【AviUtl】システムの設定

AviUtl システムの設定

無料で多機能な動画編集ソフト「AviUtl」

システムの設定について解説します。

\ 動画で見たい方はこちら /

補足情報なしで手っ取り早く設定したい方は、下の「おすすめの設定」をご覧ください。

スポンサーリンク

設定画面を開く

AviUtl システムの設定画面を開く

「ファイル」「環境設定」「システムの設定」をクリックすると設定画面が開きます。

最大画像サイズ

デフォルトの設定では、1920×1080以上の動画や画像は読み込めません。

AviUtl システムの設定 最大画像サイズ

「最大画像サイズ」の幅と高さの数値を上げれば、大きいサイズの動画や画像も読み込めるようになります。

「OK」をクリックして、AviUtlを再起動させると設定が反映されます。

最大フレーム数

デフォルトの設定では、320000フレーム以上の動画は編集できません。

320000フレームって何時間?

30fps(フレームレート30)の場合 = 約3時間

60fps(フレームレート60)の場合 = 約1時間30分

AviUtl システムの設定 最大フレーム数

「最大フレーム数」の数値を上げれば、長時間の動画も編集できるようになります。

「OK」をクリックして、AviUtlを再起動させると設定が反映されます。

再生ウィンドウの動画再生をメインウィンドウに表示する

AviUtl システムの設定 再生ウィンドウの動画再生をメインウィンドウに表示する

デフォルトの設定では、編集中の動画を再生させたとき、再生専用のウィンドウが開きます。

AviUtl システムの設定 再生ウィンドウの動画再生をメインウィンドウに表示する

「再生ウィンドウの動画再生をメインウィンドウに表示する」にチェックを入れます。

AviUtl システムの設定 再生ウィンドウの動画再生をメインウィンドウに表示する

メインウィンドウで再生できるようになります。

「OK」をクリックして、AviUtlを再起動させると設定が反映されます。

任意フレーム数移動

デフォルトの設定では、PgUp PgDn で、5フレームずつ移動できます。

AviUtl システムの設定 任意フレーム数移動

「任意フレーム数移動」から、移動するフレーム数を変更できます。

関連 任意フレーム数移動

編集ファイルが閉じられる時に確認ダイアログを表示する

デフォルトの設定では、メインウィンドウのバツマークをクリックすると、すぐにソフトが閉じられます。

AviUtl システムの設定 編集ファイルが閉じられる時に確認ダイアログを表示する

「編集ファイルが閉じられる時に確認ダイアログを表示する」にチェックを入れます。

AviUtl システムの設定 編集ファイルが閉じられる時に確認ダイアログを表示する

AviUtlを閉じるときに「現在の編集データは破棄されますがよろしいですか?」という確認が表示されるようになります。

この確認は、ファイルを保存した直後でも表示されます。

関連ウィンドウ同士を移動時にスナップする

デフォルトの設定では、「メインウィンドウ」「タイムライン」「設定ダイアログ」は、個別に動くようになっています。

AviUtl システムの設定 関連ウィンドウ同士を移動時にスナップする

「関連ウィンドウ同士を移動時にスナップする」にチェックを入れます。

AviUtl システムの設定 関連ウィンドウ同士を移動時にスナップする

3つのウィンドウを同時に動かせるようになります。

タイムラインと設定ダイアログは個別に動かせます。

「システムの設定」はこれで以上です。

お読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました