【AviUtl】オブジェクトの初期値(デフォルトの設定)を変更する方法

AviUtl オブジェクトの初期値(デフォルトの設定)を変更する方法

無料で使えて多機能な動画編集ソフト「AviUtl」

「いつも決まった位置に字幕を配置する」というときに便利な、オブジェクトの初期値(デフォルトの設定)を変更する方法を、パソコン初心者の方でも分かるように解説します。

↓動画で見たい方は下のYouTube動画をご覧ください。

【AviUtlの使い方】オブジェクトの設定を保存(初期値・エイリアス・エクスポート)

設定の初期化

AviUtl 設定の初期化

設定ダイアログで数値などを変更して、右クリック。
「設定の初期化」をクリックすると、デフォルトの状態に戻すことができます。

このデフォルトの設定(初期値)を変更することもできます。

初期値を変更

例として、テキストオブジェクトの初期値を変更してみます。

AviUtl 初期値を変更
テキストの位置やサイズ、文字色やフォントの種類などを設定。
右クリック→「設定の保存」「現在の設定を初期値にする」をクリック。

AviUtl 初期値を変更

新たにテキストオブジェクトを追加すると、先ほど保存した設定がテキストオブジェクトの初期値になっています。

上の画像では説明のために文字を入力して保存していますが、これではオブジェクトを追加した時点で文字が入力された状態になってしまいます。
テキストオブジェクトの初期値を保存するときは、空欄にしておいたほうが実用的です。
※動画・音声・画像オブジェクトの場合は、ファイルを読み込まずに保存

エフェクト(フィルタ効果)の初期値を変更

エフェクトの初期値も変更できます。

AviUtl エフェクトの初期値を変更

設定の保存方法は先ほどと同じですが、設定ダイアログのエフェクト上で右クリックして保存してください。

AviUtl エフェクトの初期値を変更
エフェクトの初期値を変更すると、
タイムライン上で右クリック→「メディアオブジェクトの追加」「フィルタ効果の追加」
こちらから追加したオブジェクトの数値も変更されます。

初期値の上書き保存・削除

AviUtl 初期値の上書き保存・削除
変更した初期値のデータは、AviUtlフォルダ内にEXCファイルとして保存されています。

このファイルは、メモ帳にドラッグ&ドロップして開くことができます。

AviUtl 初期値の上書き保存・削除

こちらの数値を書き換えて上書き保存すると、初期値の設定が変更されます。

設定ダイアログから、もう一度「現在の設定を初期値にする」をクリックして上書きすることもできます。
EXCファイルを削除すれば、AviUtlのデフォルトの初期値に戻ります。

「オブジェクトの初期値を変更する方法」はこれで以上です。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント