ」は、AviUtl本体と拡張編集プラグインが以下のバージョンでないと動作しません。

  • AviUtl:1.10
  • 拡張編集:0.92

関連 AviUtlのダウンロード&インストール

AviUtl ファイルの追加を簡単にできるプラグイン

SplitWindowスプリットウィンドウ」というプラグインと合わせて使えば、さらに便利になると思います。

関連 SplitWindowの導入方法と使い方

では「AviUtlでファイルの追加を簡単にする方法」を解説していきます。

よろしくお願いします。

「オブジェクトエクスプローラ」の導入方法

ダウンロード

AviUtl 「オブジェクトエクスプローラ」のダウンロード

GitHubにアクセスして、「ObjectExplorer.3.6.0.zip」をダウンロードします。
※バージョンの更新により数字が異なる場合があります。

インストール

AviUtl 「オブジェクトエクスプローラ」のインストール

ダウンロードしたZIPファイル内の「ObjectExplorerフォルダセカンドエクスプローラフォルダObjectExplorer.aufセカンドエクスプローラ.auf」を、「pluginsフォルダ」にコピーします。

「オブジェクトエクスプローラ」の使い方

AviUtlを起動しましょう。
※起動済みの場合は再起動してください。

AviUtl 「オブジェクトエクスプローラ」の使い方

「表示」「オブジェクトエクスプローラの表示・セカンドエクスプローラの表示」をクリックすると、プラグインのウィンドウが表示されます。

基本的な使い方は通常のエクスプローラとほぼ同じです。

デフォルトではエクスプローラを2つ表示できますが、

  • 編集に使用している素材ファイルを保存しているフォルダ
  • エイリアスを保存しているフォルダ

などを開いておくと便利だと思います。

音声をOFFにする

WavPlayer」を導入すれば「戻る・進む・上へ」などの操作を行ったときに音声で知らせてくれます。

AviUtl オブジェクトエクスプローラの使い方 音声をOFFにする

「WavPlayer」を導入していない場合はエラーが出てしまいますので、必要なければOFFにしておきましょう。

最新版は「WavPlayer」がなくてもエラーは出ません。

AviUtl オブジェクトエクスプローラの使い方 音声をOFFにする

上部のボタンを右クリック「声で知らせる」からON/OFFを切り替えられます。

ナビゲーションを非表示にする

AviUtl オブジェクトエクスプローラの使い方 ナビゲーションを非表示にする

エクスプローラ左側のナビゲーションを非表示にすることもできます。

AviUtl オブジェクトエクスプローラの使い方 ナビゲーションを非表示にする

上部のボタンを右クリック「ツリービューを表示/非表示」から切り替えられます。

お気に入りに追加・削除

お気に入りに追加

お気に入り追加したいフォルダを開きましょう。

AviUtl オブジェクトエクスプローラの使い方 お気に入りに追加

上部のボタンを右クリック「お気に入りに追加」をクリックします。

AviUtl オブジェクトエクスプローラの使い方 お気に入りに追加

こちらに追加されます。

お気に入りから削除

お気に入りから削除したいフォルダを開きましょう。

AviUtl オブジェクトエクスプローラの使い方 お気に入りから削除

上部のボタンを右クリック「お気に入りから削除」をクリックすると削除されます。

Dドライブ・Eドライブがないパソコンをお使いの場合、「D:\・E:\」を削除するにはXMLファイルを書き換える必要があります。
※書き換える前にAviUtlを終了させてください。

AviUtl オブジェクトエクスプローラの使い方 お気に入りから削除

「ObjectExplorerフォルダ・セカンドエクスプローラフォルダ」の中の「ObjectExplorerSettings.xml」をメモ帳などのテキストエディタで開きます。
※メモ帳にドラッグ&ドロップすれば開けます。

AviUtl オブジェクトエクスプローラの使い方 お気に入りから削除

「D:\・E:\」の2行を削除して上書き保存します。

素材の保存場所に移動する

AviUtl オブジェクトエクスプローラの使い方 素材の保存場所に移動する

オブジェクトを選択して「取得」をクリックすると、素材ファイルの保存場所が開きます。

エクスプローラの数を増やす

表示できるエクスプローラの数を増やすこともできます。

AviUtl オブジェクトエクスプローラの使い方 エクスプローラの数を増やす

「ObjectExplorerフォルダ・ObjectExplorer.auf」を複製します。
Ctrl + CCtrl + V で複製できます。

AviUtl オブジェクトエクスプローラの使い方 エクスプローラの数を増やす

名前を「サードエクスプローラ」などに変更します。
※ファイル・フォルダを選択して F2 で名前を変更できます。

AviUtl オブジェクトエクスプローラの使い方 エクスプローラの数を増やす

AviUtlを再起動すると「表示」に追加されています。

「AviUtlでファイルの追加を簡単にする方法」は以上です。

ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました