【AviUtl】カラーパレットの種類を増やす方法

AviUtl カラーパレットの色を増やす方法

無料動画編集ソフト「AviUtl」で、カラーパレットの種類を増やす方法を解説します。

\ 動画で見たい方はこちら /
ダウンロードサイト

カラーパレット:アマゾンっぽい

rikkymodule&memory:アマゾンっぽい

AviUtl カラーパレットの種類を増やす方法

パレットの色を右クリック「現在の色をプリセットに保存」をクリックすると、パレットの色を変更できますが、デフォルトの色を失ってしまいますし、32色までしか保存できません。

AviUtl カラーパレットの種類を増やす方法

「カラーパレット」というプラグインを導入すると、パレットの種類を増やすことができ、手軽にパレットの色を変更できるようになります。

では「AviUtlのカラーパレットの種類を増やす方法」を解説していきます。

よろしくお願いします。

ダウンロード&インストール

ダウンロード

カラーパレット

AviUtl カラーパレット ダウンロード

カラーパレットのダウンロードページにアクセスして、「今すぐ買う(ダウンロード)」をクリックしてダウンロードします。

rikkymodule&memory

AviUtl rikkymodule&memory ダウンロード

rikkymodule&memoryのダウンロードページにアクセスして、「今すぐ買う(ダウンロード)」をクリックしてダウンロードします。

テスト版の拡張編集プラグインをお使いの場合は、「rikkymodule(version2)」をダウンロードしてください。

インストール

カラーパレット

AviUtl カラーパレット インストール

「カラーパレット.zip」の中に入っている「color_palette_editフォルダ」を、「AviUtlフォルダ」にコピーします。

AviUtl カラーパレット インストール

「aviutl1.00用」を開きます。
※テスト版の拡張編集プラグインをお使いの場合は「aviutl1.10用」を開いてください。

AviUtl本体のバージョンとは関係ありませんのでご注意ください。

AviUtl カラーパレット インストール

color_palette.auf」を「AviUtlフォルダ」にコピーします。

rikkymodule&memory

AviUtl rikkymodule&memory インストール

「rikkymodule&memory.zip」の中に入っている「rikky_memory.auf」を、「AviUtlフォルダ」にコピーします。
※テスト版の拡張編集プラグインをお使いの場合は「rikky_module.auf」をコピーしてください。

カラーパレットを表示させる方法

AviUtlを起動しましょう。
※起動済みの場合は再起動してください。

AviUtl カラーパレットプラグインを表示させる方法

「表示」「カラーパレットの表示」をクリックすると、カラーパレットとマイパレットが表示されます。

「カラーパレットの表示」がない場合は、正しく導入できていません。

拡張編集プラグインのバージョンなどを確認して、導入し直してください。

カラーパレットの使い方

パレットを反映させる

AviUtl カラーパレットを反映させる

使いたいカラーパレットを選択して「パレット反映」をクリックすると、AviUtlのパレットが変更されます。

パレット名をダブルクリック、もしくはパレットを選択して Enter でも反映できます。

AviUtl デフォルトのカラーパレットに戻す

デフォルトのパレットに戻したい場合は、「DEFAULT」を反映させてください。

カラーパレットを起動時に反映させる

どのパレットを反映させていても、AviUtlを再起動するとデフォルトのパレットに戻ります。

AviUtl カラーパレットを起動時に反映させる

「起動時反映」にチェックを入れると、AviUtlを閉じるときに選択していたパレットが、次の起動時に反映された状態になります。

ドラッグ&ドロップで色を変更

カラーパレットの色を、設定ダイアログにドラッグ&ドロップして色を変更できます。

テキストオブジェクトのように色が2色ある場合は、

  • 普通にドラッグ&ドロップすると、1つ目の色(文字色)が変更されます。
  • Ctrl を押しながらドラッグ&ドロップすると、2つ目の色(影・縁色)が変更されます。

「アニメーション効果・カスタムオブジェクト」の色は、ドラッグ&ドロップしても変更できません。

ドラッグ&ドロップでオブジェクトを追加

AviUtl カラーパレット 図形オブジェクトを追加

カラーパレットの色をタイムラインにドラッグ&ドロップすると、その色の図形オブジェクトを追加できます。

図形の種類

普通にドラッグ&ドロップ = 四角形

C を押しながら = 円形(Circle)

T を押しながら = 三角形(Triangle)

P を押しながら = 五角形(Pentagon)

H を押しながら = 六角形(Hexagon)

S を押しながら = 星型(Star)

B を押しながら = 背景(Background)

Ctrl を押しながらドラッグ&ドロップすると、単色化のメディアオブジェクトを追加できます。

Shift を押しながらドラッグ&ドロップすると、単色化のフィルタオブジェクトを追加できます。

関連 エフェクトの使い方

マイパレットの使い方

マイパレットは、どのパレットデータにも依存しないパレットです。

どのカラーパレットを選択しても、マイパレットは変更されません。

マイパレットもドラッグ&ドロップで色変更したり、オブジェクトを追加したりできます。

カラーパレットとマイパレットの間で、色をやり取りできます。

右下は特別で、変更された色がそこに来るようになっています。

カラーパレットを追加・変更

パレットの種類を追加

新たに、パレットを追加することもできます。

AviUtl カラーパレットの種類を追加

パレットの色を右クリック「現在の色をプリセットに保存」をクリックすると、色が変更されます。

AviUtl カラーパレットの種類を追加

同じ手順でAviUtlのパレットを変更して、「OK」をクリックします。

AviUtl カラーパレットの種類を追加

カラーパレットの「AviUtlパレット取得」をクリックします。

AviUtl カラーパレットの種類を追加

パレット名を入力して、「OK」をクリックします。

AviUtl カラーパレットの種類を追加

このように、パレットを追加できます。

パレットの色・並び順を変更

色を変更する方法

すでに登録されているパレットの色を変更することもできます。

AviUtl カラーパレットの色を変更

カラーパレットの中から、変更したい色をクリックします。

AviUtl カラーパレットの色を変更
  1. RGB(レッド・グリーン・ブルー)
  2. HSV(色相・彩度・明度)
  3. カラーコード

「DEFAULT」の色は変更できません。

並び順を変更する方法

AviUtl カラーパレットの並び順を変更

「パレット入れ替え可」にチェックを入れると、色をドラッグして並び順を変更できるようになります。

間違えて変更しないように、通常時はチェックを外しておいたほうがいいかもしれません。

「DEFAULT」の並び順は変更できません。

カラーパレットを整理(削除・名前の変更・フォルダ分け)

AviUtl カラーパレットを整理(削除・名前の変更・フォルダ分け)

カラーパレットのデータは「color_palette_edit」のフォルダ内に、CPEファイルとして保存されています。

AviUtl カラーパレットを整理(削除・名前の変更・フォルダ分け)

こちらのファイルやフォルダを「削除・名前の変更・フォルダ分け」することで、カラーパレットを整理できます。

AviUtl カラーパレットを整理(削除・名前の変更・フォルダ分け)

「再読込」をクリックすると、変更が反映されます。

「AviUtlのカラーパレットの種類を増やす方法」は以上です。

ありがとうございました。

コメント

  1. ななし より:

    助かる

  2. なーなし より:

    圧倒的感謝っ!!

タイトルとURLをコピーしました