【AviUtl】動画の解像度を変更する方法

AviUtl 動画をリサイズ(解像度を変更)

無料で多機能な動画編集ソフト「AviUtl」

「リサイズフィルタ」というプラグインを使って、動画の解像度を変更する方法を解説します。

ダウンロードサイト

リサイズフィルタ:Vector

「リサイズフィルタ」とは

例えば、解像度が1280×720の動画を、640×480に変更したい場合、

  1. 「640×480」でプロジェクトを作成
  2. 「リサイズ」のフィルタ効果を追加して調節

という手順で変更きます。

ですが、このやり方だと、枠内にピッタリ合わせるのがけっこう面倒です。

AviUtl リサイズフィルタとは

「リサイズフィルタ」というプラグインを導入すると、簡単に解像度を変更できるようになります。

プラグインの導入方法

ダウンロード

AviUtl リサイズフィルタ ダウンロード

Vextorへ行き、「ダウンロードページへ」をクリック。

AviUtl リサイズフィルタ ダウンロード

「今すぐダウンロード」をクリックして、ダウンロードします。

インストール

AviUtl リサイズフィルタ インストール

ダウンロードしたフォルダ内の「DLLフォルダ」「ResizeFilter.auf」を、Pluginsフォルダに移動、もしくはコピーします。

リサイズフィルタを表示させる

AviUtl リサイズフィルタを表示させる

「設定」「リサイズフィルタの設定」をクリックすると、リサイズフィルタが表示されます。

リサイズフィルタを有効にする

AviUtl リサイズフィルタを有効にする

右上のボックスにチェックを入れると、リサイズフィルタが有効になります。

リサイズフィルタの使い方

サイズを追加

デフォルトでは、512×384にしかリサイズできませんので、サイズを追加しましょう。

AviUtl リサイズフィルタ 追加

「追加」をクリック。

AviUtl リサイズフィルタ 追加

サイズを入力して、「OK」をクリック。

AviUtl リサイズフィルタ 追加

サイズが追加されました。

システムの設定の、「最大画像サイズ」より大きなサイズは追加できません。

関連 最大画像サイズ

サイズを削除

AviUtl リサイズフィルタ 削除

「削除」をクリックすると、選択されているサイズが削除されます。

「動画の解像度を変更する方法」はこれで以上です。

お読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました