【AviUtl】エイリアスを作成(オブジェクトの設定を保存)

AviUtl エイリアスを作成(オブジェクトの設定を保存)

無料で使えて多機能な動画編集ソフト「AviUtl」

設定ダイアログの数値・エフェクト・中間点などの、オブジェクトの設定を保存(エイリアスを作成)する方法を、パソコン初心者の方でも分かるように解説します。

↓動画で見たい方は下のYouTube動画をご覧ください。

スポンサーリンク

エイリアスの作成方法

例として、テキストオブジェクトのエイリアスを作成してみます。

AviUtl エイリアスの作成方法
テキストの位置やサイズ、文字色やフォントの種類などを設定。
右クリック→「設定の保存」「現在の設定でエイリアスを作成する」をクリック。

AviUtl エイリアスの作成方法

エイリアス名と格納フォルダを入力して、「OK」をクリックするとエイリアスが作成されます。

エフェクト付きのエイリアスを作成するときの注意点

エフェクト(フィルタ効果)を追加した状態で、エイリアスを作成することもできます。

AviUtl エフェクト付きのエイリアスを作成するときの注意点
ただその場合は、設定ダイアログのエフェクト上ではなく、上の方で右クリックしてエイリアスを作成してください。
エフェクト上で右クリックしてエイリアスを作成すると、エフェクトの設定のみが保存されます。

中間点やオブジェクトの長さを保存

中間点やオブジェクトの長さも含めて、エイリアスを作成することもできます。

AviUtl 中間点やオブジェクトの長さを保存

オブジェクトを右クリックして、「エイリアスを作成」をクリック。

AviUtl 中間点やオブジェクトの長さを保存

エイリアス名と格納フォルダを入力して、「OK」をクリックするとエイリアスが作成されます。

エイリアスの使い方

AviUtl エイリアスの使い方
タイムライン上で右クリック。
「メディアオブジェクトの追加」にカーソルを合わせると、先ほど作成したエイリアスが表示されるようになっています。
左側に表示されているのが「格納フォルダ」
右側に表示されているのが「エイリアス名」

AviUtl エイリアスの使い方

エイリアス名をクリックすると、先ほど保存した設定のオブジェクトを追加できます。

毎回、動画の冒頭で注意書きなどを表示させる場合、そのオブジェクトを保存しておけばテキストを入力する手間が省けます。

よく使う画像や効果音などを保存しておくのも便利だと思います。

エフェクトのエイリアスの場合

AviUtl エフェクトのエイリアスを追加
エフェクトのエイリアスを追加する場合は、「メディアオブジェクトの追加」「フィルタ効果の追加」から をクリックして、一番下に移動するとエイリアスが表示されます。

クリックすると、フィルタ効果のオブジェクトが追加されます。

フィルタオブジェクトのエイリアスの場合

AviUtl フィルタオブジェクトのエイリアスを追加
フィルタオブジェクトのエイリアスを追加する場合は、「フィルタオブジェクトの追加」にカーソルを合わせるとエイリアスが表示されます。

エイリアスの上書き保存・削除

AviUtl エイリアスの上書き保存・削除
作成したエイリアスは、AviUtlフォルダ内にEXAファイルとして保存されています。

このファイルは、メモ帳にドラッグ&ドロップして開くことができます。

AviUtl エイリアスの上書き保存・削除

こちらの数値を書き換えて上書き保存すると、エイリアスの設定が変更されます。

AviUtl エイリアスの上書き保存・削除

設定ダイアログから、もう一度「同名のエイリアス名と格納フォルダ」を入力して上書き保存することもできます。

EXAファイルか格納フォルダを削除すれば、エイリアスが削除されます。

「エイリアスを作成する方法」はこれで以上です。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました